太りやすい人がやりがちな悪習慣10選! 見直して夏まで即ダイエット♡

特にダイエットをしているわけではないのに、ほっそりと痩せている友達。自分は気をぬくとすぐに太る……。そんな悩みを持っている人は、普段の行動を見直してみて♡ 実は、何気ないことがダイエットの妨げをしていることがあるんです!

今回は、太りやすい子が取りがちな行動パターンをご紹介! これらを気をつけるだけで、体型が変わっちゃうかも♪

NG行動1. ごはんより菓子・惣菜パンが多い



コンビニでご飯を買うとき、おにぎりなどのお米よりもパンを選んでしまいがちではありませんか? グルテンフリーダイエットというものがあることからもわかるように、パンに使われている小麦は太りやすいと言われています。

また、菓子パンや惣菜パンのカロリーを見てみてください。小さなパンでも、かなりカロリーが高いことがわかります。パンは満腹になりにくいなど太る要素がたくさんあるので、米かパンかで迷ったらお米を選択するようにするといいかも!

NG行動2. お茶よりジュース


コンビニやカフェで飲み物を選ぶとき、お茶よりもジュースを選んでしまう人も太りやすい原因に……。ジュースには砂糖がたくさん入っているので注意が必要です。

コンビニや自販機で飲み物を買う習慣がある人は、お茶もしくはお水を選ぶと良いでしょう! カフェならブラックコーヒーやストレートティーでも良いです。お砂糖はなるべく入れないようにしたいですね♡

NG行動3. 夜ご飯を食べる時間が遅い


仕事やバイトなどの都合で、ご飯を食べる時間が遅くなってしまう人もいると思います。しかし、寝ている間はエネルギーの消費量が少ないので、脂肪として蓄積されてしまうのです。

理想は寝る3~4時間前までに食事をすませておくことですが、できない場合は食事量を減らすなどの工夫をしましょう! 仕事やバイトの休憩時間中に夕食をすませてしまうという手もあります。食事としては少しさみしい気もしますが、その分朝と昼で思いっきり楽しく食事をしましょう!



NG行動4. 早食い


食べ物は噛めば噛むほど満腹中枢が刺激されて、少ない量でも満足できるようになります。なので早食いの人は、もしかすると通常よりも多めの食事量じゃないと満足できなくなっているかもしれません。

筆者の周りでも、人一倍食べるのが遅いという人は、大概痩せています。逆に、早食いの人は太っています。ゆっくりと噛んで味わうことで食事の味も楽しめるし、痩せられるのなら実行しない手はないですよね!

NG行動5. 姿勢が悪い


痩せ体質になるには、それだけ筋肉量が必要になるそうです。だからと言って、必ずしも筋トレをしなければいけない! というわけではありません。たとえば「姿勢」。座るときなど、つい猫背になってしまう人や背もたれに寄りかかってしまう人は、腹筋や背筋が衰えている可能性があります。なので、座るときの姿勢を意識するだけでも、筋肉に影響を及ぼすと言えるでしょう。

和服や締め付けるドレスなどを着た時は自然と背筋が伸びますが、普段姿勢の悪い筆者は次の日必ず筋肉痛になります。それだけ効果があるということですね!



NG行動6. 電車で座りがち


止まったり動いたりが激しい電車の中では、慣性の法則に基づいて力が働きます。なので、つり革につかまっていないと倒れそうになってしまいますよね。

そんな電車の中でつり革に捕まらず、なおかつ倒れないようにして立つことで、かなりの体幹トレーニングになることはご存じでしたか? ただ座っている時とは、カロリーの消費量がかなり違ってくるらしいんです!

もしどうしても座りたいときは、先ほどの姿勢に気をつけて! ”ハンドバックを背中と背もたれの間に入れて座ることで、かなりウエストを絞った”なんてダイエット話をしているモデルさんの話も聞いたことがありますよ♡
1
2

EDITOR

彩香
フリーランスライター・エディター。文化服装学院出身。 得意分野はファッションと恋愛で、メンズファッション誌や恋愛系メディアで執筆中。 真の“男子ウケ”とは何か、日々取材し調査し続けている。

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきメイク・美容記事5選♡

新着記事