WHOMEE(フーミー)の新作コスメで秋の色っぽモテメイクに挑戦♡

街に出ると、ファッションブランドは秋の新作目白押し♡ お洋服が秋物になると、次に気になるのはやっぱりメイクですよね! 

こっくりカラーのリップやカーキを取り入れたメイクなど、秋ならではのカラーが新鮮で思わずワクワクしちゃう♡


そこで今回は、なぎちゃんこと渋谷凪咲ちゃんと一緒に、秋におすすめの色っぽモテメイクをご紹介します! 

少し色っぽいかも♡ ピンクがポイントのWHOMEE秋メイク!


今回主に使用するのは、ヘア&メイクアップアーティスト・イガリシノブさんプロデュースのコスメブランド「WHOMEE(フーミー)」から、9月22日(土)より発売される新作コスメ♡ 


いつもよりちょっと大人びた落ち着いた雰囲気になる秋メイク。WHOMEEの秋コスメを使えば、より女の子らしさを忘れないピンクメイクに挑戦できます♡ 

大人気コスメを使った秋メイクで、ファッションだけでなくメイクもしっかりアップデートしましょ!

ポイント1. アイブロウ


上:「アイブロウパウダー  +red brown」 1800円下:「アイブロウブラシ 熊野筆」 1800円
上:「アイブロウパウダー +red brown」 1800円
下:「アイブロウブラシ 熊野筆」 1800円

(1)「アイブロウブラシ 熊野筆」を使って、「アイブロウパウダー +red brown」の真ん中の色をポンポンと眉毛にのせて整えます


髪色に合わせて、色味を混ぜて使ってもOK! アイブロウは少し濃いめにするのが秋っぽい♡
 
(2)眉の形が整ったら、一番右のニュアンスカラーをチップを使って眉毛の下にオン! 


ここにつけることによって、色っぽく眉毛に立体感が出ます♡

ここがおすすめ!


「nice to meet, eyebrow!」が新商品のコンセプトなだけあって、特におすすめのアイテムはアイブロウ! トレンドのナチュラル眉をしっかり作れて、さらにワンポイントで使えるニュアンスカラー(一番右)が入ったパレットは、今年の秋マストで持っていたいアイテム♡ 

2色展開で、メイク初心者さんは“α dark brown”を、大人キレイに仕上げたい方は“+red brown”がおすすめです!

ポイント2. アイメイク


アイメイクのポイントは“アイライン”! まぶた全体にブラウンのアイシャドウを塗ったら、シルバーのラメが入ったピンクのアイラインで下まぶたの真ん中くらいまでラインを引きます。


ピンクブラウンのラインでさらに女の子らしく、ふんわりとしたまま目の印象を強くできます♡

「マルチライナー」 1500円上:oomhy(ピンク)/下:deeper(キラキラピンク)
「マルチライナー」 1500円
上:oomhy(ピンク)/下:deeper(キラキラピンク)


ポイント3. シェーディング


おでこの生え際やもみあげ、フェイスラインにシェーディングを入れます。キワまでしっかり影を作ることでさらに小顔効果が狙えます!


WHOMEEのシェーディングは、髪の分け目(後頭部)を隠すのに使うことも◎。女の子の小さな悩みにもしっかり寄り添ったアイテムなのです!

「ちっちゃ顔シャドウ」 1800円
「ちっちゃ顔シャドウ」 1800円

シェーディングに描かれたロゴもかわいいですよね♡

ポイント4. リップ


「ダブルリップライナー」 1500円
「ダブルリップライナー」 1500円

(1)「ダブルリップライナー」で唇全体をしっかり塗りつぶします


事前にリップクリームをつけておくと、より潤い感が増しますよ!

(2)肌色カラーを口角に入れます。こうすることで、ふっくらと立体感がUPし、くすみもカバーしてくれるんです!



メイクをより秋っぽくするコツ!


メイクが秋っぽくなるポイントは「自然の色を使うこと」。紅葉した葉っぱの色や落ち葉の色、グリーンの中でも深いグリーンなど、自然の色と同じ色を使うことで、街になじみやすくおしゃれな印象に♡

WHOMEEのコスメだけでなく、普段使っているコスメの中から秋メイクに使うものを選ぶときにも、このポイントを参考にしてみてね! 


そして質感は、夏と変わってしっとりマットな気分へ……。色が重くなるので、ツヤを抑えて全体のトーンを合わせるのが秋メイクのポイントです♡ 夏の軽い質感から重ための印象にチェンジすると、メイクもファッションも統一感が出て一気に秋っぽくなります!
1
2

EDITOR

渋谷凪咲
大阪府出身。NMB48所属。身長162cm。趣味はお笑い

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきメイク・美容記事5選♡

新着記事