小顔に見せたい♡ メイクさんに聞いた失敗しないシェーディングの入れ方

顔を立体的にしてくれて、小顔に見せてくれる「シェーディング」。顔の輪郭に入れるのは知ってるけど、実際どれくらい入れたらいいのかわからない方も多いはず!

今回は、正しいシェーディングの入れ方をササメイクさんが解説♡ ぜひマネしてやってみてね!

小顔に見せる♡ 正しいシェーディングの入れ方


小顔に見せたい♡ メイクさんに聞いた失敗しないシェーディングの入れ方の1枚目の画像

パウダーやクリームなど、シェーディングにもいくつか種類がありますが、今回はシェーディングパウダーを使います! 

シェーディングパウダーを使う順番


パウダータイプの場合シェーディングをする順番は、フェイスパウダーの後、チークの前

使うファンデーションは、リキッドでもパウダーでもOKですが、リキッドファンデを使った後は、フェイスパウダーをのせて、肌がさらっとしている状態からシェーディングをするようにしてくださいね。
顔の表面がぺたぺたしている状態だと、シェーディングパウダーがのりにくいんです。

シェーディングパウダーを使った小顔ベースメイクのやり方


(1)あごのラインに沿ってシェーディングパウダーをのせます



(2)下に向って伸ばしていきます



(3)生え際が丸くなるようにのせます


”丸みを帯びたフォルム”は女性らしさを演出してくれます。直線的だと男性らしく、ふんわり丸い形は女性らしさを醸し出してくれるので、生え際には丸くなるようにパウダーをのせてくださいね。

(4)ほほ骨のしたのくぼみから眉尻のラインまでにのせます


ここにのせることで、顔に立体感が生まれます!

シェーディングを入れるときのポイント


小顔に見せたい♡ メイクさんに聞いた失敗しないシェーディングの入れ方の2枚目の画像

シェーディングを入れるときは、顔の輪郭を整えながら影を入れていきます。顔の外側が濃く、中に向ってだんだんと薄くなるように、グラデーションを作るのがポイント! 正面から顔を見たときに、シェーディングが見えてしまうのはNGです!

顔の形に合わせて、シェーディングを入れる場所は変わってきます。
今回は、恋和ちゃんが下ぶくれが気になるということで、あごのラインに沿って入れていきました。

丸顔が気になる方…輪郭のサイドとほほ骨を中心に
面長が気になる方…額やあごを中心

にシェーディングを入れましょう!

おすすめアイテム


ブラシ:MAC 127S スプリットファイバー フェイスブラシパウダー:MAC ブロンジングパウダー
ブラシ:MAC 127S スプリットファイバー フェイスブラシ
パウダー:MAC ブロンジングパウダー

シェーディングパウダー


パウダータイプだとふんわりと自然に仕上がるので、初心者さんにもおすすめ♡ 単色でもきれいに仕上がりますが、慣れていない方は何色か入っているパレットを使うと、グラデーションがつけやすいです!

・プチプラだとこんなものもおすすめ♡




ブラシ


使うブラシの大きさは、顔の大きさ、塗る面積によって変えます。シェーディングには、大きくて柔らかいものが相性抜群です!

小顔に見せたい♡ メイクさんに聞いた失敗しないシェーディングの入れ方の6枚目の画像

「ベースメイクの最後のひと手間でこんなに変わるなんてびっくり! みなさんもぜひ挑戦してみてください♡」恋和ちゃん

(梅山恋和/ヘアメイク:佐々木一憲/カメラマン:山口真由子)

この記事を書いたライター

梅山恋和
2003年8月7日生まれ。大阪府出身。NMB48所属

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡