姿勢美人になる♡ きれいな背中を作るヨガのポーズ【静加YOGA】


薄着になる夏に向け、背中の筋肉を強化して、姿勢を正しくきれいな背中を作りましょう♡

姿勢を正す“杖のポーズ”


(1)両足を伸ばして、かかとをしっかりと蹴り出して座ります



(2)手をお尻の横につき、その手で体を支えながら背筋をまっすぐに保ちます



(3)その状態をキープして5回呼吸をします
ゆっくりと緩めて、同様に3セット行いましょう。

どんな効果があるの?


杖のポーズは、背中の筋肉の強化や姿勢の改善などの効果があります。
猫背の方は、座骨を立てて背筋を伸ばして座ることが大変だと思うのですが、簡単なポーズも意識ひとつで効果が変わってくると思うので、気がついたときに取り入れてみてください!

インナーマッスルを鍛えるポーズ


パターン1


(1)つま先を立てた状態でうつぶせに寝ます。手は胸の横にセット



(2)息を吸いながら体全体を持ち上げて浮かせていきます。しっかりと脇をしめ、腰を守るためにもお尻もしめましょう


この状態で5回呼吸。息を吐きながら体を床に下します。

(3)今度は肘が90度に曲がる位を目指してゆっくりと体を持ち上げます。つま先は立てた状態で



(4)まだいけそうであれば、そのままゆっくりとつま先を伸ばします


どのポーズも体が一直線になる状態を目指しましょう。5回呼吸を入れたら、息を吐きながら体を下します。

パターン2


(1)板のポーズからのスタート


肩の下に手のひらを置き、足はそろえてまっすぐ伸ばしつま先立ち。
頭からかかとまで一直線になるように。

(2)このポーズから肘が90度になるまでゆっくりと体を下していきます。脇、お尻はしっかりとしめてください


その状態をキープして5回呼吸。

(3)息を吐きながら体を床に下ろします

どんな効果があるの?


この2つは全身を使いコアを鍛えるポーズなので、インナーマッスルを鍛えたい方や姿勢を整えたい方におすすめです。腰を守るためにもお尻をきゅっとしめて、ヒップアップ効果も期待♪

体幹を使うので辛いなと感じる方は3呼吸から始めてみてください。まずは呼吸が続けられるポーズから挑戦してみだり、自分が続けられそうな呼吸回数を選ぶこともとても大切だと思うので、ポーズに挑戦しながら自分を観察してみてくださいね。

私は体を持ち上げる高さが一番低いポーズが本当にきつかったです(笑)。
背中にもよく効くのでぜひチャレンジしてみてくださいね!


定期的にスタジオでも静加ヨガを開催しています。
スケジュール詳細はHPやSNSなどでチェックしてね♡
(武田静加)
1

EDITOR

武田静加
20歳の頃から雑誌「Happie nuts」専属モデルとして活躍。現在モデル業の傍ら、ヨガインストラクターとしても精力的に活動中

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきメイク・美容記事5選♡

新着記事