憧れの太ももを手に入れる♡ おすすめのエクササイズ・ストレッチ完全版

部活などで運動をしていた人は、大腿四頭筋が鍛えられている可能性が高いでしょう。スリムな太ももを手に入れるためには、太ももの内側の筋肉を鍛えてくださいね。



ダイエットする前に、自分の太ももサイズを知っておこう!


太もも痩せのエクササイズやストレッチをする前に、正確なサイズを把握しておきましょう!

必要なのは、全身が映る鏡とメジャーだけ♡ 太ももの太さは「一番太い部分」を測ります。ほとんどの人は、脚の付け根から3cm程度下のところが一番太くなっていると言われていますが個人差があるので鏡の前に立って、最も太くなっているところを確認してくださいね!

測るときには、ストッキング・タイツなど何も履かない状態で、素肌の上から測りましょう♪

太もものサイズを測るときのポイント


メジャーが斜めになってしまわないように、床と並行になることを意識して、一周巻いて測ること! 細くなりたいからと言って、メジャーをキツくしめるのはNGです。食い込まず、ゆるゆるでもないジャストフィットの状態で測ってくださいね♪

筋肉のつき方によって、左右の太さが異なることも珍しくありません。両足ともサイズをチェックしておきましょう!

また、時間によってもむくみなどで太さが変わることも。太さを測るときは、時間もメモしておいてくださいね! 正確な太さを比べるには、同じ時間のデータを並べる必要があります。

理想的な脚のサイズのバランスは?



太もものサイズだけ細くなっても、全体のバランスが悪くなると美しい脚とは言えません。理想的なバランスは、太もも・ふくらはぎ・足首が「5:3:2」のバランスになっていること。

太もものサイズだけでなく、ふくらはぎと足首のサイズも測って、ちょうどいいバランスになっているのかもチェックしておきましょう♡

太もも痩せのために鍛えるべき筋肉


太もも痩せするためには、太ももを引き締めてくれる筋肉をつけることが大切♡ 太ももの前側の「大腿四頭筋」は鍛えると脚が太くなってしまいますが、脚をほっそりとさせてくれる筋肉もあるんです。鍛えるべき筋肉を鍛えて、憧れの「内側に隙間がある太もも」を目指しましょう♡

太もも痩せのために鍛えるべき筋肉1. ハムストリングス


太ももの鍛えるべき筋肉の一つ目は「ハムストリングス」。ハムストリングスとは、太ももの裏側の筋肉のこと。大腿二頭筋・半膜様筋・半腱様筋の3つの筋肉を合わせて、ハムストリングスと呼ばれています。普段生活しているときには使わない筋肉のため、聞き慣れない人も多いですよね!

ハムストリングスを鍛えると、太もも全体を引き締めて細く見せてくれます。また、ヒップアップにも効果的! ヒップアップと脚痩せは、関係性がないと思っていませんか? お尻がキュッと上がっているとその分脚が長く見えるため、脚をきれいに見せたい人はヒップアップも重要なんですよ◎! 

ハムストリングスは、太もも全体とおしりに効果があるため、太もも痩せしたい人は絶対に鍛えておきたい筋肉なんです♡


太もも痩せのために鍛えるべき筋肉2. 内転筋


太ももの鍛えるべき二つ目の筋肉は「内転筋」です。内転筋とは、太ももの内側にある筋肉のこと。憧れの太ももの間にある隙間を作るためには、欠かせない筋肉なんです。

内転筋は、普段の生活では意識して使うことがありません。そのため、筋肉が衰えてしまっている女性も多いんです。内転筋には、骨盤と脚をつなげるという役割もあります。そのため、内転筋が衰えると太ももの内側がむちむちになってしまいます。骨盤が歪んでしまったり、O脚の原因になってしまったりすることも。

内転筋を鍛えることで太ももの内側をスッキリさせ、脚全体のバランスを整えられますよ◎。
1
2
3
4
5
6

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡