プチプラコスメだけで完成♡ セザンヌ”描くふたえアイライナー”で簡単涙袋

顔の印象を左右するアイメイク! 今回はいつものメイクにプラスするだけでぐっとかわいくなる涙袋の作り方をご紹介します♡
涙袋があると、かわいい印象のお顔になります♡ 愛されフェイスになりたいという子はぜひ参考にしてみてね♡



涙袋メイクのやり方


1.涙袋の位置や、幅をきめる


まず、涙袋をどの位置に描いていくかを決めます。位置を決めるときのポイントは”微笑む”こと!
笑って目を細めると、目の下に薄く線が出てきますよね? その部分を目安にします。

2.土台となるハイライトカラーをのせていく


位置が決まったら目頭から目の中央くらいまでの位置にキラキラ系のハイライトカラーをのせていきます。お手持ちのアイシャドウパレットのハイライトカラーでもOKですが、おすすめコスメが以下の2つ!

おすすめアイテム


・ヴィセアヴァン シングルアイカラー 003 コットンパール

ゴールドで肌になじみやすいカラー。より自然にさせたいときにはこちらがおすすめ。肌なじみがいいので万人受け♡

・エスプリーク セレクトアイカラー PK800

ピンク味がが強いハイライトカラー。甘目のカラーなのでかわいくなりたいときにおすすめ♡

どちらも1000円以下のプチプラなのに肌なじみが良くておすすめなんです♡

目頭からハイライトカラーをのせていく時、濃くなりすぎるとケバくなるのでひと塗りでOK! 濃いなと思ったら自然に指や綿棒でぼかすのがおすすめ。今回はヴィセアヴァンを使用しました♡


肌になじみにくい色(シルバー系のカラーなど)を選んでしまうと、肌なじみが悪く浮いてしまうので黄色みやピンクみがあるものを選ぶといいです。デカ目にしたいからと、欲張って濃くしすぎたり、太く書いたりしないように注意!

3.涙袋の土台を描いたら、影を描く


土台となる部分を描いたら、目を細めて、くぼみのところにできるラインに沿って、ふたえアイライナーで影を描いていきます。



そのラインをぼかしていきます。ちょっと失敗してしまったと思ったらめんぼうにワセリンやリップバームをのせると修正ができます。
あまり太すぎても細すぎても不自然になるので、微笑んだ時のラインに沿うよう自然な太さにすることが大事です!

おすすめアイテム


・セザンヌ 描くふたえアイライナー


眉毛を描くときのアイブロウでもOKですが、おすすめなのはこの「描くふたえアイライナー」。アイライナーとしてはもちろんですが、とっても薄く発色するライナーなので、影を描くのにぴったりなんです。
先が細いので描きやすいし失敗しないんですよ♡

プチプラコスメだけで完成♡ セザンヌ”描くふたえアイライナー”で簡単涙袋の1枚目の画像


ラインを引いたら少しぼかして完成!
たったのこれだけでいつもよりかわいらしい印象のメイクが完成しました♡

プチプラアイテムだけで完成するので、ちょっと雰囲気を変えたいときにもぜひ挑戦してみてくださいね♪
(Miyake Runa)

この記事を書いたライター

Miyake Runa
岡山県出身でコスメが大好きな美容系YouTuber。可愛らしいルックスで、雑誌「LOVEggg (ラブジー)」のレギュラーモデルも務める

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡