井上苑子ちゃんにインタビュー♡ コーデ術やおすすめアクセをチェック!

二十歳のシンガーソングライター、井上苑子ちゃんがミニアルバム『Mine.』を6月6日にリリース。その愛らしいルックスでも注目される中、現在放送中のドラマ『デイジー・ラック』(NHK総合)では女優業も行うなど、多方面で活躍しています。


ローリエプレス編集部では、そんな苑子ちゃんにコーディネートの秘訣や、今ハマっているという私物のお気に入りイヤリングも紹介してもらっちゃいました♡ もちろん最新作『Mine.』についてもたっぷり語ってもらいましたよ♪  “今”の苑子ちゃんがよくわかるとっておきのインタビューをお楽しみください!

普段のコーデはゆるっとしたものが好き♡



オンとオフでは服装のイメージが違うという苑子ちゃん。プライベートでは「基本的にゆるくてダボっとした感じが好きなんです。自分の中でスイッチがあるからか、ステージとは違って、普段は張り切らないものを着ています」とのこと。パーカーにデニムやロングスカートというスタイルが多く、無地のものが多いので、キャップや靴下、イヤリングなどの小物でアクセントをつけるようにしているそう。サイズはオーバーサイズのもの選び、袖が長くて手が見ないくらいのときもあるとか。でもそれを「くしゃくしゃっとまるめるのが好き」と話します。

また古着にもハマっていて、家の近所の古着屋さんには寄って日々ラインナップをチェックしているんだそう。

「古着をリメイクしてるものも好きで、代官山にある“siki”というお店にはよく行きます。海外のものをリメイクしていたり、染め直ししたりしていて、私にはちょっと高いんですけど自分へのご褒美として買っています」


一方、ステージ衣装は普段着とは違い、「歌っていて動いたりするので、揺れる感じのものがいいなって思っていて。動きの出るスカートとか、パンツでもボリュームがあるものとかにします」と、また違った意識を持って選んでいるとのこと。「ふわっとしたチュールはよく使いますね。普段は地味なので(笑)、衣装は華やかにしたいって思います」

存在感のあるハンドメイドのものにハマッてます!



そんな苑子ちゃんが今、ハマッているのがイヤリング。コーデのポイントにもなる「存在感のあるもの」が好きなのだそう。その中でも特にハンドメイドのものがお気に入り。「イヤリングに限らないんですけど、ハンドメイドとか、リメイクされたものが好きなんです。なんか不揃いで、一個一個違うっていうのがいいなって♡」

井上苑子ちゃんにインタビュー♡ コーデ術やおすすめアクセをチェック!の23枚目の画像

こちらが、苑子ちゃんお気に入りの、完全私物イヤリング♡ ハンドメイドの1点ものもや、古着屋さんで見つけた掘り出し物などが多いのですが、おなじショップや作家さんのものは買えるものもあるので、ぜひ参考にしてみてください!



小学校のときの友達が作ってくれたものです。服飾の学校を卒業して、今、スタイリストとかデザイナーを目指して活動をしているんですけど、その中でこういったものを手作りして売っていたりもしているんです。Instagramに載せているので、それをチェックして、「これが欲しいな~」って言うと、作ってくれます(笑)。



実はこれを作ってくれた方の本業は女優さんで。映画『私たちのハァハァ』(15年公開、井上苑子主演)で共演した真山朔さんです。会うときによく「これ似合うと思って」と言って持ってきてくれたりするんですけど、私が「こんなのかわいい」って言うと、それを作ってくれたりもします。いつも「すごい簡単だよ」って言うので、私も一度挑戦したことがあるんですけど、細かい作業はやっぱり苦手でした(苦笑)。



「aoimade」さんのものです。最初、Instagramに上がっているのを見つけて、カワイイ!って思って、ファンになってしまって。それで、ステージも付けられたらって思って、連絡をしました。そしたら会いましょうっていうお話になって、そのときにドライフラワーを使っている方のを、私をイメージして作ったと言って持ってきてくださったんです。これは買ったドライフラワーを使ったらしいんですが、普段は自分でドライフラワーも作っていらっしゃって。ホント、どれも可愛いですよ。ちなみに、もう一つの方は、「aoimade」さんで一番人気のものだそうです。
1
2
3

この記事を書いたライター

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡