ニベアがプチプラで最強♡ 青缶を効果的に使って、目指せマシュマロ肌!

今まで何気なく使っていた、NIVEA(ニベア)の青缶。「流行っているから」「保湿ができるらしいから」という理由で使っている方も多いかもしれません。

今回は、そんな「ニベア」商品の効果的な使い方やおすすめの組み合わせ方、そしてニベアシリーズから出ているおすすめ商品をご紹介していきます♡ ニベアを効果的に使いたい女子のみなさんは必見です!

ニベアの特徴



ニベアは、花王株式会社が販売しているボディークリーム♡ お風呂の後や化粧をする前に塗ると、顔や体をしっとりとさせてくれるんです!

プチプラなのに、ボディークリーム以外の使い道がたくさんあるのも魅力です! 「スキンケアにこだわりたいけど、できれば安い方がいい♡」という幅広い年代の女性に大人気♡ 

もともと人気商品でしたが、「高級クリーム『クレーム ドゥ・ラ・メール』に成分がそっくり!?」と話が広まり、さらに大人気商品になりました!



また、若い女性が使っていることから、青缶に「インスタ映え」するようなアレンジがされていることも特徴の一つ。
使い切った後に白のスポンジを入れてアクセサリー入れにしたり、デコパーツを付けることでキラキラにかわいくしたり、青缶を磨き上げてシルバーにしてみたり♡

日常のお肌のスキンケア以外にも、私たちに楽しみをくれるのがニベアクリームなんです♪

ニベアクリームの成分は?


ニベアクリームには…
「水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸Al、ステアリン酸Mg、硫酸Mg、クエン酸、安息香酸Na、香料」といった成分が使われています。

それに対して、クレーム ドゥ・ラ・メールには…
「水、ミネラルオイル、褐藻エキス、ワセリン、水添ポリイソブテン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、ライム果汁、パラフィン、エタノール、硫酸Mg、オレイン酸デシル、ジステアリン酸Al、オクチルドデカノール、香料、クエン酸、ステアリン酸Mg、パンテノール、安息香酸Na、水添野菜油、シアノコバラミン、カロチン」が使われています。

共通の成分は?


共通の成分は「水、ミネラルオイル、ワセリン、水添ポリイソブテン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸Al、ステアリン酸Mg、硫酸Mg、クエン酸、安息香酸Na、香料」。

つまり、半数以上の成分が共通しているんです! 一部の成分は違っているので、その一部の成分に値段の違いがあると考えられます。

ニベアクリームの値段



ニベアクリームは、とても安いところも人気の理由! 「クレーム ドゥ・ラ・メール」が30mlで2万円弱なのに対して、同じような成分でニベアは169gで500円程度♡ 高級クリームと同じような成分なのに、値段が10分の1だったら、思わずニベアクリームを購入してしまいたくなりますよね! 

ネット通販やドラックストア、ホームセンターなどで買うと、もう少し安く販売されているかもしれません♡

高級クリームが肌にいいのはもちろんですが、高いとチマチマ使ってしまったり、週に1回など頻度がとても少なくなったり……。しかし、ニベアのようにお手頃価格だと毎日たっぷりと塗り込めますよね♡ 

毎日のスキンケアをしっかりしたい人、ケチってちまちまと使うのが嫌な人には、ニベアクリームはかなりおすすめですよ♪

ニベアクリームは赤ちゃんにも使える



ニベアクリームのいいところは、体に優しい成分なので、赤ちゃんの肌の保湿にも使えることです!
1
2
3
4
5
6

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡