猫役の吉沢亮さんにきゅん♡ 全女子必見の映画『猫は抱くもの』インタビュー

沢尻エリカさんがなりたい自分になれてない女性を、その飼い猫を吉沢亮さんが演じた映画『猫は抱くもの』が6月23日より公開されます。

地方のスーパーで働く沙織(沢尻さん)は、実は元アイドルグループのメンバー。そのことを隠し、周りとも距離を置く彼女が唯一心を許せるのが、スーパーの倉庫でこっそり飼っているロシアンブルーの猫・良男(吉沢亮)。その日あった出来事を、妄想を交えながら話す沙織に、いつしか良男は自分は人間で、沙織の恋人だと思い込んでしまいます。


ローリエプレス編集部では自身初の“猫役”に挑んだ吉沢亮さんにインタビュー。人間が猫を演じるというだけでなく、映画の中に舞台セットが持ち込まれたり、これまでに観たことのない斬新な作品となっている今作について、吉沢さんの想いを語っていただきました。また幼い頃のかわいらしいエピソードもお聞きしちゃいましたよ♡

初の猫役は「全然想像がつかなかった」


(C)2018「猫は抱くもの」製作委員会

(C)2018「猫は抱くもの」製作委員会

今作で吉沢さんが演じたのは猫の良男。擬人化した猫を演じてます。人間の言葉を話しますが、動きや仕草は猫という役柄に、演技派の呼び声高い吉沢さんでもかなりの苦労があったそう。

「(オファーをもった時点では)猫役って言ってもどこまで猫なのか、全然想像がつかなかったです。猫が人間になる、みたいな話だったらまだ想像できるんですけど、今回は猫のままじゃないですか。それを人間の僕が演じるっていう……どこまで猫に寄せるんだろう?って。僕自身、猫を飼ったこともなかったし」

――脚本を読んだ時点ではどう思っていらっしゃったんですか?

「脚本を読んでもわからないことだらけで、まだ想像はつかなかったです。ただお話としてはすごく面白かったですね。ファンタジーなんですけど、その中で描かれるリアリティもあって、かわいいんだけど、残酷でもあるみたいな。人間のカッコ悪いところを丁寧に描いていて、そこがいいなって思いました」



――観る側としては、最初に吉沢さんが画面に現れたときは、ここまで猫なのか! って驚きましたけど、そのあとは逆に吉沢さんの動きがあまりに猫っぽくて、驚きは最初だけで、あとは猫だと思って観れました。

「そう言っていただけると少し安心します(笑)。今回はクランクインをする前に、2、3週間くらい稽古をする時間があったんです。そこで(犬童一心)監督から猫の動きや性質なんかを教えていただきながら、良男を作って行きました。ここはもう少し人間っぽくとか、ここはもっと猫っぽくとか。沙織に対するときと、猫仲間といるときではまた変わったりとか。冒頭で沙織から頭やお腹を撫でられていると、急にパッと飛び退くシーンがあるんですけど、あそこは監督のこだわりで。“猫は撫ですぎると気持ちよくなりすぎて、こういうことがあるんだ”って言われて、猫ってそんな感じなの?って思いながらやってましたね。とにかく監督は猫が大好きで、すごく詳しいので、猫の動きに関してはすべてを委ねました。でもあの稽古期間がなくて、いきなり本番の現場だったら、撮影が終わらなかったと思います。戸惑い過ぎちゃって(苦笑)」

猫の生き方が羨ましい!?




初共演となった主演の沢尻さんとの演技のついて、吉沢さんは沢尻さんだったから、自分が猫として演じられたと感謝の言葉を口にします。

「僕的に飼い主とペットの話を人間同士がやるということで、距離感を気にしたというか。あまりに距離が近いので、それが変にいやらしい感じに見えてしまったらイヤだなって思っていたんです。それに対してはやる前にちょっとビビってしまっていたくらいなんですけど、いざ現場に入ったら、沢尻さんが僕を見る目というか、沙織が良男を見る目が完全にペットを見る目になっていて。僕をペットとして受け入れてくださったので、僕は本当にやりやすい状態でお芝居をすることができました。そこはもう完全に沢尻さんのおかげです」
1
2
3

EDITOR

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡

新着記事