憧れの太ももを手に入れる♡ おすすめのエクササイズ・ストレッチ完全版

太もも痩せにおすすめのエクササイズ


太ももに重要な筋肉が分かったら、筋肉を鍛えるためのエクササイズをしていきましょう!

重要なのは、筋肉を意識して、正しいやり方で行うこと。自己流の間違った方法でしてしまうと、逆効果になってしまうことも……。エクササイズを行う前に、あなたの知っているやり方は間違っていないのか、確認してみてくださいね♡

太もも痩せにおすすめのエクササイズ1. スクワット


脚痩せでまずおすすめしたいエクササイズが「スクワット」です。「スクワットをしたら脚が太くなった……」という記憶がある人もいるかもしれません。

スクワットで脚が太くなるのはズバリ、間違ったフォームで行っていたから。間違ったフォームで行うと、太ももの前側にある大腿四頭筋しか鍛えられず、脚が太くなってしまいます。

正しいフォームで行うと、ハムストリングスやおしりにある筋肉を鍛えられるので、太もも痩せに効果絶大♡ では、さっそく正しいフォームを確認していきましょう!

スクワットの正しいやり方


憧れの太ももを手に入れる♡ おすすめのエクササイズ・ストレッチ完全版の3枚目の画像

(1)肩幅から少し広めに脚を開きます
(2)つま先を気持ち外側に向けます。11時の方向を意識すると◎
(3)胸を張って背筋をピンと伸ばします。このとき、目線は遠くを見ましょう
(4)両腕を地面と平行になるようにまっすぐ伸ばします。きつい場合は腰に手を当てましょう
(5)ひざを少し曲げた状態で、スクワット開始
(6)おなかに力を入れて凹ませます
(7)お尻を後ろに突き出して、椅子に座るように、息を吐きながらゆっくりと腰をおろしていきます
(8)ひざが90度になるまで曲げましょう
(9)息を吸いながら元の位置に戻ります。ひざは伸ばしきらず、おなかとお尻の力を抜かないように

スクワットで重要なのは、重心をかかとに置くこと。ひざがつま先より前に出ないように注意して行ってくださいね!

初心者の人は、回数よりも正しいフォームを意識して行いましょう。連続でしなくても大丈夫。慣れないうちは1日合計10回、慣れてきたら1日30回~40回と増やしながら取り組んでみてください♡

太もも痩せにおすすめのエクササイズ2. 自転車


太ももに脂肪が多い人は、有酸素運動である「自転車」もおすすめです。競輪選手は太ももがパンパンだから、自転車を漕ぐと脚が太くならないか心配……というあなた。一般的な生活で漕ぐ程度では、太ももが太くなるほど筋肉がつくことはないので安心してくださいね♡

自転車の漕ぎ方のポイント


太もも痩せするために自転車を漕ぐには、サドルの位置と漕ぎ方が重要です。

まず、サドルを正しい高さに合わせましょう。つま先立ちになる程度の高さにすることで、体全体の筋肉を使えるようになります。漕ぐときに親指のつけ根で押すように漕げる高さがベストです!

また、漕ぐときはふくらはぎから下に力をいれるのではなく、脚全体で漕ぎましょう。1秒に1回転が目安。少し負荷を感じる程度のギアで、回転数を意識しながら漕ぎましょう。

太もも痩せにおすすめのエクササイズ
3. ライイング・ヒップアダクション


内ももの筋肉を鍛えるには「ライイング・ヒップアダクション」がおすすめです。聞き慣れない名前ですが、太ももの間の隙間を作るためには欠かせないエクササイズ。さっそくやり方をチェックしていきましょう!

ライイング・ヒップアダクションのやり方


憧れの太ももを手に入れる♡ おすすめのエクササイズ・ストレッチ完全版の5枚目の画像

(1)ひじで上半身を支えるようにして床に横向きになります
(2)上にある脚のひざを立てて、下側にある脚の前に出します
(3)下側にある脚をひざを伸ばしたままゆっくりと上に持ち上げて、ゆっくりと下げます

この動きを片側10回ずつ、1日3セットを目安に行いましょう!

ポイントは「ゆっくりと上げること」。反動をつけて行うと、内ももの筋肉ではない部分の筋肉がついてしまいます。内ももの筋肉を鍛えるには、内転筋を使うことを意識してトレーニングしてくださいね♡
1
2
3
4
5
6

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡