バランスボールはスタイルアップに効果抜群♡ おうちでできる簡単エクササイズ

自分のニーズに合った運動やストレッチができるということも、バランスボールのメリットです♡


バランスボールの利点3. 自分のサイズに合ったものが選べる


バランスボールにはさまざまなサイズ展開があり、具体的にどんなところをスタイルアップしたいかによってボールの大きさも変化します。

また、バランボールは大きいものというイメージがありがちですが、実は片手サイズのバランスボールもあるんです! 「一人暮らしで、お家があまり広くない」という方も安心して、バランボールを取り入れることができますよ♡


バランスボールを使用する際の注意点


実際にバランスボール使用する上で、知っておきたい注意点をまとめてみました!

お家でやるからといって、油断は禁物! 正しい使い方をしなければ、ケガの元にもなりかねません。楽しく安全に使用するためにも、これからピックアップすることに注意して取り組みましょう♪



バランスボールの注意点1. 空気が入りすぎていないか・空気が抜けていないか


バランスボールを購入したら、まずはきちんと空気が入っているかを確認しましょう!

空気の入り方次第で、体にかかる負荷が違ってくるのをご存じですか? 空気がたくさん入っているバランスボールは、表面がピンと貼っているのでボールがコロンと転がりやすい状態です。バランスをうまく取らないと、しっかり固定できません。

逆に、空気が少しゆるいとボールを体重で固定しやすい状態なので、体にかかる負荷が少なくなります。

この原理から、バランスボールが初心者さんには、空気がゆるめの状態からスタートすることがよいといえるでしょう。

逆に上級者の方には、空気がピンと張った状態のものをおすすめします。決して無理はせず、自分が心地よくトレーニングできる状態が望ましいですよ!


バランスボールの注意点2. まわりにとがったものが落ちていないか


バランスボールを使用する際は、まわりにとがったものが落ちていないか事前に確認をしてから始めましょう!

ピン留めや安全ピンなどが落ちていると、バランスボールを傷つけてしまう恐れがあります。また、運動中に足で踏んでしまう危険性も十分にあります。

必ず、エクササイズする前にお部屋全体を確認してから始めるようにしましょう♪




バランスボールの注意点3. エクササイズをする十分なスペースはあるかどうか


エクササイズをする際は、手を伸ばしたり、脚を伸ばしたりなど体の動きが大きくなります。その際に手が当たってしまう場所はありませんか?

棚や机など、エクササイズの妨げになるようなものはなるべく近くに置かないようにすることをおすすめします。ケガや事故の原因になりかねませんよ……!


バランスボール基本編 座り方


バランボールを使う上で、正しい座り方をマスターすることの大切さはもうわかりましたよね♡

間違った座り方をしてしまうと、腰痛を悪化させてしまったり体の歪みの原因になってしまいます。ここで改めて、正しいバランスボールの座り方をレクチャーしていきます!



まずはバランスボールに座れるようになること! 正しい座り方とは?


正しくバランスボールの上に座るには、まずは姿勢を正すことがポイント! 自分の胴体が床と垂直になるようなイメージで、腹筋に力を入れてバランスを取るようにしましょう♡

インナーマッスルを鍛えるようなイメージです。最初は慣れないかもしれませんが、練習するうちに無意識にバランスを取れるようになってくるはずです!

バランボールの正しい座り方


(1)脚を肩幅の開きます
脚を肩幅に開き、肩の力を抜きリラックスして脱力します。

(2)姿勢を正す
頭をひもで釣られているようなイメージで背筋を伸ばします。このとき、腹筋に力を入れてください。
1
2
3
4
5
7

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡