玉城ティナ×小関裕太 ドキドキが止まらない映画『わたしに××しなさい!』インタビュー♡

玉城ティナさんと小関裕太さんがW主演を務める映画『わたしに××しなさい!』が6月23日より公開となります。

玉城さん演じる高校生でケータイ小説家の雪菜と、小関さん演じる雪菜のクラスメイトで、人気者でありながら裏の顔も持つ時雨との“ミッション”という名の際どいシーンが満載! 壁ドンなんて当たり前!? ハグ、首筋への甘噛み、キス!! とドキドキが止まりません!


ローリエプレス編集部では抜群の相性でミッションシーンをよりドキドキさせてくれた玉城ティナさんと小関裕太さんにインタビュー♡ 撮影の裏話や、共演者とのエピソード、お互いのリアルな高校時代の話など、たっぷり聞かせてもらっちゃいました!

小関さんは王子様っぽい、玉城さんは“玉城ティナ~”っていう感じ(笑)


(C)遠山えま/講談社 (C)2018「わたしに××しなさい!」製作委員会


今作が初共演だったお二人。会う前は「笑顔の印象」(玉城さん)、「クールなイメージ」(小関さん)とお互いのことを思っていたそうですが、実際はちょっと違った様子。

玉城「小関さんは面白い人ですね(笑)。会うたびに面白さがあふれてくる」

小関「あははは(笑)。それは進化してると捉えていいですか?」

玉城「そうね。ちょっと天然なのかな? 狙ってないのに面白い」

小関「だって狙ってないもん!」

玉城「ふふふ(笑)。とにかく最初からずっと優しくて、今回演じた時雨という役は二面性があるんですけど、小関さん自身は一切そういう裏みたいなものを感じさせない方です」



――「王子様みたいに優しくて」ともコメントされてましたよね。

玉城「常に周りを見ていて、押し付けない優しさが上手なんです。ちょうど先ほどの写真撮影のときに、私が花壇の淵に昇ろうとしたら、さっと手を差し出してくださってそういうのが自然にできるって王子様っぽくないですか(笑)」

小関「そんな風に言ってもらえてうれしい~。僕はティナちゃんのことを、撮影中は雪菜のまんまだって思っていたんですけど、こうやって取材とかをさせていただいている間にちょっと印象が変わってきました。一緒に居やすいというか、周りに穏やかな空気が流れている人だなって。全くトゲトゲしたところがない。かと言って、丸いって感じでもなくて、もう“玉城ティナ~”っていう感じ(笑)」

玉城「なんですかそれ~(笑)」


(C)遠山えま/講談社 (C)2018「わたしに××しなさい!」製作委員会

(C)遠山えま/講談社 (C)2018「わたしに××しなさい!」製作委員会

――(笑)。そんなお二人ですが、今回演じた雪菜と時雨はかなりキャラ立ちしているというか、特徴のあるキャラクターでしたよね。

玉城「原作が漫画なので、二人だけじゃなくて、出てくるキャラがそれぞれみんな濃いんですけど、雪菜はそんなキャラたちをまとめたり、動かして行くようなタイプだな、という印象がありました。思いついたことはすぐに行動に移すタイプですし。演じる上では、私としてはキャラ立ちしていることが、逆に演じやすかったですね。メガネとか、しゃべり方とかの特徴もあったし、原作という答えもあったので。漫画での特徴的な表情を写真に撮って、それをチェックしながら練習したりもしました。あとは声のトーンや吐息、目線を恋を知る前後で少し変えたり。ミッションをしながら変わって行く雪菜が見えるように意識しました」

小関「時雨は表向きは爽やかで人気者の生徒会長なんだけど、裏ではそんな自分に告白してくれた女の子たちをリストにして楽しんでいるような、腹黒な一面もあるSっ気男子なんです。僕自身にその要素があまりないので、どういう感覚なんだろう?って思いながら、監督とも相談してキャラクターを作って行きました。それから、時雨は女子から人気はあるんだけど、恋愛はあまりしていない人だったりもするので、雪菜とのミッションには自分もドキドキしているのに、それを悟られないようにツンツンして見せたり、そのあたりのさじ加減も考えながらやっていました」

ミッションシーンは気合を入れて撮影




タイトルにもなっているように、雪菜が時雨に“わたしに××しなさい!”と言って出すミッションのシーンは今作の大きな見どころ。最初は恋愛を知らない雪菜が、恋愛小説のネタにするために、時雨に“手をつなぎなさい”“ハグしなさい”などと命令するのですが、それが徐々にエスカレートして行き、ちょっと過激なシーンへと……。

玉城「いろんなことが……」

二人「ありましたね(笑)」

小関「やっぱり視聴覚室のミッションシーンかな?」

玉城「“キスしなさい”。あれは頑張ったよね。ストーリー的にも時雨が初めて見せる嫉妬心みたいなものが出ていて、大事なシーンだったし。とにかくミッションシーンはどれもそうなんですけど、監督がすごくこだわって撮ってくださったんです。アクションみたいに、動く段取りを丁寧に指導してくれました」

小関「そういえば、あのときティナちゃんの腹筋が震えてた(笑)」

玉城「そうなの(笑)。体勢がキツくて」

小関「僕がティナちゃんを片手で支えるんだけど、支えきれなくて」

玉城「頑張っていたのがバレてた(笑)」

小関「でも出来上がったのを観たら、こんな一瞬だったのか~って。あんなに時間をかけたのにって(笑)」

玉城「ねっ! でも印象的なシーンの一つになったので良かったです(笑)」


(C)遠山えま/講談社 (C)2018「わたしに××しなさい!」製作委員会

(C)遠山えま/講談社 (C)2018「わたしに××しなさい!」製作委員会

――現場は同世代の共演者の方も多かったですが、雰囲気はどうでしたか?

玉城「私、人見知りなんです。だから撮影期間はあんまり話したりできなくて。むしろ取材をするようになって仲良くなった感じがしています」

小関「そんな風には思ってなかった。でも、(佐藤)寛太はすごく明るいし、最初から話しやすかったんじゃない?」

玉城「ホントすごいなって思った。根明ってこういうことだなっていう感じ」

小関「僕はちょっとびっくりしちゃったくらい。初日から近いなって(笑)。でもそのあとにお互いに違う作品なんだけど、バスケシーンがある役をやるってわかって、めちゃくちゃ仲良くなった」

玉城「二人は休みの日とかも会ってたよね?」

小関「うん。オフの日に、朝6時から公園に集合してバスケをやって。朝活してました(笑)。そういえば、あとから聞いたんだけど、(金子)大地はバスケがプロフェッショナルに上手いんだって」

玉城「そうなんだ! でもそんな様子は見せなかったよね」

小関:「大地もちょっと……」

玉城「人見知りだよね(笑)」

小関:「でも今回はみんな仲良くなれたから、すごく楽しかったです」


玉城さんのタイプはツンデレ!?




雪菜はツンデレタイプの時雨との恋愛シミュレーションを実行する一方、優しく雪菜をフォローするいとこの晶(佐藤さん)からのアプローチも受けます。そこでこの二人のキャラクターを使って、お二人にも恋愛シミュレーションをしてもらいました。

――玉城さんは時雨、晶のどちらか一人選ぶとしたら、どっちにしますか?

玉城「やっぱり時雨かな」

小関「ツンデレ?」

玉城「雪菜と時雨の間には秘密があって、そういうところで惹かれ合ってたりもしてる。時雨みたいに心にちょっと闇があるような人って、ちょっと支えてあげたくなる」

小関「見えない部分に魅力を感じるんだね」

玉城「晶は優しいけど、優しいだけじゃね、っていう。女心的には」

小関「勉強になります(笑)」



――では、小関さんが自分の好きな人にアプローチするとしたら、時雨と晶、どっちの方法を使いますか?

小関「うーん、どっちなんだろう。でも晶のデレツンかな。好きな人にだったら、やっぱりすてきって思われたいので、優しくすると思います。ただ、ずっと優しいだけじゃ面白くないんだろうなとは思うんですけど。僕の父はすごく穏やかな人で、母にも、僕のきょうだいにも、僕にも、誰にでも優しいんです。でもそんな父にはときどきもう少し自分の意見も言ってよって思うので、そんな感じなのかなって。ただ父の人としての心優しさは、すてきだなって思っています」


さらに、今作は高校生たちの恋愛模様を描いているということで、お二人の実際の高校時代がどんな感じだったのかを、思い出を振り返って教えてもらいました。

玉城「(小関さんは)生徒会長とかしてそうじゃない?」

小関「学級委員長はやってた」

玉城「まとめるのとか上手そう」

小関「ヤッター! なんか学生時代の自分が今、その言葉で報われた感じ(笑)。まとめようとする気持ちはあっても、まとめられてなかった人だから」

玉城「私は自分ではよく覚えていないんですけど、高校時代の友達に会うと、私が物とかとしゃべってたって言うんですよ。沖縄から出てきたばかりで、東京という場所に圧倒されていたのかも知れないんですけど(笑)。ちょっとキャッチーな感じだったみたい」

小関「あははは(笑)。存在がキャッチーっていいね」

玉城「今は全くそんなことないです」



――学校でのポジションはどんな感じだったんですか?

玉城「隅っこの方にいるタイプでした。そこは雪菜とちょっと似ているかも」

小関「だったら、もしおなじ教室にいたら、話しかけたくなっちゃうかも。僕、あんまり話さない人が大好きで(笑)」

玉城「ええ! そういう人、困っちゃう。ドキドキしちゃう。何を話せばいいんだろうって」

小関「この人の心を開いてみたい、って思うんですよね。ただ僕も高校時代はわりと一人の時間が多かったんです。自分の感情とか、思いとか、プライベートとかをすっごい隠してました。めちゃくちゃネガティブだったし」



――今の小関さんからは想像がつかないですけど。

小関「出会う人によってポジティブになって行きました。一人ポジティブな人と出会うと自分がワンポジティブ上がって、ワンポジティブ上がると、ツーポジティブさんと出会えるんですよ」

玉城「その感覚、わかる」

小関「ポジティブな人の周りにはポジティブな人が集まるから、そうやってどんどんグレードアップして行くんです。今はもうメガポジティブです(笑)」

玉城「その輪に入りたい」

小関「もう入ってるよ。作品を一緒にやることによって、影響は受け合っているから」



――では最後に、読者の方にメッセージをお願いできますか?

玉城「漫画のページをめくるようにテンポよく、楽しく観られる新しいジャンルの恋愛映画になっていると思います。あとは、雪菜の人間としての成長にも注目してもらいたいです」

小関「恋愛映画ではあるんですけど、男性目線で観ても面白いところというか、ちょっとツッコミを入れながら観てみるのもいいんじゃないかなって思います。ダブル壁ドンがあるんですけど、やられてるティナちゃんとの距離よりも、僕と大地の距離の方が近いとか(笑)。ローリエの読者さんは女性の方が多いと思うので、お友達同士でもいいのですが、よかったら男性も誘って観てもらえたらと思います」


ちょっと過激なミッションにドキドキしながら、登場人物たちが恋愛を通して人として成長して行く姿も描かれている、映画『わたしに××しなさい!』は、6月23日より全国ロードショーです。玉城さんと小関さんが体を張って挑戦したミッションシーンは、ぜひ劇場の大スクリーンでお楽しみください♡

読者のみなさまにプレゼント♡


今回ローリエプレスから玉城ティナさんと小関裕太さんのサイン入りチェキを抽選で1名の方にプレゼント♡

応募方法


1. 下記よりローリエプレスのアプリをDL

ダウンロードはこちら♡


2. レビューを投稿! (Apple StoreもしくはGoogle Playにて)

3. 公式Twitterをフォロー&該当ツイートをRTするだけ♡




上記条件を満たしてくれた方の中からプレゼントします!

※鍵付きアカウントに関しては応募状況の確認ができないため、無効とさせていただきますことを予めご了承ください
※抽選の基準などに関するお問い合わせには一切お答えできかねます
※当選者にはローリエプレス編集部からDMにてご連絡を差し上げます。応募期間終了後もアカウントのフォローをお願いたします
※応募期間:2018年6月22日(金)~2018年7月2日(月)正午まで

みなさまのご応募、お待ちしております♡

作品紹介


(C)遠山えま/講談社 (C)2018「わたしに××しなさい!」製作委員会

『わたしに××しなさい!』
6月23日より全国ロードショー
出演:玉城ティナ、小関裕太、佐藤寛太、山田杏奈、金子大地ほか

ストーリー


高校生の雪菜(玉城ティナ)は、周囲には隠しているが、実は人気のケータイ小説家。読者からの要望で恋愛を描いた小説を書こうとするが、実際の恋愛をしたことがない雪菜は上手く書くことができずに悩んでいた。そんなとき、雪菜は学校の人気者でいつも笑顔の絶えない時雨(小関裕太)が、実は自分に告白してきた女子を振ってはリスト化して楽しんでいることを知る。雪菜はその事実をネタに、時雨に自分の恋人になるようにと脅迫。“ミッション”として、手をつなぐ、ハグ、首筋への甘噛み、キスと要求し、小説に反映させて行く。だがそこに、雪菜にずっと好意を抱いてきた、雪菜の従兄弟・晶(佐藤寛太)や、時雨の腹違いの弟で、雪菜とはウェブ小説家としてライバル同士の氷雨(金子大地)、時雨に想いを寄せるマミ(山田杏奈)らの想いが交錯。恋愛感情のない関係だった雪菜と時雨の関係にも変化が現れ……。
(瀧本幸恵/カメラマン:石井小太郎)

EDITOR

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡