片付けられない女の特徴と片付け上手になる方法♡ 汚部屋を卒業!

1年以上使っていないものは、その後も使わない可能性大!

どうしても、もったいない……! と捨てるのが難しい場合は、メルカリやフリルなどのフリマアプリで販売してみるのもおすすめです♪ ただし、売れなければずっと家に残ってしまうので、「◯日以内に買い手がつかなかったら、諦めて捨てる」と諦めるポイントを作っておくのも重要!

方法2. 収納場所を確保する



必要なものだけを残したら、収納する場所を決めましょう。「服はクローゼットに入るだけしか買わない」「食器は食器棚に収まるだけしか集めない」と自分のルールを決めておくと、物が増えすぎることも散らかることもなくなりますよ!

収納スペースがあきらかに足りない場合は、棚やホワイトボックスなどを買い足してもいいですね♪

方法3. 片付けのゴールを設定する


片付けのゴールが決まっていないと、いつまでたっても終わりがこない状態。終わりがないものって、なかなかやる気もおきませんよね! 

「きれいな部屋にする!」というふわっとしたゴールではなくて、「床の上に何も置かない状態にする」などと具体的なゴールを決めて片付けるといいですよ♪ 小さくてもゴールを設定しておくことで、達成感も感じられます。

方法4. 小さなところから片付ける


今まで片付けられなかった人が、いきなり部屋全体を片付けするとなると大変です。今日はテレビの前のものを片付ける、明日は本棚を整理するなど、小さなところから始めるとストレスなく続けることができますよ!

方法5. 片付けが終わったご褒美を決める



特に一人暮らしの人は片付けをしても褒められることがないので、重い腰が上がらないという場合も。そんなときは「今日中に本棚を全部整理整頓できたら、明日は気になっていたお店のランチを食べる」などちょっとしたご褒美を設定してみてはいかがでしょうか♡

方法6. タイマーで時間を決めて片付けをする


長い時間片付けをしようと思うと、集中力が続かず嫌になってしまいます。まずは1日5分、10分など短い時間でいいので、まずは“片付けをする”ということを習慣付けましょう! スマホでもタイマーがあるので、アラームをセットして片付けると、集中して片付けられますよ。

場所別! 片付け方のコツ


片付け上手になる方法がわかったところで、場所別に片付け方のコツをご紹介します! すぐに取り入れられることばかりなので、ぜひ実践してみてくださいね♡

1. リビング



リビングはお客様が1番にする場所。一方で、使っていたものをついつい出しっぱなしにしていて、片付いていない印象になってしまうことが多い場所でもあります。

片付けのポイントは、ゴミをすぐに捨てられる状態にしておくこと収納スペースを作ること

お菓子を食べたり、何かをメモした紙などなにかとゴミが出やすいリビングは、ゴミ箱を複数設置して、気軽にゴミを捨てられる状態にしておくと掃除をする手間が省けます。

また、ペンや文房具などあちこちにおいてしまいがちなものは、収納スペースを作ることでスッキリとした印象になりますよ!

2. キッチン


調味料などよく使うものをつい出しっぱなしにしてしまうキッチン。毎日使うものは使いやすい場所に収納する、もしくは見えていてもおしゃれなケースにしまうなど工夫してみてくださいね!

よく使う食器や鍋などは、出しやすいところに収納して、あまり使わないものは上の棚や下にいれておくなど、動線を考えた収納もおすすめです!

3. 寝室



本当に必要なものって意外と少なくありませんか? 片付けのコツは、本当に必要のあるものだけを置くこと。寝室以外にも収納できるものは、寝室に持って入らないことを徹底すると、片付ける手間もなくなり掃除もしやすくなりますよ!
1
2
3
4

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡