きゅんが止まらない♡ 山田孝之×長澤まさみが送る本格ラブストーリー『50回目のファーストキス』

山田孝之さん、長澤まさみさんを主演に迎え、記憶が1日で消えてしまう女性と、その女性に一目惚れしてしまったプレイボーイとの恋物語を描いた、映画『50回目のファーストキス』が6月1日より公開中です。

昨夏の映画『銀魂』の大ヒットも記憶に新しい、コメディ作品を多く手掛ける福田雄一監督が、初めて挑んだ本格的ラブストーリーとしても注目の今作。ハワイの美しい自然を背景に、大いに笑って泣ける作品となっています。


ローリエプレス編集部ではそんな物語で素敵な恋人同士を演じた山田孝之さん、長澤まさみさんのお二人にインタビューをさせていただきました! 久しぶりの共演となる二人が、お互いの印象から、“白馬の王子様”を信じる? 信じない? など、楽しいお話を聞かせてくれました♡

セカチューの二人が大人の恋愛で本格共演


(C)2018 『50回目のファーストキス』製作委員会

2004年に映画・ドラマが制作された大ヒットラブストーリー『世界の中心で、愛をさけぶ』で、それぞれ映画版(長澤さん)、ドラマ版(山田さん)の主人公を演じたお二人。高校生の恋愛を切なくも瑞々しく表現したお二人が、10年以上の時を経て、大人の切なくも心温まるラブストーリーを紡ぎます。


長澤「ここ最近は山田さんが出演された作品(『山田孝之のカンヌ映画祭』)のナレーションをさせていただいたり、1話だけ出演させていただいたりというのはあったのですが、しっかり共演というのができていなかったので、ご一緒したいな、と思っていました。11年前にも共演(映画『そのときは彼によろしく』2007年公開)はさせていただいているんですけど、そのときはお互いにシャイだったというのもあって、ほとんどお話できていなかったので、今回“こういう人だったんだ!”って驚くこともあったりして。ただ、お芝居に入る前に集中されている姿とかを見ていると、芝居への取り組み方は何も変わってないんだなって、思ったりもしましたね」

山田「長澤さんとのお芝居はずっとしたいって思っていたんですけど、最近は出る作品の雰囲気が全然違うからかぶらなかったんですよね。“セカチュー(『世界の中心で、愛をさけぶ』)”でお互いに映画、ドラマをやって、ラブストーリーがブームな時代に、一緒にそういう作品をやってきたんですけど、僕がしばらくラブストーリーから離れてしまっていて。実は何年か前から僕もラブストーリーをやりたいなって思って、わりと取材のときとかに発言をして匂わせたりしていたんですけど、今、ラブストーリーを作ってる人たちから僕の名前が出て来ないんでしょうね。顔がパッと浮かんでも、ギャグになるな、みたいな(笑)。なので今回のお話をいただいたときは、長澤さん、福田組、ハワイで撮影、こんなご褒美はないな、と。それはやるだろう、と、即決しました。逆に今、自分がラブストーリーをやったら、昔とは違う感情だったり、表情が出せて、違うものができるんじゃないかなって思っていたので」




――実際に共演を果たしてみて、どうでしたか?

山田「これがですね、めちゃくちゃ緊張しまして(笑)。瑠衣と大輔の出会いのシーンで、始めはわりと距離があるところで撮っていて、そのときは大丈夫だったんですけど、瑠衣の目の前の椅子に座ってしゃべりだすシーンになったらセリフが飛んでしまって。単純に緊張してそうなってしまったんですけど、これはなかなかない経験でしたね(苦笑)」

長澤「あははは(笑)」

福田組で挑む本格ラブストーリー


(C)2018 『50回目のファーストキス』製作委員会

今作は2005年に日本でも公開されたハリウッド映画『50回目のファースト・キス』が原作となっていて、山田さんは「原作はハリウッドの莫大な予算をかけることでできていることもあるから、これを日本の規模にしたときに、スケールダウンしているように見えてしまうとよくないな、と思っていました。日本版の、福田組での面白さ、良さをどうやったら出せるのか、っていうことは、すごく悩んだし、考えましたね」
1
2
3
4

EDITOR

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡

新着記事