お姫様抱っこをする男性の心理♡ “重い”と感じさせないコツは?

女の子なら一度は憧れたことがあるであろう『お姫様抱っこ』♡ ドラマや映画などで、軽々とお姫様抱っこをしているシーンを見ることも多いですよね!


しかし実際は、「体重が気になる」「お姫様だっこされるようなシチュエーションがない」という悩みがある人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、お姫様抱っこをするシチュエーションや、女の子からのおねだりの仕方や注意点についてご紹介します♡

お姫様抱っこをする男性の心理って?


お姫様抱っこは、基本的に男性が女性へするものというイメージがありますよね。結婚式の撮影のときなど、ウエディングドレスを着てお姫様抱っこをしているシーンを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

普通の抱っことは違い、首と足を支えて持ち上げるお姫様抱っこ。女の子の中には「一度はされてみたい!」と憧れている人も多いはず!

では、男性はお姫様抱っこををするときは、どんな心理なのでしょうか?

1. 彼女のことが大好き♡


お姫様抱っこをする男性は、とにかく「彼女のことが大好き♡」という人が多数! 普通の抱っこではなく体を完全に持ち上げるお姫様抱っこをする人は、彼女のことが大好きでたまらないと思っているようです♡ かわいい犬をみたら撫でてしまうように、彼女がかわいすぎてついお姫様抱っこをしてしまうのだとか。

お姫様抱っこをすると密着でき、顔と顔が近くに来るため、キスもしやすくてうれしいという男性も。

男性にとって、大人の女性を持ち上げるお姫様抱っこは、体にも負担のあるもの。それなのにお姫様抱っこをしてくれるということは、彼女のことを本当に愛おしく思っているということで間違いなさそうです!



2. 独占欲の現れ


手をつなぐ、ハグをするよりも特別感のあるお姫様抱っこ。独占欲の強い彼は、「自分の彼女だぞ!」ということをアピールしたくてお姫様抱っこをする場合も。二人きりのとき以外でも、他の人の前でお姫様抱っこをする彼は、あなたのことを見せびらかしたいのかもしれません。

「周りに人がいるのに、お姫様抱っこをされるなんて恥ずかしい」と思うかもしれませんが、「やめて!」と大げさに嫌がると、彼を傷つけてしまう場合も。「みんなの前では恥ずかしい」「重いから嫌だ」というような伝え方をするといいですね!

3. 彼女を喜ばせてあげたい


「女の子はお姫様抱っこをされるとうれしい」と思っていて、彼女を喜ばせるためにお姫様抱っこをするという人も。女友達が多いタイプの男性やロマンチストな男性は、サプライズの一貫としてお姫様抱っこをすることもあるようです。

お姫様抱っこをされたときに喜んだ姿を見せると、「やっぱりお姫様抱っこをしたらうれしいんだな」と彼の中にインプットされます。その後も、お姫様抱っこをしてもらえるかもしれませんよ♡

彼が「彼女を喜ばせてあげたい」とお姫様抱っこをしているときには、かわいくリアクションするのが正解のようです。

4. 力持ちをアピールしたい


筋トレが好きだったり、体を鍛えている彼は「自分の力をアピールしたい」という理由でお姫様抱っこをしていることも。

大人の女性は軽くても40キロ以上はありますよね。そんな女性を軽々と持ち上げることのできるところを見せることで、力持ちであることをアピールして男性としての魅力を伝えたいと思っているようです。

その他にも力をアピールするやり方はあるのに、わざわざお姫様抱っこをしてくる男性。今まで紹介してきた他の男性のように彼女が好きだから喜ばせてあげたいと思っていたり、彼女のことを特別扱いしているということ。

軽々と持ち上げてくれた彼には「すごい!」「力があるんだね」と褒めてあげると、彼もますますはりきって体を鍛えるのではないでしょうか。

お姫様抱っこされたときの反応



お姫様抱っこをする男性の心理には、「彼女が大好きだから喜ばせたい」という気持ちがあるということが分かりました。

女性からすると、「お姫様抱っこは憧れではあるるし、してもらったらうれしいけれど、実際にされると体重が気になる……」という人も少なくないですよね。そんな複雑な乙女心。どのように彼に伝えて、リアクションしたらいいのでしょうか。

1. 素直に喜ぶ


彼女を喜ばせるために、お姫様抱っこをしてくれている男性。お姫様抱っこをしてみたのはいいものの「彼女に嫌がられたらどうしよう」と不安に思っていることも。

そんな不安を解消するためにも、お姫様抱っこをしたときに素直に喜んでいる姿を見せると彼もうれしく思ってくれますよ! 「お姫様抱っこされたの初めて!」「お姫様抱っこ憧れていたの!」と笑顔で喜んでいる彼女をみて「やってよかったな」と思ってもらえます♡

突然されると驚いてしまうかもしれませんが、その驚いたリアクションも含めて、彼に素直な気持ちを見せると良いですね♪

2. 恥ずかしそうにする



「お姫様抱っこはやっぱり体重が気になる……」という方は、恥ずかしそうにするのがおすすめです! 

体重が気になるからといって嫌がった反応をしてしまうと、彼も悪いことをした気分になってしまうことも。

大人の女性を持ち上げて「軽い!」と思える男性はよっぽど鍛えている男性しかいません。彼がお姫様抱っこをできるということは、耐えきれない重さではないということ。気にしすぎて過剰な反応をしすぎないように注意です。

3. 彼を褒める


力のあることをアピールしたくてお姫様抱っこをしている彼には、力があることを褒めてあげると喜ばれます。「すごい! 力あるんだね!」と言ってあげるだけで、彼氏も満足してくれますよ♡

お姫様抱っこをするシチュエーション


普段はあまりすることのないお姫様抱っこ。では、どんなときにお姫様抱っこをするのでしょうか? お姫様抱っこをするシチュエーションをご紹介します♡

4. 彼女が酔っ払ったとき


お姫様抱っこをするときには、「いきなりお姫様抱っこして嫌がられてしまわないかな?」と男性も心配。そのため、彼女が酔っ払ったときなど、お姫様抱っこをする理由があるときがやりやすいようです。

酔っ払っているときには、普通の抱っこでは持ち上げることができないので、お姫様抱っこでしっかりと抱き上げるんですね! 一人では起き上がることができないほど酔っ払っているときには「もしかしたら次の日には覚えていないかも」と思うことで、恥ずかしさも減るのだとか。

お姫様抱っこして欲しい女の子は、彼氏とお酒を飲むときには酔っ払ったふりをして、お姫様抱っこをおねだりするのもおすすめです♡

ただし、彼も一緒に酔っ払っていると転んでしまうなど思わぬ事故がおこる可能性も。お酒を飲んでる時の抱っこには十分に注意しましょう!



5. 彼女が甘えてきたとき


彼女のことが大好き過ぎる男性は、彼女がかわいく甘えてきたときはたまらなくなってついお姫様抱っこしてしまうのだとか。

普通の抱っこではなくて、お姫様抱っこで愛情を示すんですね! イチャイチャする一環として「お姫様抱っこして~♡」とおねだりすると、お姫様抱っこしてもらえるかもしれません♡

6. 移動するとき


家の中を移動するときにお姫様抱っこをするという男性も♡ ドラマや映画で、リビングのソファで寝てしまった彼女を、お姫様抱っこをしてベッドまで運ぶシーンを見たことがありませんか?

それと似たシチュエーションで、床にやソファに座っている彼女を違う部屋に運ぶときにお姫様抱っこをするという人もいるようです。

彼女を強制的に移動させるためにお姫様抱っこをする男性は、彼女に構って欲しい甘えん坊な人が多いよう。彼氏がお姫様抱っこで移動させてきたときには「もっと構って欲しい」という合図なので、彼との時間をとってあげてくださいね♡

7. 結婚式や写真撮影のとき


お姫様抱っこを一番自然にできるのは『結婚式やウエディングドレスを着ているとき』。もともと古代ローマで新郎新婦が新居に入るときに、新婦がこけてしまわないようにお姫様抱っこをしていたと言われています。

現代でもその抱きかかえる姿が伝わり、結婚式が終わりハネムーンに旅立つときに花嫁をお姫様抱っこするのが定番になりました。

日本でもウエディングドレスを着て写真を取るときに、お姫様抱っこをしているポーズを見るのではないでしょうか? このような特別なシーンでは、普段は照れてしまいがちな男性も「お姫様抱っこしてみようかな」と思うようです。

ウエディングドレスを着たときには「お姫様抱っこをして写真を撮りたい!」と彼におねだりしてみるのもいいですね♡



8. とにかくかわいいと思ったとき


とにかくかわいい姿をみたときにお姫様抱っこをしてしまうという男性も。「大好き!」と思ったときに、思わず抱きついたりキスしてしまうように、お姫様抱っこをしてしまうのだとか。

なかなか珍しいシチュエーションですが、お姫様抱っこが好きな男性ならこんな日常もあるようです!

お姫様抱っこされたいときの誘い方


「彼氏からはなかなかお姫様抱っこしてくれない……」そんなときには、お姫様抱っこをおねだりしてみましょう! 男性は先ほどご紹介したシチュエーションでお姫様抱っこをすることが多いので、似たようなシチュエーションを作ることがおすすめ♪

一番簡単なのは、家にいるときに甘えて「お姫様抱っこして~」と言ってみること♡ 外では他の人の目が気になってできない人も多いので、家ですることがおすすめです。

お姫様抱っこの注意点


最後に、お姫様抱っこの注意点についてお伝えします。大人を抱きかかえるお姫様抱っこは、やはり体に負担がかかるもの。

成人の女性は、軽い人でも40キロはありますよね。背が高い人だと60キロあることも珍しくありません。普段重いものを持ちなれていない人は、お米の5キロの袋でも重く感じるもの。そのため、いきなり40キロも持ち上げると危険な場合も……。安全にお姫様抱っこをするポイントをおさえて、怪我のないようにしてくださいね!



注意点1. 体重はどれくらいまで大丈夫か


女の子が一番気になるのは『体重』。実際何キロまでだと持ち上げることができるのでしょうか?

これは男性の体力によるとしか言えない部分ではありますが、一般的な男性だと55キロ程度が目安のようです。普段から鍛えていない男性だと、55キロ程度でも「重っ!」と感じるよう。

50キロ程度が理想で、軽ければ軽いほど持ち上げやすいそう。45キロ程度なら楽にお姫様抱っこできるようなので、背の低い細身の女の子は心配しなくても大丈夫そう♡

男性が大きい場合でも、筋力がないと重い物をもちあげるのは難しいので、体重差を考えるよりも、女性自身の体重が重要なようです。

注意点2. 手の位置


お姫様抱っこを重いと感じさせないために、女性にできる工夫が『手の位置』です。お姫様抱っこで「重い」と感じるのは『抱き上げる瞬間』。

抱き上げられるときに、相手の首元や背中に手を回して相手を引き寄せるようにすると、持ち上げやすくなります。

またお姫様抱っこされている間も、彼の後ろに手をまわして、できるだけ密着すると安定します。恥ずかしいからと彼から距離をとると、その分支えるのも大変になってしまうので、できるだけ彼にくっついてくださいね♡



注意点3. 体重のかけかた


もう一つ女性側が工夫できるのは『体重のかけかた』。グラグラしてしまうと、その分支えるのが大変になってしまいます。背筋を伸ばして相手側によることで、男性も安定して支えることができます。

恥ずかしいからと彼から離れると、外側に体重がかかってしまい重く感じてしまいます。バタバタと動かずに、相手側に体重をかけることが重要ですよ!

注意点4. 失敗したときの反応


どんなに鍛えている彼であっても、バランスがとれなかったり、調子が悪かったりすると、お姫様抱っこに失敗してしまいます。普段から鍛えていない人だと、床との距離が近いほど持ち上げるのが難しいものです。

失敗したときは、女性も「重かったのかな」と傷ついてしまいますが、男性も「彼女を傷つけてしまった」「力のない男だと思われたかも」と焦っています。「自分が重いために失敗された! 恥をかいた」と怒らないように、「あれ? 重かった?」などとフォローしてあげることが重要です。

憧れのお姫様抱っこを楽しんで♡


女の子の憧れのお姫様抱っこは、男性も特別に思っているよう。女性はつい体重が気になってしましますが、男性は重さよりも彼女の反応を楽しんでいるようです。

お姫様抱っこしてもらったときには、これからもお姫様抱っこしてもらいやすいように、かわいくリアクションしてくださいね♡
(ism編集部)

【写真は許諾を得てご紹介しています】

EDITOR

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡