キュートな姿にきゅん♡ 「くまのプーさん」をディズニーが初の実写映画化!

「くまのプーさん」と言えば、誰もがその愛らしいビジュアルを思い浮かべることのできる世界的大人気キャラクター。小さい頃にプーさんのぬいぐるみを持っていた、なんて方もいるのでは?

そんな世代を超えて愛される「くまのプーさん」がついに初の実写映画化。『美女と野獣』をはじめ、これまで数々の名作を世に送り続けてきたディズニーが手がけています。
一体どんなストーリーなのか気になりますよね!

映画『プーと大人になった僕』のストーリー


2018 Disney Enterprises, Inc.
2018 Disney Enterprises, Inc.

主人公、少年クリストファー・ロビンは、かつて“100エーカーの森”に住む親友のくまのプーや仲間たちと仲良く暮らしていた。しかし今、大人になったクリストファー・ロビン(ユアン・マクレガー)は、妻のイヴリンと娘のマデリンと共にロンドンで暮らし、 仕事中心の忙しい毎日。

ある日彼は、家族と実家で過ごすはずだった週末にある仕事を任されてしまう。会社と家族の間で悩んでいるところに、彼の前にかつての親友プーが現れる。プーは親友だったロビンに助けを求めに100エーカーの森からやって来たのだった。ロビンはプーと一緒に森に向かうと、そこには感動の出会いと思いもよらぬ出来事が待っていた……。

「くまのプーさん」には90年以上の歴史が……!


2018 Disney Enterprises, Inc.
2018 Disney Enterprises, Inc.

そもそも、クリストファー・ロビンとプーさんの両キャラクターが初めてこの世に出たのは、1924年に発表されたイギリスの作家A.A.ミルンの詩集から。

その後、ミルンさんが息子のクリストファー・ロビンのために書いた短編集「クマのプーさん」が1926年に出版され、今もなお、最も人気の高い児童書のひとつとされています。

そして、ウォルト・ディズニーによって短編アニメーション映画化されたのが1966年。そこから長い年月を経て実写映画化となったのです。
実写になっても、プーさんのかわいさはそのままに、実写ならではの動きにも目が離せません♡

楽しいキャラクターと感動のストーリー


2018 Disney Enterprises, Inc.
2018 Disney Enterprises, Inc.

くまのプーさんと、大人になった親友クリストファー・ロビンの奇跡の再会から始まる感動のストーリー。もちろんプーさんだけでなく、ファンなら見逃せないピグレット、イーヨー、カンガ、ルー、ラビットなど仲間たちも登場します♡

彼らの繰り広げる冒険ストーリーやユーモアにも注目! そして見どころは、彼らのキュートな姿だけでなく、大人になった私たちに大切なことを教えてくれること。
例えば、プーさんは「みんな不可能なことは<なにもない>っていうけど、僕は毎日<なにもしない>をやっているよ」と、まるで達観した僧侶のようなコメントをあのキュートな顔でクリストファー・ロビンに伝えるのです。

親友プーさんから、本当に大切なことを教えてもらうクリストファー・ロビン、彼が見つけたものは一体何だったのか。大人になって忘れかけていた“大切なモノ”を思い出させてくれる本作、ぜひ映画館で見届けてみて♡
(ミカマイコ)

映画『プーと大人になった僕』9月14日(金)より全国ロードショー
1

EDITOR

ミカマイコ
主に女性誌で、美容・グルメ・旅行・ファッション・ブライダル等、幅広く担当。趣味はスパ巡り。バリ島やタイ、フランスやLAのスパもお気に入り

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡

新着記事