セットしました感なし! 朝の10分でできる外ハネボブの巻き方

切りっぱなしのラインがかわいいボブスタイル。垢抜けたイメージがさらっとつくれるしトレンド感もたっぷりのスタイルですよね。

でも意外とセットが難しい! 今回は、こなれ感たっぷりの外ハネボブの作り方をご紹介します。
プロセスは簡単なんだけど、ちょっとしたポイントがあるのでチェックして!

こなれ感たっぷりの外ハネボブの作り方


(1)全体をストレートにします



ストレートアイロンで熱を通していきます。寝癖をとってボリュームを抑えるって意味もあるので、全体にさらっと熱を通します!
ダッカールをつかって髪の毛をとめながら、下→上にストレートをかけていくのがやりやすい!

毛先はすこしハネさせて!



ストレートにしながら、ほんとにちょっとだけ外ハネの毛先をつくります。最後にすこし外に手首を返す、くらいで。
外にハネさせすぎないのがポイントです。これが土台に!

(2)髪の表面を太めのアイロンで面で巻く!



髪の表面をざっくりとって、32ミリくらいの太めのコテで巻いていきます。

強く巻きすぎないように注意してね! ポイントは幅を広くとって、コテを床と水平の角度で巻くようにすること!
髪の毛をねじったりひねったりせず、面で巻く! っていうイメージで。

下の段はさっきの土台を生かすのでノータッチ。下も巻いてしまうとボリュームがですぎて、くりんくりんになりすぎちゃいます。

(3)表面を巻いて空気感をプラス!



最後に表面の髪をすこしとって、コテで全体を軽く巻きます。バランスを見ながら、ざっくり4箇所くらいを拾って外巻きに。

強く巻きすぎると、せっかくつくったラインが崩れてしまうので本当にうすくさらっと! 動きがでて、おしゃれ感がぐっとでます。

(4)スタイリング剤をなじませる!



オイルやツヤのあるワックスを全体になじませます。毛先だけじゃなくて全体にしっかりつけるのがポイント。

ハチの部分(耳の上と頭頂の間のぼこっとしたところ)に重ためのワックスをなじませて、軽く頭を包むようにぎゅっと押すと小顔効果がでつつ、ラインもしっかり現れます!
毛先はとくに乾燥しやすいので、多めにスタイリング剤をなじませるのがおすすめ!

おすすめのスタイリング剤はこれ!


・ナプラ N. ポリッシュオイル
N. ポリッシュオイルは、ベタベタしないし香りもいい! 全体になじませるときも量がそこまでいらないので、コスパもよくて好きです。


・ザ・プロダクト ヘアワックス
もはや定番もプロダクト。吸収がすごいのでセット時という時よりは、ポーチにいれて毛先が乾燥してきたな、と思ったら足すときに使います。ツヤ感が最高!



セットしました感のないゆるっとした外巻きボブの完成! 

ポイントはすべてを巻きすぎないようにして、しっかりボリュームをコントロールすること!
なれちゃえば10分でできちゃうのでぜひ試してみてね!
(安藤瞳/モデル:木野山ゆう/カメラマン:猿田祐樹)

EDITOR

安藤瞳
アーティストやタレントを中心にヘアメイクとして活動中。CM,TV,ブランドルック,MVなど。ヘアメイクと映画、ゾンビ。

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきメイク・美容記事5選♡