デカ目をナチュラルに叶えるメイク法♡ 自然に大きい目元を演出するアイメイク

デカ目は女の子の永遠のテーマ♡ しかし、少しでも大きく見せようと濃くしすぎてしまったり、汚く見えるメイクになっていませんか? 今回はナチュラルさを意識しながら最大限デカ目に見せるアイメイクポイントを紹介します!

デカ目メイクをマスターするとこんなに変わる♡


ちなみに今回ご紹介するメイクテクを実践するだけでこんなに目の大きさは変わるんです!上が何もしていない目で、一番下はすべての工程を終えたときのメイク後の目です。
Before〜完成でこれだけ目の大きさが違って見える!
Before〜完成でこれだけ目の大きさが違って見える!


おさえるポイントはアイシャドウと涙袋とアイライナーとまつ毛!それぞれポイントごとに解説していくので、チェックしてみてくださいね。
自然なのにデカ目に見えるアイメイクレッスン♡
自然なのにデカ目に見えるアイメイクレッスン♡


デカ目メイクのポイント1.アイシャドウ


アイシャドウは彫りが浅い日本人顔にとって深みを出してくれる重要な存在です。グレーなどのスモーキーなカラーを使うと場合によっては濃く見えすぎてしまうので、ブラウンカラーが無難♪ 二重がくっきりしている人は明るい色のみでも主張された目元になりやすいので、今回はコンプレックス別に塗り方をレクチャー!

デカ目をアイシャドウで叶える1. ダブルラインを仕込んでデカ目を意識


二重の線が薄めの人は、バレないくらい薄めにダブルラインを仕込むのがオススメです。
ダブルラインといえばメイクが下手に見えてしまったり、作りすぎて見える恐れがありますが、アイシャドウなら目立ちにくく自然にくっきりと見せることができるので安心♪
二重の線が薄めの人はバレないレベルのダブルラインを仕込む!
二重の線が薄めの人はバレないレベルのダブルラインを仕込む!


私も目が腫れている時などはこっそりしているんです♡ 細いライナーなどを使うとくっきり度はアップしますが、どうしても目を閉じた時にバレやすいので、アイシャドウの方が自然に仕上げることができます。

(上)Before (下)アイシャドウ完成
(上)Before (下)アイシャドウ完成

デカ目をアイシャドウで叶える2. 奥二重さん・一重さんは締め色の広さを調整してデカ目に


奥二重さん・一重さんは濃い締め色を少し広めの範囲に入れましょう。

奥二重さん・一重さんは濃い色を少し広めの範囲に入れる
奥二重さん・一重さんは濃い色を少し広めの範囲に入れる

アイライナーを太く引いてしまうと、二重幅が完全に黒く塗りつぶされてしまったり、パンダ目になってしまう恐れがありますが、アイシャドウなら陰になる部分が広くなるので目幅が大きく見えますよ♪
ただし、境目はしっかりとぼかして馴染ませておくのがナチュラルに見せるポイントです!

(上)Before (下)アイシャドウ完成
(上)Before (下)アイシャドウ完成

デカ目メイクのポイント2.涙袋で縦幅をプラス!


(左)Before (右)自然な涙袋で縦幅が大きく!
(左)Before (右)自然な涙袋で縦幅が大きく!

元から涙袋がない人はメイクで作るとかなり縦幅を大きく見せることができます。
顔立ちによっては涙袋が無い方が似合う人もいるので、そういう方は涙袋を強調しない程度に薄く影だけつけておいてもいいかもしれません♡

自然な涙袋の作り方は過去記事がおすすめ。ナチュラルなのにぷっくり!涙袋をメイクで作る方法を紹介している記事ご紹介中♡

デカ目メイクのポイント3.アイライン


アイラインは太く濃く入れすぎない方が綺麗!
アイラインは太く濃く入れすぎない方が綺麗!

アイラインをしっかり引いて大きな目に見せる人も多いと思いますが、一番メイクが濃く見えやすくウケも悪いので要注意。細く引いてもはっきりとした目元にできるので安心してください♡ 少し太く引きたいときはブラウンカラーにしてみたり、くっきりした線にしたくないときはペンシルを選びましょう。

デカ目になるアイラインの引き方1. アイラインをぼかすとより深みのある目元に♪


アイラインをぼかしてアイシャドウとの境目を目立たせない!
アイラインをぼかしてアイシャドウとの境目を目立たせない!


アイラインを濃い色のアイシャドウでぼかすことによって、より深みを出すことができるのでぜひ普段のメイクにも取り入れてみてください。アイラインの主張が収まる分、よりメイクも綺麗に見えますよ! ただし、ぼかす範囲を広げすぎるとアイシャドウが濃く見えるだけなので、境目のみをなぞるイメージでぼかしてくださいね。

デカ目になるアイラインの引き方2. ラインで二重幅を消したくない!


2.ラインで二重幅を消したくないは目尻のみのラインでもOK
2.ラインで二重幅を消したくないは目尻のみのラインでもOK


奥二重さんや二重幅が狭い人は、アイラインを引くと二重幅が無くなって見えてしまうという場合もありますよね。
そんな人は目のキワはアイラインを引かずに目尻の延長部分だけでもOK! アイラインを引かない分、目を閉じた時に目のキワだけ少し色が白いなんてこともあるので、アイシャドウをキワまで塗ることを心がけましょう。

デカ目になるアイラインの引き方3. まつげの間はしっかりと埋めて!


(赤)正しく埋める場所 (青)粘膜部分には塗らない
(赤)正しく埋める場所 (青)粘膜部分には塗らない


まつげの隙間がしっかり塗ってあると、まつげが元から濃い人のようなはっきりとした目元に見えます。(2)で紹介した目尻だけのラインの引き方の際も、まつげの間だけはしっかり埋めておくと◎。画像の青い線部分は粘膜なのでその部分には塗らないこと。よれやすかったり、目が疲れやすくなります。まつげとまつげの間なので、赤い線部分にちょんちょんと塗りつぶしていけば綺麗に埋めることができます。

デカ目メイクのポイント4.ロングまつげを作ってデカ目仕上げ♡


マスカラの力は偉大!!
マスカラの力は偉大!!


ここまでの行程ももちろん大事ですが、やはりマスカラの力は偉大! しっかりロング&カールのまつげを作ることで一気に目力がアップします。逆に、ここまでの行程をしっかりしていても、まつげを適当にしてしまうとせっかくのデカ目効果も半減してしまうので最後まで手を抜かずに仕上げましょう。
自まつ毛が短いという方は、薄めのつけまつげやまつげエクステに頼ってナチュラルに♪

まつげの上げ方は「徹底解説! 上向き&長~く見える理想のまつ毛をキープするコツ【GIF】」で練習してみてくださいね。

デカ目はナチュラルメイクでも作れるんです♡


下ラインはがっつり引くことで逆に小さく見えるということもあるので「濃くする=大きく見える」訳ではありません。ちょっとしたポイントを押さえるだけで自然に大きく見せることは可能です♡ 

自分に合ったメイクポイントや濃さを習得して、コンプレックスがある人もナチュラルデカ目に仕上げてくださいね。

Before〜完成でこれだけ目の大きさが違って見える!
Before〜完成でこれだけ目の大きさが違って見える!


(空山菜摘)

デカ目効果抜群! 一重さん奥二重さんにおすすめのコスメ♡【編集後記】


一重さん奥二重さんにおすすめしたい、アイメイクコスメを一挙ご紹介! 実はコスメの選び方ひとつで、デカ目メイクの仕上がりを左右するのです♡

デカ目にする一重奥二重さんにおすすめのコスメ1. アイプチ フィットカーラー ひとえ・奥ぶたえ用


一重さんや奥二重さんのまぶたの形状に合わせて作られたこのアイテム。まつげを根元からしっかりカールしてくれる優れものです♡



デカ目にする一重奥二重さんにおすすめのコスメ2. キャンメイク パーフェクトスタイリストアイズ


一重さんや奥二重さんにおすすめしたいカラーは、ズバリ赤茶系のアイシャドウ。プチプライスで購入できるキャンメイクのアイシャドウパレットは、どんな目元も華やかに演出してくれます。



デカ目にする一重奥二重さんにおすすめのコスメ3. アディクション アイライナー ペンシル


ひと塗りで鮮やかに発色し、にじみにくいアディクションのアイライナー ペンシル 。目のキワに引いてもにじまず、目元をくっきりと強調してくれます。



デカ目にする一重奥二重さんにおすすめのコスメ4. オペラ マイラッシュ アドバンスト


一重さんと奥二重さんに特に頑張ってほしいパーツがまつげ! パッと花咲くように広がるまつげは、デカ目効果をアップしてくれます。オペラのマスカラは、ブラシが細く小回りも効くので塗りやすくおすすめです。



もっとデカ目メイクをお勉強したい方は、こちらの記事もチェックしてみてね♡

でか目に仕上がるおすすめ”つけま”♡ 選び方・つけ方レッスン

テクなしでナチュラルに盛れる♡ 新感覚の色付きブラウンまつげ美容液が登場

スクールメイクはナチュラルかわいいがモテる! 垢ぬけメイクをマスター♡

この記事を書いたライター

空山菜摘
ティーン誌での連載やブロガーとして活動の後、コスメコンシェルジュをはじめとする トータルビューティーの資格を多数取得。知識を活かしながら、等身大かつHAPPYになれるような情報発信をしていきます♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡