【一重・奥二重・二重別】アイメイクの基本のやり方とコスメの選び方♡

みなさんはいつも、どのような順番でアイメイクをしていますか? 「あまり上手にアイメイクができない……」と悩んでいる人の原因は、もしかすると“順番”にあるかもしれません。

今回は、アイメイクを上手に行うためのプロセスをじっくりご紹介♡ 一重・奥二重・二重といった目の形ごとに分けて、メイクのコツとコスメの選び方もお伝えします♡



アイメイクの基本のやり方♡


ベースメイクが完了した後の、アイメイクの基本的な順番はこちら!

(1)まず、二重にしたい方や二重幅を広げたい方は、メザイクアイプチを使って目をぱっちり見せます

(2)次に取り掛かるのはアイブロウ。アイブロウはアイメイクではありませんが、目元の印象を決める大切な要素になります。アイメイクを進める前に描いておきましょう!

(3)次がアイシャドウ。目の形によって塗り方にコツがあるので、後ほどご紹介します♡

(4)アイシャドウの次は、アイラインです。アイラインの引き方次第で、目は大きくも小さくも見えます。目元をキュートにするのか、クールにするのかもアイラインで決められますよ!

(5)アイメイクの最後の仕上げはマスカラ。ビューラーでまつ毛をカールさせてからマスカラを塗って、目元の印象をアップさせましょう!

1. メザイク・アイプチ



ぱっちり二重に憧れる女子に欠かせない、二重を作るアイテム! 代表的なものとして、メザイクとアイプチが挙げられます。

メザイクは、細い糸状のファイバーを理想の二重線に押し込みクセづけるもの。アイプチは、まぶたに専用のノリを塗り、プッシャーで好みの二重線を押し込みくっつけるもの。

他にも、二重にしたいラインに専用のテープを貼る、二重テープもあります。二重テープやアイプチの方が比較的簡単に使用できますが、いちばんキレイに仕上げやすいのはメザイクです。

ばんそうこうでくっきり二重を作る方法♡


どれをチョイスするにしても、使う前に目元の汚れや油分はしっかり落としておきましょう! 汚れが残ったままだと、上手にできなかったり持ちが悪くなったりします。

アイシャドウ



二重アイテムでぱっちりした目元を作れたら、次はアイシャドウを塗ります。

ここで気をつけたいのが“選ぶ色”。濃い色をメザイクやアイプチ、アイテープの上に乗せてしまうと、その部分だけ変に目立ってしまいます。濃い色で引き締めたいときは、目のキワだけに乗せるようにしましょう。

メザイク・アイプチ・アイテープの上には、明るく薄めの色を選んで塗るのがおすすめです。しかし、明るい色だからと重ねて塗りすぎるのもNG。摩擦で二重アイテムが取れてしまう可能性があるので、優しく色を広げるようにしてくださいね!

メイクブラシを使って
キレイな目元に仕上げる方法♡

アイシャドウの塗り方3パターン♡


アイライン


せっかくアイラインを引くなら、自分の目をより大きく見せるテクニックを習得したいところ。アイラインも、目の形によって似合う・似合わないがあります。

一重さんはペンシルライナーで目のキワを埋め、目尻側に跳ね上げラインを描くのがおすすめ。切れ長で美人な目元になりますよ♡


奥二重さんは二重幅を埋めてしまわないように、目頭側は細めに。目尻に向かうにつれて、少しずつ太めに描いていってくださいね!


二重さんは、二重幅を消さないようにアイラインを描いていくのがコツ。このとき、どの目の形でも、目のキワを埋めることは忘れずに! キワを埋めずにアイラインを描くと、まつ毛の上に線がのっているかのような違和感たっぷりの目元になってしまいます。

なりたい目元の印象別
アイラインの引き方♡


ビューラー


アイメイクにおいて、ビューラーも大事な役割を担っています。なぜなら、まつ毛がしっかりカールしてあるかないかで、目のぱっちり具合が変わってくるから。まつ毛をしっかりカールするだけで、目の縦幅が大きく見えます!
1
2
3
4
5
6

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡