美尻の秘訣は生活習慣にアリ! 簡単ストレッチで引き締まったお尻をゲット♡

みなさんが思う、理想の美尻とはどんなお尻ですか? 「キュッと締まったお尻」「形がいいお尻」「程よく大きさを保ったお尻」いろいろあると思います♡


今回は、そんな理想の美尻を目指すべく、普段の生活習慣が美尻にどう関係しているのか、そして効果的なトレーニングの方法まで詳しく解説していきます! この記事を読んで、美尻の法則をマスターしちゃってくださいね♡

美尻を手に入れたい! 理想のお尻とは?


理想のお尻1. 小嶋陽菜ちゃん


理想のお尻代表といえば、やはりこじはること小嶋陽菜ちゃんのお尻ですよね♡ ふわふわの白い肌に加えて上向きの引き締まったお尻は、多くの女性が憧れているのではないでしょうか?



理想のお尻2. 最上もがちゃん


最上もがちゃんのお尻は、小ぶりながらもキュッとしたかわいいお尻! 美尻代表と言えるもがちゃんのお尻は、まさに理想の形と言えますよね♡ 細身ながらも、どうそのお尻をキープしているのか気になるところです。



理想のお尻3. 岡部友さん


美尻トレーニングを編み出した先駆者と知っても過言ではない、岡部友さん! まるで絵に描いたような美しい美尻の持ち主です。その日本人離れしたメリハリボディは、憧れちゃいますよね♡



美尻への道! 日本人特有のお尻とは?


憧れるのはプリントしたハート形のお尻。ですが、日本人は欧米人のようなハート形の美尻の人は少ないといいます。その理由は、日本人の骨格や筋肉の発達が欧米人とは異なるという点にあります。

それでは、日本人にはどのようなお尻の人が多いのでしょうか?  日本人特有のお尻についてご紹介します!

美尻への道! 日本人特集のお尻1. 垂れ尻


日本人にかなり多いたれ尻。お尻が下の方に垂れてしまうのが特徴で、日本人の多くがたれ尻にあたります。その理由としては、和式便所から様式便所になったり、床に座る生活から椅子に座る生活にシフトされていった結果、お尻の筋肉が使われなくなったことが原因とされています。

また日本人の歩き方は、太ももの筋肉である大腿四頭筋と、ふくらはぎの筋肉である下腿三頭筋を使い、前かがみで膝を曲げた体勢で歩く人が多く、この歩き方もお尻の筋肉を使わない歩き方なので、お尻の筋肉が発達せずにお尻が垂れてしまうのです。

この歩き方は、日本人の筋肉、骨格の作りから言わせると比較的ラクな歩き方になるので、無意識にこの歩き方をしてしまい、結果としてたれお尻を作ってしまう人が多いのだとか!


美尻への道! 日本人特集のお尻2. 平らなお尻



別名、扁平尻なんていわれる平らなお尻。痩せて見えるのですが、その分貧相に見られがちです。

日本人の体はかかとに重心をかける人が多く、その結果、骨盤が前に起き上がってしまい、お尻が平らになってしまいます。また、この姿勢でストお尻の筋肉が発達しにくいため、プリンとしたお尻になりにくく、結果として平らになってしまうのです。

美尻への道! 日本人特集のお尻3. しまりのないお尻


骨盤が開いた状態のお尻のことをいいます。O脚や内股の人に多く見受けられ、下半身が太く見えてしまうタイプです。また、出産後にお尻が大きくなったと感じる人もいますが、これも骨盤が開いたことや妊娠、出産によってお尻の筋肉が少なくなってしまうために起こることで、このしまりのないお尻に当てはまるのです。


美尻をゲットするには、日頃の生活習慣から気をつけて! お尻がたるむ原因


お尻がたるむ原因は日常生活の中に潜んでいます。ここでは、お尻がたるんでしまう原因についてご紹介します。



美尻への道! お尻がたるむ原因1. 歩く歩幅がせまい


歩く幅が狭い人は、お尻がたるみやすくなります。歩幅が狭くなる原因としては、太ももの前面の張りが関係しています。本来歩くときには、お尻にある筋肉を使って脚を前に出したり後ろに下げたりするのですが、この太ももの全面が発達して張ってしまうと、歩行の際にここの筋肉を重点的につかって歩いてしまいます。
1
2
3
4
5
5

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡