猫役の吉沢亮さんにきゅん♡ 全女子必見の映画『猫は抱くもの』インタビュー

沢尻エリカさんがなりたい自分になれてない女性を、その飼い猫を吉沢亮さんが演じた映画『猫は抱くもの』が6月23日より公開されます。

地方のスーパーで働く沙織(沢尻さん)は、実は元アイドルグループのメンバー。そのことを隠し、周りとも距離を置く彼女が唯一心を許せるのが、スーパーの倉庫でこっそり飼っているロシアンブルーの猫・良男(吉沢亮)。その日あった出来事を、妄想を交えながら話す沙織に、いつしか良男は自分は人間で、沙織の恋人だと思い込んでしまいます。


ローリエプレス編集部では自身初の“猫役”に挑んだ吉沢亮さんにインタビュー。人間が猫を演じるというだけでなく、映画の中に舞台セットが持ち込まれたり、これまでに観たことのない斬新な作品となっている今作について、吉沢さんの想いを語っていただきました。また幼い頃のかわいらしいエピソードもお聞きしちゃいましたよ♡

初の猫役は「全然想像がつかなかった」


(C)2018「猫は抱くもの」製作委員会

(C)2018「猫は抱くもの」製作委員会

今作で吉沢さんが演じたのは猫の良男。擬人化した猫を演じてます。人間の言葉を話しますが、動きや仕草は猫という役柄に、演技派の呼び声高い吉沢さんでもかなりの苦労があったそう。

「(オファーをもった時点では)猫役って言ってもどこまで猫なのか、全然想像がつかなかったです。猫が人間になる、みたいな話だったらまだ想像できるんですけど、今回は猫のままじゃないですか。それを人間の僕が演じるっていう……どこまで猫に寄せるんだろう?って。僕自身、猫を飼ったこともなかったし」

――脚本を読んだ時点ではどう思っていらっしゃったんですか?

「脚本を読んでもわからないことだらけで、まだ想像はつかなかったです。ただお話としてはすごく面白かったですね。ファンタジーなんですけど、その中で描かれるリアリティもあって、かわいいんだけど、残酷でもあるみたいな。人間のカッコ悪いところを丁寧に描いていて、そこがいいなって思いました」



――観る側としては、最初に吉沢さんが画面に現れたときは、ここまで猫なのか! って驚きましたけど、そのあとは逆に吉沢さんの動きがあまりに猫っぽくて、驚きは最初だけで、あとは猫だと思って観れました。

「そう言っていただけると少し安心します(笑)。今回はクランクインをする前に、2、3週間くらい稽古をする時間があったんです。そこで(犬童一心)監督から猫の動きや性質なんかを教えていただきながら、良男を作って行きました。ここはもう少し人間っぽくとか、ここはもっと猫っぽくとか。沙織に対するときと、猫仲間といるときではまた変わったりとか。冒頭で沙織から頭やお腹を撫でられていると、急にパッと飛び退くシーンがあるんですけど、あそこは監督のこだわりで。“猫は撫ですぎると気持ちよくなりすぎて、こういうことがあるんだ”って言われて、猫ってそんな感じなの?って思いながらやってましたね。とにかく監督は猫が大好きで、すごく詳しいので、猫の動きに関してはすべてを委ねました。でもあの稽古期間がなくて、いきなり本番の現場だったら、撮影が終わらなかったと思います。戸惑い過ぎちゃって(苦笑)」

猫の生き方が羨ましい!?




初共演となった主演の沢尻さんとの演技のついて、吉沢さんは沢尻さんだったから、自分が猫として演じられたと感謝の言葉を口にします。

「僕的に飼い主とペットの話を人間同士がやるということで、距離感を気にしたというか。あまりに距離が近いので、それが変にいやらしい感じに見えてしまったらイヤだなって思っていたんです。それに対してはやる前にちょっとビビってしまっていたくらいなんですけど、いざ現場に入ったら、沢尻さんが僕を見る目というか、沙織が良男を見る目が完全にペットを見る目になっていて。僕をペットとして受け入れてくださったので、僕は本当にやりやすい状態でお芝居をすることができました。そこはもう完全に沢尻さんのおかげです」

(C)2018「猫は抱くもの」製作委員会

――今回は猫役なので、共感する部分はありましたか? と聞くのもおかしいのですが、気持ち的に感じる部分はありましたか?

「今回、良男を演じる上で、あまり過去とか未来にとらわれないでいようって、自分なりに考えていたんです。動物的というか。人間は過去にとらわれれてしまったり、未来を考えて不安になったりしますけど、動物はその瞬間、瞬間を生きているじゃないですか。良男は例え嫌なことがあっても、沙織の笑顔をみた途端、自分も楽しくなってしまうとか。感情がその場その場で切り替わるというのを、すごく意識しながらやっていたんですね。それは動物的感覚ではあるんですけど、その生き方はいいな、羨ましいなって思っちゃいました」

斬新な演出方法を楽しむ





人間である役者が猫を演じるというのもそうなのですが、今作では映画の中にまるまる舞台セットを持ち込んだような演出方法もあってとても斬新。観る側も初めての感覚になるのですが、やる側にも新しい感覚があったと言います。

「稽古に入る前に顔合わせがあったんですけど、そのときに監督から今回は舞台上でやります、というお話があって。猫役だけでも想像がつかなかったのに、斬新なことがありすぎて、どんな映画になるのか全く想像がつかなかったです。でも現場に入ってみたら、セットもすごくかわいいし、作り方も面白くて、舞台上って言っても客席側にもセットを建てていたり、見たことがない演出方法とかもあって、楽しくなりました」

――吉沢さんは舞台での演技も重ねていらっしゃいますが、それが活きてくることはありましたか?

「最初は舞台上で演技をするから、セリフの言い方とかもちょっと舞台っぽくした方がいいのかなって思っていたんですけど、撮影が始まったらわりと普通の映画っぽく撮っていたので、特に意識せずにやっていました。ただ場所は舞台なので、声の響き方だったりがスタジオのセットの中で撮るものとは違っていて。それはなんか楽しかったですね」

(C)2018「猫は抱くもの」製作委員会

(C)2018「猫は抱くもの」製作委員会

――ちなみに、歌唱シーンもあったりしましたが、あそこに『ハンサム(HANDSOME FESTIVAL)』(吉沢さんが所属する事務所恒例の若手俳優によるファン感謝祭。俳優が歌や踊りを披露することも特徴のステージ)での経験が役立ったりは?

「あははは(笑)。やっておいて良かったですよね」

――そういうところではミュージカルのような要素もありましたが、違和感なくやれていたんですか?

「でも違和感なんてものを気にし始めたら、この作品は終わりだなって(笑)。展開も不思議ですし、それがこの作品の良さであるので。そこは監督の描く世界観に入って、素直にやっていました」

少年時代の思い込み&夏の思い出




良男は自分を人間だと思い込んでいる猫、ということで、吉沢さんにもそんなあり得ない思い込みをしていたことがあるかと尋ねてみたら、とてもかわいらしい答えが返ってきました♡

「幼稚園とか小学校低学年のときのことですけど、この人生は俺が主役って思ってた(笑)。この世界に見えているものは自分にしか見えていなくて、他の人たちは僕の人生を彩るエキストラって。だって、他の人に魂があるかどうかなんて、わからないじゃないですか。だからそういう感情を持てているのは自分だけってそんな恥ずかしいことを思い込んでましたね(笑)」


さらにそんな子供時代の、忘れられない夏の思い出も教えてもらいました!

「僕の地元にしては広めの公園で、毎年、七夕の頃にお祭りがあって。地域の小さなお祭りなので、出店とかも出ているんですけど、すごく安いんです。僕が子供の頃だと、かき氷が1個50円とか。そこに親から500円くらいのおこずかいをもらって、同級生と一緒に遊びに行くんです。それで夜まで遊んで、最後、8時くらいになると花火も上がるんです。それを見て帰るっていうだけなんですけど、すごく楽しかったですね。今年の夏はドラマ(主演『GIVER 復讐の贈与者』テレビ東京系、『サバイバル・ウェディング』日テレ系、ともに7月期放送)の撮影で、そんな楽しい夏は過ごせそうもないんですけど(苦笑)、観ていただく方には楽しい夏の思い出になってもらえたらと思います」

(C)2018「猫は抱くもの」製作委員会

(C)2018「猫は抱くもの」製作委員会

「とにかくかわいらしい猫たちがいっぱい出てきます。それから、そんな可愛らしい世界観に癒されつつ、現実的な悩みというか、誰もが感じたことがあるようなダサい自分みたいなものを感じる瞬間も描かれていて、そういう意味で刺さるものもあるし、最終的には前向きになれる作品になっていると思います」と吉沢さんがオススメする映画『猫は抱くもの』は、6月23日より全国ロードショーです。不思議な世界観の中で、リアルにかわいらしい猫を演じている吉沢さんに癒されてください♡


読者のみなさまにプレゼント♡


今回ローリエプレスから吉沢亮さんのサイン入りチェキを抽選で1名の方にプレゼント♡

応募方法


1. 下記よりローリエプレスのアプリをDL

ダウンロードはこちら♡


2. レビューを投稿! (Apple StoreもしくはGoogle Playにて)

3. 公式Twitterをフォロー&該当ツイートをRTするだけ♡





上記条件を満たしてくれた方の中からプレゼントします!

※鍵付きアカウントに関しては応募状況の確認ができないため、無効とさせていただきますことを予めご了承ください
※抽選の基準などに関するお問い合わせには一切お答えできかねます
※当選者にはローリエプレス編集部からDMにてご連絡を差し上げます。応募期間終了後もアカウントのフォローをお願いたします
※応募期間:2018年6月22日(金)~2018年7月2日(月)正午まで

みなさまのご応募、お待ちしております♡


作品紹介


『猫は抱くもの』
6月23日より全国ロードショー
出演:沢尻エリカ、吉沢亮、峯田和伸、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、岩松了

ストーリー


スーパーで働くアラサーの沙織(沢尻エリカ)は、元アイドルという過去を隠して、周囲とは距離を取りながらひっそりと生きていた。そんな沙織が唯一心を許せるのが、スーパーの倉庫でこっそり飼っているロシアンブルーの猫・良男(吉沢亮)。沙織はその日あった出来事を、妄想を交えながら良男に話すことで癒されていたが、良男の方は沙織に寄り添ううちに、自分は人間で、沙織の恋人だと思い込んでしまう。そんなある日、沙織の店に“ゴッホ”と呼ばれる売れない画家・後藤保(峯田和伸)が現れ、良男は沙織の変化に気づき始める。
その一方で良男はキイロ(コムアイ)という名の迷い猫に出会い……。沙織と猫・良男は、さまざまな出会いを通じて、自分らしく生きるすべをみつけてゆく。
(瀧本幸恵/カメラマン:大川晋児)

EDITOR

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡