美容師さんに学ぶ正しい知識♡ トリートメントの選び方との髪の乾かし方

「美容院でトリートメントをしたけど、その後のホームケアは全く!」なんて方いませんか? せっかく髪がきれいになったからそのままずっとキープしていたい♡ 夏のダメージに備えてトリートメント知識を身につけたい♡ そんな女性必見の正しいヘアケア方法をご紹介します。

フリルトップス 4900円/dazzlin
フリルトップス 4900円/dazzlin


基本の"き"! 正しい髪の乾かし方


ダメージを受けにくい髪にするための正しい乾かし方を3ステップでご紹介♡ 髪の乾かし方を改めるだけでも、サロン帰りのさらさらヘアに近づけるんです! 
美容師さんに学ぶ正しい知識♡ トリートメントの選び方との髪の乾かし方の1枚目の画像


(1)根本から乾かし始める
まずはドライヤーの熱風を根本からあてること。頭皮と根本を意識して乾かすことで、頭皮の雑菌発生を防いだり、毛先が乾かしやすくなります!

(2)次は毛先を丁寧に乾かす
根本が乾いてきたら徐々に毛先へ。その際作業を手ぐしで行う人も多いと思いますが、キューティクルが剥がれにくいのはブラシだそうです♡ ちなみに、乾かしすぎると今度はそれが乾燥などの原因になるのでよくないとのこと。

(3)冷風を当てる
毛先まで全体が乾いたら満足する方、多いと思います。冷風を当てるというテクを知っているだけで、髪にツヤが出て美しさをキープできるんです。あなたもチャレンジしてみては?

乾かす時間を短縮したいあなたへ♡


髪を乾かす時間が面倒で苦手だと言う方におすすめしたいアイテムがこちら!
サボリーノ 速く乾かスプレー n フルーティーハーブの香り 1300円
サボリーノ 速く乾かスプレー n フルーティーハーブの香り 1300円

BCL(ビーシーエル) サボリーノ 速く乾かスプレー 160g
サボリーノ
¥2,000
速く乾く+オイルトリートメントヘアスプレー!【特長】・濡れた髪にスプレーするだけのドライヤーで髪速乾、トリートメント効果も!・クールな清涼感で頭皮もスッキリ!・3種の美容オイルやキューティクルを補修する保湿成分によって、ツヤとうるおいのある指通りスルスルの髪に仕上げます。・フルーティーハーブの香りのスプレーです。

ドライヤー前の新習慣! 乾かす前に髪全体にスプレーすることで、通常よりも乾かす時間が短くなる優れもの。速乾性抜群だから、ぜひ一度試してみて♡


知らなきゃ損する! トリートメントの種類と選び方


トリートメントには『洗い流すタイプ』と『洗い流さないタイプ』、『オイルタイプ』や『クリームタイプ』などたくさん種類がありますが、ダメージレベルや目的によって正しく選ぶことが大切です! また、つけ方もとっても大事で、ただつけるだけではなくきちんと効果が出るようにする必要があります。『つけ方に気をつけたことなんてなかった……』という方のために、まずは効果を高めるつけ方をご紹介します!
美容師さんに学ぶ正しい知識♡ トリートメントの選び方との髪の乾かし方の4枚目の画像


トリートメントの効果を高めるつけ方3選!


1.シャンプー後蒸しタオルを使うorスチームを当てる


トリートメント前にこのような工夫をすることによって、キューティクルが開き成分が髪に浸透しやすくなる効果があります。

2.トリートメントをつけてから時間をおく


成分をより浸透させることが目的。目安としては、5~10分ほどがベストです♡

3.2度ブラッシングをする


髪を洗う前とトリートメントをつけた後、2度ブラッシングをすると◎。1度目のブラッシングでは汚れを落とす効果、2度目のブラッシングではトリートメントを全体に届けムラをなくす効果が期待できます。

トリートメントの効果を下げるNG行為は?


1.根本からべったりトリートメントをつける


根本からトリートメントをつけてしまうと、流し残しが起きやすくベタつきの原因となってしまいます。髪の毛の中間から毛先につけるのがポイント。

2.自然乾燥


自然乾燥をすると、キューティクルが傷つき修復が困難な状態に! トリートメント以前の問題なので要注意です。

3.ごしごしとこする


毛先をごしごしとこすりながらつけるのは、キューティクルを剥がしているのと同じこと。こするのではなく、優しく揉みこんであげましょう♡

ヘアメイクさんイチ推し! タイプ別おすすめメトリートメント


目的や好みによっても、選ぶべきトリートメントは異なります。今回は、トリートメント選びのヒントにもなる髪質別やタイプ別を軸にしたチャートをご紹介します! 

髪の状態をダメージが少ない順番に並べるとパサつき→枝毛→切れ毛の3段階になりますが、ダメージの多い方におすすめなのは『クリームタイプ』。表面をコーティングする『オイル』よりも『クリームタイプ』の方が内部に水分が浸透するんです。髪の毛に少しでも多く水分を与えてあげたいという方は、クリームタイプを選ぶことをおすすめします。
1
2

EDITOR

ローリエプレス編集部
恋愛・ファッション・美容・女子のトレンドに関するコラムを毎日配信中。動画やイラスト付きコラムも多数掲載中!

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきメイク・美容記事5選♡

新着記事