ナチュラルなのにぱっちりデカ目に見える 秘密のアイメイクレッスン♡

デカ目は女の子の永遠のテーマ♡ しかし、少しでも大きく見せようと濃くしすぎてしまったり、汚く見えるメイクになっていませんか? 今回はナチュラルさを意識しながら最大限デカ目に見せるアイメイクポイントを紹介します!

自然なのにデカ目に見えるアイメイクレッスン♡
自然なのにデカ目に見えるアイメイクレッスン♡

デカ目ポイント1.アイシャドウ


アイシャドウは彫りが浅い日本人顔にとって深みを出してくれる重要な存在です。グレーなどのスモーキーなカラーを使うと場合によっては濃く見えすぎてしまうので、ブラウンカラーが無難♪ 二重がくっきりしている人は明るい色のみでも主張された目元になりやすいので、今回はコンプレックス別に塗り方をレクチャー!

二重の線が薄めの人


二重の線が薄めの人はバレないレベルのダブルラインを仕込む!
二重の線が薄めの人はバレないレベルのダブルラインを仕込む!

二重の線が薄めの人は、バレないくらい薄めにダブルラインを仕込むのがオススメです。
ダブルラインといえばメイクが下手に見えてしまったり、作りすぎて見える恐れがありますが、
アイシャドウなら目立ちにくく自然にくっきりと見せることができるので安心♪私も目が腫れている時などはこっそりしているんです♡ 細いライナーなどを使うとくっきり度はアップしますが、どうしても目を閉じた時にバレやすいので、アイシャドウの方が自然に仕上げることができます。

(上)Before (下)アイシャドウ完成
(上)Before (下)アイシャドウ完成

奥二重さん・一重さん


奥二重さん・一重さんは濃い色を少し広めの範囲に入れる
奥二重さん・一重さんは濃い色を少し広めの範囲に入れる


奥二重さん・一重さんは濃い締め色を少し広めの範囲に入れましょう。
アイライナーを太く引いてしまうと、二重幅が完全に黒く塗りつぶされてしまったり、パンダ目になってしまう恐れがありますが、アイシャドウなら陰になる部分が広くなるので目幅が大きく見えますよ♪
ただし、境目はしっかりとぼかして馴染ませておくのがナチュラルに見せるポイントです!

(上)Before (下)アイシャドウ完成
(上)Before (下)アイシャドウ完成

デカ目ポイント2.涙袋で縦幅をプラス!


(左)Before (右)自然な涙袋で縦幅が大きく!
(左)Before (右)自然な涙袋で縦幅が大きく!

元から涙袋がない人はメイクで作るとかなり縦幅を大きく見せることができます。
顔立ちによっては涙袋が無い方が似合う人もいるので、そういう方は涙袋を強調しない程度に薄く影だけつけておいてもいいかもしれません♡

自然な涙袋の作り方はこの記事でご紹介中♡

デカ目ポイント3.アイライン


アイラインは太く濃く入れすぎない方が綺麗!
アイラインは太く濃く入れすぎない方が綺麗!

アイラインをしっかり引いて大きな目に見せる人も多いと思いますが、一番メイクが濃く見えやすくウケも悪いので要注意。細く引いてもはっきりとした目元にできるので安心してください♡ 少し太く引きたいときはブラウンカラーにしてみたり、くっきりした線にしたくないときはペンシルを選びましょう。

(1)アイラインをぼかすとより深みのある目元に♪


アイラインをぼかしてアイシャドウとの境目を目立たせない!
アイラインをぼかしてアイシャドウとの境目を目立たせない!

アイラインを濃い色のアイシャドウでぼかすことによって、より深みを出すことができるのでぜひ普段のメイクにも取り入れてみてください。アイラインの主張が収まる分、よりメイクも綺麗に見えますよ! ただし、ぼかす範囲を広げすぎるとアイシャドウが濃く見えるだけなので、境目のみをなぞるイメージでぼかしてくださいね。

(2)ラインで二重幅を消したくない!


2.ラインで二重幅を消したくないは目尻のみのラインでもOK
2.ラインで二重幅を消したくないは目尻のみのラインでもOK

奥二重さんや二重幅が狭い人は、アイラインを引くと二重幅が無くなって見えてしまうという場合もありますよね。
そんな人は目のキワはアイラインを引かずに目尻の延長部分だけでもOK! アイラインを引かない分、目を閉じた時に目のキワだけ少し色が白いなんてこともあるので、アイシャドウをキワまで塗ることを心がけましょう。

(3)まつげの間はしっかりと埋めて!


(赤)正しく埋める場所 (青)粘膜部分には塗らない
(赤)正しく埋める場所 (青)粘膜部分には塗らない

まつげの隙間がしっかり塗ってあると、まつげが元から濃い人のようなはっきりとした目元に見えます。(2)で紹介した目尻だけのラインの引き方の際も、まつげの間だけはしっかり埋めておくと◎。画像の青い線部分は粘膜なのでその部分には塗らないこと。よれやすかったり、目が疲れやすくなります。まつげとまつげの間なので、赤い線部分にちょんちょんと塗りつぶしていけば綺麗に埋めることができます。
1
2

EDITOR

空山菜摘
ティーン誌での連載やブロガーとして活動の後、コスメコンシェルジュをはじめとする トータルビューティーの資格を多数取得。知識を活かしながら、等身大かつHAPPYになれるような情報発信をしていきます♡

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきメイク・美容記事5選♡

新着記事