玉城ティナ×小関裕太 ドキドキが止まらない映画『わたしに××しなさい!』インタビュー♡

玉城ティナさんと小関裕太さんがW主演を務める映画『わたしに××しなさい!』が6月23日より公開となります。

玉城さん演じる高校生でケータイ小説家の雪菜と、小関さん演じる雪菜のクラスメイトで、人気者でありながら裏の顔も持つ時雨との“ミッション”という名の際どいシーンが満載! 壁ドンなんて当たり前!? ハグ、首筋への甘噛み、キス!! とドキドキが止まりません!


ローリエプレス編集部では抜群の相性でミッションシーンをよりドキドキさせてくれた玉城ティナさんと小関裕太さんにインタビュー♡ 撮影の裏話や、共演者とのエピソード、お互いのリアルな高校時代の話など、たっぷり聞かせてもらっちゃいました!

小関さんは王子様っぽい、玉城さんは“玉城ティナ~”っていう感じ(笑)


(C)遠山えま/講談社 (C)2018「わたしに××しなさい!」製作委員会


今作が初共演だったお二人。会う前は「笑顔の印象」(玉城さん)、「クールなイメージ」(小関さん)とお互いのことを思っていたそうですが、実際はちょっと違った様子。

玉城「小関さんは面白い人ですね(笑)。会うたびに面白さがあふれてくる」

小関「あははは(笑)。それは進化してると捉えていいですか?」

玉城「そうね。ちょっと天然なのかな? 狙ってないのに面白い」

小関「だって狙ってないもん!」

玉城「ふふふ(笑)。とにかく最初からずっと優しくて、今回演じた時雨という役は二面性があるんですけど、小関さん自身は一切そういう裏みたいなものを感じさせない方です」



――「王子様みたいに優しくて」ともコメントされてましたよね。

玉城「常に周りを見ていて、押し付けない優しさが上手なんです。ちょうど先ほどの写真撮影のときに、私が花壇の淵に昇ろうとしたら、さっと手を差し出してくださってそういうのが自然にできるって王子様っぽくないですか(笑)」

小関「そんな風に言ってもらえてうれしい~。僕はティナちゃんのことを、撮影中は雪菜のまんまだって思っていたんですけど、こうやって取材とかをさせていただいている間にちょっと印象が変わってきました。一緒に居やすいというか、周りに穏やかな空気が流れている人だなって。全くトゲトゲしたところがない。かと言って、丸いって感じでもなくて、もう“玉城ティナ~”っていう感じ(笑)」

玉城「なんですかそれ~(笑)」


(C)遠山えま/講談社 (C)2018「わたしに××しなさい!」製作委員会

(C)遠山えま/講談社 (C)2018「わたしに××しなさい!」製作委員会

――(笑)。そんなお二人ですが、今回演じた雪菜と時雨はかなりキャラ立ちしているというか、特徴のあるキャラクターでしたよね。

玉城「原作が漫画なので、二人だけじゃなくて、出てくるキャラがそれぞれみんな濃いんですけど、雪菜はそんなキャラたちをまとめたり、動かして行くようなタイプだな、という印象がありました。思いついたことはすぐに行動に移すタイプですし。演じる上では、私としてはキャラ立ちしていることが、逆に演じやすかったですね。メガネとか、しゃべり方とかの特徴もあったし、原作という答えもあったので。漫画での特徴的な表情を写真に撮って、それをチェックしながら練習したりもしました。あとは声のトーンや吐息、目線を恋を知る前後で少し変えたり。ミッションをしながら変わって行く雪菜が見えるように意識しました」

小関「時雨は表向きは爽やかで人気者の生徒会長なんだけど、裏ではそんな自分に告白してくれた女の子たちをリストにして楽しんでいるような、腹黒な一面もあるSっ気男子なんです。僕自身にその要素があまりないので、どういう感覚なんだろう?って思いながら、監督とも相談してキャラクターを作って行きました。それから、時雨は女子から人気はあるんだけど、恋愛はあまりしていない人だったりもするので、雪菜とのミッションには自分もドキドキしているのに、それを悟られないようにツンツンして見せたり、そのあたりのさじ加減も考えながらやっていました」
1
2
3
4

EDITOR

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡

新着記事