吉沢亮、眼差しだけで女子を殺す!?  映画『銀魂2』の美しすぎる沖田総悟♡

大ヒット漫画『銀魂』の実写映画化第二弾、映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』が8月17日より公開となります。

昨夏、実写邦画No,1ヒットを記録した前作に続いて、主演の小栗旬さんを筆頭に、菅田将暉さん、橋本環奈さんらの主要キャストが再集結! そこに三浦春馬さん、窪田正孝さんらの新たなキャストも加わり、主演級の俳優陣がそれぞれの個性を戦わせ、融合させた最高の“銀魂ワールド”が出来上がりました。


ローリエプレス編集部では、豪華俳優陣の中から、前作に引き続き真選組一番隊隊長・沖田総悟(おきたそうご)を演じた吉沢亮さんにインタビュー! 

前作では『銀魂』のキャラクターの中でも絶大な人気を誇る沖田を完璧に演じたことが話題となった吉沢さん。『銀魂』ファン、吉沢さんファンともに待ち望んでいた再演に関しての思いを語っていただきました。また、『銀魂』ファンお待ちかね! 沖田のあの名場面の撮影裏話も教えてもらいましたよ♡

最高に美しくカッコいい沖田総悟!




「続編をやりたいね、っていう話は、いろんな作品でしますけど、実現できることはなかなかないことなので、すごく嬉しかったですね」と、今回の制作が決まったときの思いを語ってくれた吉沢さん。“沖田総悟”という大人気のキャラクターを演じたことは、「少年漫画のキャラクターになりきるというのは、沖田が初めてだったので、キャラクター性をあそこまで重視してやれたことは、いい勉強になりました」と振り返ります。

「『1』のときはキャラに忠実にっていうことを一生懸命に意識してやっていて、そしたら何となく原作ファンの方にも喜んでいただける結果をいただけたんです。そこである意味、地盤みたいなものを固められて。だから『2』ではそこから外れない程度にいろいろやれたのが楽しかったです。それから、『1』のときは、着ぐるみを着たりはあったんですけど、ほとんどギャグパートがなかったので、周りが楽しそうにやっているのを “いいな~”って思って見ていたんです。そしたら今回もギャグはほんの少しで、かなりカッコつけるシーンが多くて(苦笑)。ただそれで逆にすっきりしたというか、沖田として目指すべきところが見えました。他のキャラクターはその場その場でツッコミになったり、ボケになったりするんですけど、沖田はボケていてもキャラが一貫しているんです。それが改めてわかったことは良かったです」

(C)空知英秋/集英社(C)2018 映画「銀魂2」製作委員会

さらに今回は、吉沢さん自身「あそこを外すとちょっとヤバイかな」と思ったというほど、プレッシャーにも感じていたという、原作でも人気の沖田の名場面があります。一人で多くの敵を相手に戦い、舌なめずりをしながら名ゼリフを静かに言い放つ姿は、思わず映画館でキャーと声を挙げてしまう人いるかも!? そのくらいカッコいいです♡

「あそこはかなり意識していました。原作もアニメも見たし、セリフを言ったあとの、ペロっと舌を出すタイミングとかもすごく考えました。あんまり端を舐めすぎると顔が歪んでしまうから、そうならない程度のいいラインを探ったり」

――すごくカッコ良かったですが、ご自身でも手応えありましたよね!

「あははは(笑)。ぶっちゃけわからないですけど、タイミングとかも自分がやろうと思っていたところでできて一発OKだったので、大丈夫じゃないかな? とは思っています」



――今回は、福田雄一監督が、とにかく吉沢さんのカッコいいところを世の中に見せつけてやろうという気合を持って撮っていたように感じました。

「今回は珍しく監督がセリフの言い方とかすごく熱を持って演出してくださったんです。いつも笑いの場面とかは、ほぼ監督は笑って見ているだけなのに(笑)、細かい部分まで演出してくださったので、愛を感じましたね。それだけにいいシーンにもなっていると思います」
1
2
3
4

EDITOR

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡

新着記事