履かなくなったデニムを活用! デニムリメイクトートをDIYしちゃお♡

履かなくなったデニム、クローゼットに眠っていませんか? もう履かないけど、「古着屋さんには買い取ってもらえなさそう……」「汚れや破れが気になる」などなど、捨てるしかないのかな? と思ったら、ちょっと待って! そのデニム、かわいく生まれ変わらせることができます♡


今回は、海外で話題の“デニムリメイクトート”の作り方を丁寧にご紹介♡ 針と糸は必要になりますが、
(1)デニムをカットする
(2)バッグ本体の4カ所を縫う
(3)裏地をつける
(4)持ち手を作る
(5)飾りをつける

と大きく5ステップで、難しいテクニックは必要なし♪ ぜひトライしてみて♡

デニムリメイクトートの作り方♡


用意するもの



・いらなくなったデニムパンツ 1本
・ギンガムチェックの布 約1m×60cm
・レース 約50cm
・太めのギンガムチェックリボン 約2m
・縫い針、刺繍糸
・ものさし
・チャコペンなど印をつけるもの

作り方


(1)デニムをカットします
ウエストの一番上から30cmほどのところに印をつけ、カットします。


切ったらこんな感じ! 切り離した部分も後で使います。


股のつながっている部分もカットします。


カットできたらデニムを裏返し、図のように2つに折りたたみます。端の部分がまっすぐになるようにさらにカットします。


カットしたらこんな感じ! 縦の長さは約25cmになりました。


※手持ちのデニムのサイズに合わせて、長さはお好みで調整してくださいね!

(2)バッグ本体の4カ所を縫います
1
2
3

EDITOR

大石蘭
1990年生まれ。イラストレーター、文筆家として活動中。著書『妄想娘、東大をめざす』(幻冬舎)他

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡

新着記事