映画『空飛ぶタイヤ』ジャニーズの先輩・後輩対談が実現♡ 長瀬智也さん×阿部顕嵐さん

主演に長瀬智也さんを迎え、ドラマ『陸王』(17年、TBS)のヒットも記憶に新しい、池井戸潤さんの小説を実写映画化した『空飛ぶタイヤ』が6月15日より公開となります。長瀬さんを筆頭に、ディーン・フジオカさん、高橋一生さんらの豪華キャスト陣が、それぞれの立場で抱える大事なものを守るために戦う社会派エンターテインメント作品です。

(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

ローリエプレス編集部ではそんな豪華キャストの中から、運送会社社長・赤松徳郎を演じた長瀬さんと、赤松の運送会社で働く整備士で、物語のきっかけとなる事故のキーマンでもある門田駿一を演じた阿部顕嵐さんにインタビュー! 年の差19歳のジャニーズ先輩・後輩対談が実現しました♡ 年下の阿部さんを気づかう長瀬さんと、そんな長瀬さんを慕う阿部さんとの、和やかな雰囲気をお楽しみください。

お互いに俳優同士としてぶつかりあった演技


(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

今回が初共演となる長瀬さんと阿部さん。阿部さんは長瀬さんを「男の中の男っていうイメージ。長瀬くんの前だと僕が女になっちゃうくらい(笑)」と言います。一方の長瀬さんは、おなじ事務所の先輩・後輩という関係ではありますが、今作で役を演じる上では「そういうことを(阿部さんに)感じさせたくない」と思っていたそう。

長瀬「彼がこの作品でいち役者として演じるべきことを僕も見たいと思っていたし、それを出して欲しいって思っていたんです。それに僕ですらプレッシャーを感じるくらいの環境の中で、彼が感じるものを想像したら、それだけでも大変だろうなって思ったし。お芝居以外のことも気にせざるをえない状況で、しかも物語上、大事な役柄でもあって。だから“俺はこういう風にやるから、こういう風にやってよ”とか、そういうことは言わなかったですね。それよりも直接芝居で見せ合うというか。でもそうやって芝居をしたときに、僕がぶつけたものをしっかりと返してくれて。映画って短い期間で深い関係性を見せなくちゃいけないからすごく難しいんですけど、言葉のないお芝居でも僕のボールをバチンと受け止めてくれた。それができただけで僕は嬉しかったし、やった甲斐があったなって思いましたね」

(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

阿部「今回ご一緒するまでは、長瀬くんは無口で怖いっていう印象だったんですけど、実際にご一緒してみると全然違っていて、二人での最初のシーンも、僕がすごく緊張していたら、気さくに話かけてくださって。それもあって、会社の上司と部下という関係がすぐに作れたんじゃないかなって思っています。あとは、物語が進むに連れて、社長がどんどん追い込まれて行くんですけど、そのときの長瀬くんにもそんな雰囲気があって。朝、現場に入って挨拶に行くと……」

長瀬「ホント?(笑)」

阿部「ピリピリしていて話しかけづらいような。でもそれを見ていたから、最後のシーンは、僕も感情を出せたというか。自分が出ていないシーンでも長瀬くんがどんな状態だったかを感じられていたから、素直に気持ちが出せたので、それは嬉しかったですね」

「もうカッコいい男になれるチケットは持っている」


(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

ほぼ20歳差の二人。長瀬さんは今の阿部さんとおなじ二十歳の頃の自分を振り返り、「くそったれですよ」と笑います。

長瀬「二十歳って言ったら、ちょうど『池袋(ウエストゲートパーク)』(00年、TBS)ぐらいのときでしょう。その頃の僕は映画もやったことなかったし、今の阿部くんと比べると、人間としてどうしようもなかったな、と(苦笑)。彼を通じて、時代が変わったという印象も受けましたね」

阿部「(長瀬を見て)こういう40歳になりたいなって思います」

長瀬「もうそう言うしかないよね(笑)。俺だって、そう思ってなくても言うわ」
1
2
3

EDITOR

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡

新着記事