夏限定の恋に胸きゅん♡ 葵わかな×佐野勇斗W主演、映画『青夏 きみに恋した30日』

高校生を主人公にひと夏限定の恋を描いた、映画『青夏 きみに恋した30日』が8月1日より公開となります。

3月まで放送されていたNHK連続テレビ小説『わろてんか』でヒロインを務めた葵わかなさんと、今年は5本の映画に出演するなど俳優として注目を集める一方、ボーカルダンスユニットM!LKのメンバーとしても活躍中の佐野勇斗さんがW主演! 

夏休みの間、田舎で過ごすことになった都会育ちの女子高生・理緒と、そこで出会った地元の男子高生・吟蔵をみずみずしく演じています。


ローリエプレス編集部では、佐野さんの俳優デビュー作でもあった映画『くちびるに歌を』(2015年)以来の共演となった葵さん、佐野さんにインタビュー。すでにお互いをよく知る間柄だからこそできた息の合った演技についてや、お二人それぞれの恋愛観についても教えてもらっちゃいました♡

“一家に一台、佐野勇斗”




3年ぶりの共演となるお二人。当時は高校生でしたが今はお互いに大学生となり、役柄では仲間から恋人同士に、しかも今作ではお二人で主演を飾るという躍進ぶり。この再共演についてどんな思いでいるのか聞いてみました。

佐野「お話をいただいたときは、純粋にうれしかったです。『くちびる~』は、僕にとってデビュー作だったんですけど、当時、いつかこのメンバーの中で主演とかやれたらいいな、って思っていたのが実現できたので。それに、『くちびる~』のメンバー同士仲が良かったので、初対面の方とやるのとは違って、気心が知れた間柄でやれるというのも良かったです」

葵「最初、“相手役は誰なんだろう?”って思っていて、そしたら佐野くんって聞いて、“えー! 世間狭い~”って思いました(笑)。私たち、『くちびる~』でもわりとがっつり一緒だったんです。そこからまだ数年しかたっていないのに、またこうやって一緒にやれるとは思っていなかったので、縁があるなって。こういうことがあるから、この仕事を続けていて良かったなって思いますね。うれしかったです」




――当時からお互いに変わったところ、変わらないところはありますか?

佐野「(葵さんは)大人っぽくなったと思いました。当時はもっとぴょんぴょんしていたというか(笑)」

葵「役柄的に盛り上げ役だったから」

佐野「今回はすごくいろんなことについて深く考えているのがわかって。役についてもそうですし、監督から言われたことに対してもたくさん引き出しを持っていて、すごいなって思ってました。心の中でずっと拍手していました(笑)」

葵「すっごい上から目線(笑)」

佐野「あははは(笑)」

葵「佐野くんは全然変わらないな、って。成長していないっていう意味じゃないですよ(笑)。人としてモテそうなタイプというか、男女問わず愛される力を持っているというか、“一家に一台、佐野勇斗”みたいな感じ(笑)」

佐野「何それ、わけわからない(笑)」

葵「佐野くんって、誰にでも分け隔てなく接することができるから、人がたくさんいる現場とか、佐野くんひとりいるだけでその場が安心する感じがあるんです。活躍されるようになってもそこが全然変わってなくて。“よお~わかな、ヤッホー!”みたいに変わっていたら、一言言ってやろう! と思っていたんですけど(笑)、“昔のままの佐野勇斗”だったので、良かったなと思いました」

佐野「なんか褒められているかどうかわからないけど(苦笑)、(自分のことを)わかってくれているなっていうのは感じます」


似てないキャラクターに苦戦!? お互いに役をチェンジしたほうがいい?


(C)2018映画「青夏」製作委員会

(C)2018映画「青夏」製作委員会

真っすぐに自分の思いに突き進む理緒と、ちょっとぶっきらぼうだけど優しい心を持った吟蔵。二人とも原作の漫画からそのまま飛び出てきたようにも見えますが、実は、実際の自分ともギャップもあり、役作りは大変だったそう。
1
2
3
4

EDITOR

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡

新着記事