吉沢亮、眼差しだけで女子を殺す!?  映画『銀魂2』の美しすぎる沖田総悟♡

大ヒット漫画『銀魂』の実写映画化第二弾、映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』が8月17日より公開となります。

昨夏、実写邦画No,1ヒットを記録した前作に続いて、主演の小栗旬さんを筆頭に、菅田将暉さん、橋本環奈さんらの主要キャストが再集結! そこに三浦春馬さん、窪田正孝さんらの新たなキャストも加わり、主演級の俳優陣がそれぞれの個性を戦わせ、融合させた最高の“銀魂ワールド”が出来上がりました。


ローリエプレス編集部では、豪華俳優陣の中から、前作に引き続き真選組一番隊隊長・沖田総悟(おきたそうご)を演じた吉沢亮さんにインタビュー! 

前作では『銀魂』のキャラクターの中でも絶大な人気を誇る沖田を完璧に演じたことが話題となった吉沢さん。『銀魂』ファン、吉沢さんファンともに待ち望んでいた再演に関しての思いを語っていただきました。また、『銀魂』ファンお待ちかね! 沖田のあの名場面の撮影裏話も教えてもらいましたよ♡

最高に美しくカッコいい沖田総悟!




「続編をやりたいね、っていう話は、いろんな作品でしますけど、実現できることはなかなかないことなので、すごく嬉しかったですね」と、今回の制作が決まったときの思いを語ってくれた吉沢さん。“沖田総悟”という大人気のキャラクターを演じたことは、「少年漫画のキャラクターになりきるというのは、沖田が初めてだったので、キャラクター性をあそこまで重視してやれたことは、いい勉強になりました」と振り返ります。

「『1』のときはキャラに忠実にっていうことを一生懸命に意識してやっていて、そしたら何となく原作ファンの方にも喜んでいただける結果をいただけたんです。そこである意味、地盤みたいなものを固められて。だから『2』ではそこから外れない程度にいろいろやれたのが楽しかったです。それから、『1』のときは、着ぐるみを着たりはあったんですけど、ほとんどギャグパートがなかったので、周りが楽しそうにやっているのを “いいな~”って思って見ていたんです。そしたら今回もギャグはほんの少しで、かなりカッコつけるシーンが多くて(苦笑)。ただそれで逆にすっきりしたというか、沖田として目指すべきところが見えました。他のキャラクターはその場その場でツッコミになったり、ボケになったりするんですけど、沖田はボケていてもキャラが一貫しているんです。それが改めてわかったことは良かったです」

(C)空知英秋/集英社(C)2018 映画「銀魂2」製作委員会

さらに今回は、吉沢さん自身「あそこを外すとちょっとヤバイかな」と思ったというほど、プレッシャーにも感じていたという、原作でも人気の沖田の名場面があります。一人で多くの敵を相手に戦い、舌なめずりをしながら名ゼリフを静かに言い放つ姿は、思わず映画館でキャーと声を挙げてしまう人いるかも!? そのくらいカッコいいです♡

「あそこはかなり意識していました。原作もアニメも見たし、セリフを言ったあとの、ペロっと舌を出すタイミングとかもすごく考えました。あんまり端を舐めすぎると顔が歪んでしまうから、そうならない程度のいいラインを探ったり」

――すごくカッコ良かったですが、ご自身でも手応えありましたよね!

「あははは(笑)。ぶっちゃけわからないですけど、タイミングとかも自分がやろうと思っていたところでできて一発OKだったので、大丈夫じゃないかな? とは思っています」



――今回は、福田雄一監督が、とにかく吉沢さんのカッコいいところを世の中に見せつけてやろうという気合を持って撮っていたように感じました。

「今回は珍しく監督がセリフの言い方とかすごく熱を持って演出してくださったんです。いつも笑いの場面とかは、ほぼ監督は笑って見ているだけなのに(笑)、細かい部分まで演出してくださったので、愛を感じましたね。それだけにいいシーンにもなっていると思います」

――トッシー(柳楽優弥さん)の行動にニヤっとするところだったり、他の場面でも目の表情の変化だったり、とにかく印象に残るシーンが多かったです。

「ニヤのところは、台本にニヤって書いてあったので、そうしたんですけど(笑)。周りからは原作通りで面白かったと言っていただけたので良かったです。あと、沖田は無の表情の印象が強いキャラクターで。普段は目が死んでるみたいな。だからその中で内から熱くなって、目の表情が変わるところは、すごく意識してやったところではあります」

豪華共演陣との撮影裏話




このキャストだったら一体何本の映画が撮れるのだろう? と真剣に考えてしまうほど、とにかく豪華なキャスト陣。「『1』のときは万事屋(小栗さん、菅田さん、橋本さん)、真選組(吉沢さん、中村勘九郎さん、柳楽さん)でわかれていたところもあったんですけど、『2』はそういう感じではなくて、結構みんな一緒にいることが多かったですね」と、現場裏でも豪華俳優陣が共演! 「いつも小栗さんがなんか面白いことをして、菅田くんがツッコミを入れてるイメージ。僕はわりとみんながふざけているのを外から見ていてゲラゲラ笑っているタイプですかね(笑)」と、笑いが絶えなかったそう。

さらに『1』から共演している柳楽さんとは一層仲を深めたそうで、二人でお酒を飲みに行く機会もあったとのこと。「京都でのロケがあったので、そのタイミングで柳楽さんと飲みに行きました。俳優の仕事のこととか、夢を語った気がする(笑)」。

(C)空知英秋/集英社(C)2018 映画「銀魂2」製作委員会
(C)空知英秋/集英社(C)2018 映画「銀魂2」製作委員会

(C)空知英秋/集英社(C)2018 映画「銀魂2」製作委員会

また新キャストで真選組参謀・伊東鴨太郎(いとうかもたろう)を演じた三浦春馬さんとも、おなじ事務所の先輩・後輩という関係にもあり、いろんな話ができたと教えてくれました。

「今まで春馬さんとは事務所のイベントとかで一緒になることはあったんですけど、ほぼ話したことはなくて。今回初めていろいろお話させていただいたら、すごく素敵な方で、楽しかったです。ご飯に連れて行ってもらったりもしました。今回、春馬さんがやった鴨太郎はギャグシーンが一切なくて、シリアスなシーンばかりだったんですけど、その役との向き合い方も、近くにいて勉強になる瞬間がいっぱいありました。すっごい大変な長ゼリフもバシっと決まっていて、カッコいいな~って。あと殺陣でのアクションシーンは、春馬さんの動きがキレキレ過ぎて、ヤバイって思いました。超カッケーって(笑)」

また人間味のある役をやってみたい


(C)空知英秋/集英社(C)2018 映画「銀魂2」製作委員会

(C)空知英秋/集英社(C)2018 映画「銀魂2」製作委員会

『銀魂』と言えば、なんと言っても笑いのシーンは欠かせません! 吉沢さん演じる沖田も少ないながらも笑いのシーンがあります。

「僕は一言だけ言って帰るみたいな感じだったんですけど、夏菜さん(猿飛あやめ役)の面白さに負けてしまったという感じがあって、ちょっと悔しかったですね(笑)。あのセリフを改めて考えると、日常生活では言わないし、ブッ飛んでるなって冷静に捉えちゃたら、笑いを堪えるので必死になっちゃって。楽しみにしていたのに。とにかくあの場面は、(佐藤)二朗さんが大暴れしていて、みんな笑いを堪えようとしているのが最高ですよね」

笑いのシーンなのでネタばらしになってしまうような詳しいことは書けないのですが、劇場で観れば、吉沢さんがどのシーンのことを話していたかすぐにわかります! また吉沢さんご本人としては、とにかく「将軍(勝地涼さん)が出てくるところは全部面白い。相当笑っていただけるんじゃないですかね」と、お勧めしてくださいました。

(C)空知英秋/集英社(C)2018 映画「銀魂2」製作委員会

また全体を通しては「土方(柳楽さん)ズルいなって」と思うほど、今回は土方の役どころに惹かれたそう。「土方が全部持って行きました。男臭いし、カッコいいんですよね。あとトッシーになったり、素の土方が出て来たり、ギャップもカッコ良すぎでした。自分も土方みたいな男くさい役もやってみたいですけど、正直、土方は柳楽さんだからカッコいいっていうのもあるんですよね」

――“土方みたいな男くさい役も”とおっしゃいましたが、今、吉沢さんがやってみたいと思う役ってどんなものですか?

「最近は漫画の実写化とか、キャラクターっぽい役をやることが増えたので、それ自体はすごくありがたいことなんですけど、逆にまた人間味のある役をやってみたいなって思っています。オリジナルの作品で、一から自分で役を作るようなこととかもまたやりたいなって」



――ちなみに役ではなく、普段の吉沢さんが惹かれる人ってどんなタイプですか?

「人当たりのいい人ですかね。自分が人見知りなので、あんまり自分から行けないので、そういう壁とかを作らずに来てくれる人は好きだなって思います。あんまりズカズカ来られると引いてしまうことはあるけど、そこはバランスです(笑)。自分がそういうタイプではないので憧れみたいな感じもあるかも。人見知りは治したいって思うんですけど、なかなか治らないんです(苦笑)」

そんな吉沢さんに、最後に今作の魅力と、さらなる続編、パート3への意気込みをお聞きしました。

「今回は笑いもアクションも、感動するシーンも、全部が『1』を上回っているんじゃないかって思います。純粋にすごく面白い! 原作ファンの方も、原作を読んだことのない方も、楽しんでいただける作品になっていると思います。パート3はやりたい。ただやっても沖田が出ないってこともあるかもしれないですけど(笑)。個人的には『将軍暗殺編』とかをやりたいですね。超カッコいいと思います。そうすると誰が神威をやるかっていうのも話題になりそうですよね。あとはひたすらギャグだけっていうのも面白いかも。『銀魂』だったら何をやっても面白くなると思います!」


映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』は、8月17日より全国ロードショーです。吉沢さん扮する沖田の名場面は是非、劇場の大スクリーンでチェックを。他にも、笑いあり、感動あり、アクションありの見どころだらけの作品になっています♡

読者のみなさまにプレゼント♡


今回ローリエプレスから吉沢さんサイン入りチェキを抽選で1名の方にプレゼント♡

応募方法


1. 下記よりローリエプレスのアプリをDL

ダウンロードはこちら♡


2. レビューを投稿! (Apple StoreもしくはGoogle Playにて)

3. 公式Twitterをフォロー&該当ツイートをRTするだけ♡




上記条件を満たしてくれた方の中からプレゼントします!

※鍵付きアカウントに関しては応募状況の確認ができないため、無効とさせていただきますことを予めご了承ください
※抽選の基準などに関するお問い合わせには一切お答えできかねます
※当選者にはローリエプレス編集部からDMにてご連絡を差し上げます。応募期間終了後もアカウントのフォローをお願いたします
※応募期間:2018年8月16日(木)~2018年8月24日(金)正午まで

みなさまのご応募、お待ちしております♡

本作で河上万斉(かわかみばんさい)を演じた、窪田正孝さんにインタビューしています。サイン入りチェキのプレゼントキャンペーンも実施中なので、合わせてチェックしてね!

窪田正孝さんの記事を見る♡



作品紹介


(C)空知英秋/集英社(C)2018 映画「銀魂2」製作委員会

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』
8月17日(金)より全国ロードショー
出演:小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、三浦春馬、窪田正孝、吉沢亮、勝地涼、夏菜、長澤まさみ、岡田将生、ムロツヨシ、キムラ緑子、佐藤二朗、中村勘九郎、堂本剛、堤真一

ストーリー


銀時(小栗旬)、新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)は、万事屋の仕事がなく、大家のお登勢(キムラ緑子)から滞納している家賃の請求を迫られる日々。そこで三人は意を決してバイトをすることにするが、行く先々で将軍・徳川茂茂(勝地涼)に遭遇してしまう。時を同じくして、近藤(中村勘九郎)、土方(柳楽優弥)、沖田(吉沢亮)らが所属する真選組では、土方の様子がおかしくなっていき…ヘタレオタクの”トッシー“という人格が現れてしまう。これまでの性格とは一転し、愚行を繰り返す土方は隊を追われる窮地へと追いやられてしまい、そして真選組参謀で土方と犬猿の仲の伊東鴨太郎(三浦春馬)は真選組始まって以来の内紛を巻き起こす。さらに、鬼兵隊の頭領・高杉晋助(堂本剛)や河上万斉(窪田正孝)も不穏な動きを見せるようになり……。果たして、銀時はこの最大の危機にどう立ち向かうのか……。


(瀧本幸恵/カメラマン:大川晋児)

プレゼントの応募は締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございます!
(2018年8月27日現在)

この記事を書いたライター

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡