池田エライザ×伊藤健太郎 映画『ルームロンダリング』インタビュー♡

池田エライザさんを主演に、幽霊が見えてしまう女の子が、幽霊との交流!? によって少しずつ自分の人生と向き合って行く姿を描いた映画『ルームロンダリング』が7月7日より公開となります。

事故や事件が起きた部屋、いわゆる事故物件に住み、その履歴を消して部屋の浄化=ルームロンダリングをすることを仕事としている御子(池田エライザさん)は、幽霊が見えてしまう能力を持っています。そのため事故物件の原因となった元住人=幽霊たちと望まぬ交流をするハメに。そんな御子のちょっと変わった日常が、全体にやわらかくあたたかみのあるタッチで表現された作品です。


ローリエプレス編集部では御子を演じたエライザさんと、御子の部屋の隣人で、御子のことが気になってしまう亜樹人役の伊藤健太郎さんのお二人にインタビュー! 独特の世界観を持つ今作のお話はもちろんのこと、俳優以外にもモデルやパーソナリティなど多方面で活躍するお二人の自分磨きの秘訣などもお聞きしちゃいました♡

絵本のような世界で、どうしようもない現実も描く


(C)2018「ルームロンダリグ」製作委員会

(C)2018「ルームロンダリグ」製作委員会

(C)2018「ルームロンダリグ」製作委員会

最近は原作ものの作品が多い中、今作は純粋なオリジナル作品。役の基となるイメージがなく、脚本から受けたものだけで役作りをすることなどに、少なからずやりがいを覚えたというお二人。健太郎さんは「映画に関わる一人の人間として純粋に嬉しかった」と言い、エライザさんも「純粋に(共同脚本の)片桐(健滋)さん、梅本(竜也)さんがこの作品を生み出したことを、愛おしいと思いました」と話します。まず、お二人にとってそんな今作への入口となった脚本を最初に手にしたときの印象をお聞きました。

伊藤「僕はまず“ルームロンダリング”というタイトルに引っ張られて。意味がわからないし、どういうこと?っていうのが第一印象です(笑)。浄化されるって何が?みたいなことを考えながら読んで行くうちに、この世界観に引き込まれて行きました」

エライザ「ちょうど受け取ったのが母親の実家に帰っているタイミングで、お墓参りに行ったり、自分の家族とかに想いを深くしているときだったんです。それもあって自分にすごく寄り添ってくれる物語だなって思いました。絵本のような世界でもあるんですけど、どうしようもない現実もしっかり描かれていて、深いって一言で言ってしまうと、その表現が浅いって感じでしまうような作品でした」


今回の役柄について 2人が最初に持った印象は?





引っ込み思案で人づき合いが苦手な御子は、“隣人との交流は御法度!”ということもあり、常に周囲から距離を取っている人物。一方の亜樹人もコンビニでバイトをしながら小説家を目指しているものの、あまり人付き合いは得意ではない様子。そんな二人が隣人&客と店員という形で出会います。

エライザ「御子ちゃんって、世間の方が持ってくださってる“池田エライザ”のイメージだと、キャスティングされないようなキャラクターなんですよ。だから何でだろう? って思っていたら、監督が私に声をかけようか考えているときに、私のことをよく知ってくださっている別の監督から“エライザ、根暗だよ”って聞いたらしくて(笑)。確かに、御子は物事の沸点とか、私の実生活のテンションに近いんです」

伊藤「これまで真面目な役というのはやったことがありましたが、こんな風にちょっと変わった感じの人をやるのは初めてだったので、まずはそれが楽しみでした。ただその分、いろいろ考えることや、監督と話をさせていただく機会も増えました」




――キャラクター作りはどんな風に行ったんですか?

伊藤「オリジナル作品ということで、いくらでもやれるし、考えられるんですよね。今回の場合は、僕の中にある亜樹人感みたいなものを探して、それを監督に肉付けしてもらいながら大きくしていきました。僕自身の中にも亜樹人ほどではないですが、人としゃべるのがそんなに得意ではなかったり、根暗っぽい要素もないわけでなかったので」

エライザ「今となっては“ルームロンダリング”はこんな感じっていうイメージがはっきりとあるんですけど、脚本を読んだ段階では想像ができなくて。いつもアヒルのランプを抱えているとかって何? って(笑)。でもまず衣装合わせで、御子ちゃんをイメージできるものが作られていて、その次に現場に入ると、部屋だったり、私の頭では想像ができていなかったところが形としてできていて。そういう御子ちゃんにまつわるものから、御子ちゃん像みたいなのができてきたところがあります。その環境を作ってくださったところに、すごく感謝していますね」
1
2
3

EDITOR

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡

新着記事