夏でもピンク人気健在♡ ピンクコーデが“ほど甘”に仕上がる3つのテク

コーデがなんとなくシンプルめになりがちな夏。そんなときこそ大好きなピンクを取り入れて、コーデを色から盛っていくのが正解♡


でもピンクって、かわいい反面、着こなしが甘くなりすぎてしまうなんてこともしばしば……。そこで今回は、ピンクコーデが“ほどよい甘さ”に仕上がるテクニックを、スタイリング実例と一緒にご紹介します!

テクニック1. ピンクをTシャツで投入する


スウィートなピンクも、定番のシンプルTシャツに落とし込めば後味さっぱり! 糖度を抑えつつ華やかな雰囲気になれるから、彼とのカジュアルデートにもぴったりです♡


“よそいきっぽさ”が出やすいロマ系スカートだって、トップスがTシャツなら親近感UP♪ フェミニンなピンクのおかげで、コーデがチグハグな印象になる心配もありません♡


こんなTシャツがおすすめ!


今っぽさを狙うなら、ゆったりとしたルーズシルエットを選んで♪ 着こなしのアクセントになるロゴ入りタイプも要チェック! 




テクニック2. ブラックと組み合わせてピリッと引き締める


コーデに大人感をプラスしてくれるブラック。ピンクのアイテムと合わせれば、子供見えしないスウィートビターな着こなしに♡ ブラックの分量によってイメージが変わってくるので、全体のバランスを見つつ調節していきましょう!


ピンクの面積が広いときは、ブラックを散りばめるようにトッピング! カロリーダウンできるだけでなく、着こなしに統一感も出てきます♪


こんなブラックアイテムがおすすめ!


ちょっぴりガーリーな柄&ディテールで大人の可愛さを演出♡ 重たく見えないよう、軽やかな素材を選ぶのもポイントです!




テクニック3. スポーティーアイテムでハズす


ブーム継続中のスポーツMIX。ピンクコーデに適用すれば、キュートさはじけるアクティブガールに♡ キャップにスニーカー、リュックなど、アスレジャーなアイテムでスポーティー要素を足し算して♪


これからの季節なら、足元をスポサンにするのも◎。ピンクの女の子らしさとスポサンのメンズ感が絶妙マッチ!


こんなスポーティーアイテムがおすすめ!


デザインにピンクが入っていると、着こなしにまとまりが出ておしゃれ感倍増♡ ボーイッシュになりすぎないから甘派にもぴったりです♪ ベースはホワイトorブラックにして、落ち着いたテンションをしっかりキープ!




私たちが愛してやまない“ピンク”。コーデに使うときは、ちょっとしたテクニックを効かせることが野暮ったくならない秘訣です♪ ぜひ参考にして、この夏は甘すぎない大人のピンクスタイルを楽しんでくださいね!

(真雛美(MASUMI))

この記事を書いたライター

真雛美 (MASUMI)
スタイルプロデューサー/ファッション・美容系ライター 一人ひとりに似合うファッションを楽しく提案する人です。 他にも楽しそうなことはイロイロやる人です。

関連記事

今、あなたにオススメ