告白が成功するタイミングって♡ 失敗しないための見分け方&注意点

絶対に失敗したくない告白。実は、告白で一番重要だと言ってもいいのが『タイミング』です。

タイミング次第では、成功するはずだった告白が失敗してしまうことも……。今回は、そんな恋の運命を左右する告白のタイミングについて解説します! ベストなタイミングで告白することで、成功率をグンとあげちゃいましょう♡



告白のタイミングの重要性


告白をするとき、相手の心をつかむセリフや、甘いシチュエーションにこだわる人も多いのではないでしょうか。意外と見落としがちですが、告白の成功率を大きく左右するのが『タイミング』です。

素敵なシチュエーションで、告白のセリフをばっちりキメたとしても……タイミングを間違えると、告白は失敗してしまいます。まずは、告白するタイミングの重要性から解説していきますね♡

告白の前に答えはほぼ決まっている


実は、告白をするときには「答えはほぼ決まっている」って知っていましたか? 告白をされてから好意を持って付き合う場合もありますが、ほとんどの場合は告白する前から「付き合えるか、付き合えないか」が決まっていることが多いのです。

そのため、告白するときはOKをもらえる状態になっていることが重要。見込みなしの状態で告白しても、うまくいかないことが多いのです。



どれだけの時間を過ごしたかは関係ない


告白が成功する確率に、過ごした時間の長さはそれほど関係ありません。出会って一日で「付き合いたい」と思う場合もあれば、十年経っても付き合いたい感情が湧かない場合もありますよね。

恋愛対象として見ているのかどうかは、ほとんど出会ってすぐに決まっています。そのため「出会ってまだ一週間しか経っていないから、告白するには早すぎるだろう」と決めつけなくても大丈夫! 場合によっては、出会ってすぐに告白して成功することも♡

高校や大学に入学してすぐに付き合い始めるカップルっていますよね! 相手のことを少しでも理解できていれば、告白をするのに早すぎるなんてことはありませんよ♡

告白のタイミングを間違えて失敗する例


最初に「告白はタイミングが重要」と伝えましたが、なぜタイミングが重要なんだと思いますか?

告白の前に答えが決まっているから、“あり”のタイミングで告白した方が成功しやすい! というのも理由の一つ。

しかし、それだけではありません。告白のタイミングを間違えて失敗した例を見ると、告白の重要性が分かりますよ! さっそく失敗例を見ていきましょう。



失敗例1. 自分の気持ちを抑えられなくて早い段階で告白


まず、よくある失敗のパターンが「自分の気持ちを抑えられなくて、早すぎるタイミングで告白」すること。最初に話したように、告白前に“あり”の状態になっていないまま告白をしたパターンです。

“あり”の状態になっていない理由はさまざま。相手が「あなたのことをよく知らないから」と思っていて、二人の関係性が構築されていない場合が代表的なパターンです。また、「相手が仕事で忙しすぎる」「前の恋愛を引きずっている」など、恋愛するコンディションではない場合なども。

このような早すぎるタイミングで告白してしまうと、成功するのは難しいんです。

大好きな相手だからこそ、気持ちが突っ走って「告白して、想いを伝えたい」と考えてしまう心理はよくわかります。ですが、「当たって砕けろ」と暴走して、本当に砕けてしまったら……その後、関係性を修復するのにもとても時間がかかってしまいます。

フラれてから後悔しても遅いですよ。まずは、相手が今付き合うのは“あり”のタイミングなのかを見極めましょう!

失敗例2.他の人にとられたら……と焦って告白


意中の相手がモテる場合、「他の人に取られたらどうしよう」と焦ってしまいますよね。ですが、前章でご紹介したように、相手との関係性ができていないうちに告白をしても成功率は低いもの。焦る気持ちは分かりますが、付き合うためにポイントとなるのが『急がば回れ』です。
1
2
3
4
5
5

EDITOR

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事