あいにゃんみたいに素敵な写真を撮りたい♡ 意外と知らない撮り方レッスン

6/23(土)に開催された「Tokyo Wedding Showcase」にて、あいにゃん×ローリエプレス『インスタグラマーフォトレッスン』トークショーを実施♡ 行きたかったけど行けなかった……という声もいただいたので、今回はそのトークの中であいにゃんが話してくれた写真の撮り方のコツをご紹介します♡ 15万人以上もフォロワーを抱えるあいにゃんの役立つアイデアをぜひ参考にしてみてね♪



あいにゃんに学ぶ 素敵な写真を撮るためのコツ♡


いつもはカメラを使って写真を撮っているというあいにゃんですが、今回の『インスタグラマーフォトレッスン』では、みんなも真似しやすいようにiPhoneでの撮影テクについてご紹介いただいたちゃいました!

ポイント1.グリッド線を活用すべし!


写真を撮るときにお金もかからずすぐに試せるコツがこちら! カメラを起動したときに「グリッド線」が見えるような設定にしておくこと。
グリッド線は、主に写真の構図を決める目安として使います。
人は斜めになっていたり、ゆがんでいたりすると無意識に不愉快な印象を抱いてしまうのだそう。
だから構図が斜めになったり、ぶれたりしないようにあいにゃんはいつもiPhoneで写真を撮るときはグリッド線を目安にしてバランスを撮るようにしているんですって!
確かに、グリッド線が表示されているとしっかりガイドラインが見えるので写真を撮りやすいですよね。
グリッド線をいれるとこんな感じ!
グリッド線をいれるとこんな感じ!

画面上に出ている線に写したいものを合わせることによって安定した写真を撮ることができちゃいます♡

iPhoneの場合は設定>カメラ>グリッドをONにすると使えるようになりますよ♡

ポイント2.両手でしっかり撮影すべし!


そして次に大事なのが、写真を撮るときは両手でしっかり撮影すること! みなさんスマホで写真を撮るときって、なんとなく「ながら」撮影だったり「片手」で撮影していませんか?
良い写真を撮るときは両手でしっかりカメラを構えて、なおかつ「脇をしめて」撮るのが大事なんだって!

そうすることで手振れを防止することができ失敗も防げます。
あいにゃんは集中しているとき息を止めて撮影することもあるんだとか(笑)!

ポイント3.画面に映したいものが切れないように構図を考えるべし!


また、写真を失敗しやすい人が良くやりがちなのが「人物」に集中しすぎて周りの背景がちょっと残念なことになってしまうこと。
たとえば……
・ロゴマークや看板が中途半端に見切れないようにする
かわいい表情だけど、ロゴが切れてしまっているのが残念
かわいい表情だけど、ロゴが切れてしまっているのが残念

・足元の色味が写真とマッチしないときにはトリミングする(足元以外の部分にフォーカスする)
足元がうつってしまっているとなんだか微妙な感じに……
足元がうつってしまっているとなんだか微妙な感じに……

など細かいポイントにきをつけてあげることでぐっと素敵な写真が撮れるようになりますよ♡

ロゴはしっかり映して♡
ロゴはしっかり映して♡


番外編.あいにゃんの写真のこだわりを聞いてみた♪


イベント中は、お客様からの質問タイムも! そこではこんな質問も登場していました。

1.おすすめのポーズが知りたい


あいにゃんもポーズに悩むことがある……と言いつつも、普段ディズニーに行ったときなどは、そのシーン・テーマに合わせてキャラクターを意識した動きをするようにしているのだとか。
その日着ている洋服(例えばミッキーバウンドならミッキーに)や、撮影場所に合わせてキャラクターがしそうな動きを意識して写真を撮っているんだって♡



2.おすすめのアプリは?


以前ローリエプレスのインタビュー記事でもご紹介してくれていましたがあいにゃんが愛用しているアプリはSnapseed!
1
2

EDITOR

あいにゃん
10代の頃にブロガーとして活動を開始。109店員、歌手、ラジオDJ、テレビ出演、商品プロデュースなどを経て、現在は原点のブログを続けながら、ブランドプロデュースやYoutubeなどで活躍中。趣味は週2回通っているディズニー♡

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡

新着記事