仲良し対談♡ 中条あやみ×佐野勇斗が語る恋。映画『3D彼女 リアルガール』

学校一の超絶美少女とオタク男子との格差恋愛を描いた純愛コメディ、映画『3D彼女 リアルガール』が9月14日より公開となります。

共通点は皆無と思われた二人が徐々に距離を縮め、いつしかお互いにとってかけがえのない存在へと変化していく様子を、中条あやみさん、佐野勇斗さんの二人が息の合った演技で見せてくれます。爆笑必至の場面が次々と繰り広げられる前半から、涙を流すことなく観ることが困難な感動の後半まで、観る人の感情を揺さぶりまくりの作品です。


ローリエプレス編集部では、美少女・五十嵐色葉役の中条あやみさんと、オタク男子・つっつんこと筒井光役の佐野勇斗さんにインタビュー。お互いをあだ名で呼び合うほど仲良くなったという二人だからこそできる掛け合いで、作品の魅力や、それぞれの恋愛観などを語ってもらいました♡

役と性格が似ていて、演技というより普段の延長で作品を作っていたような感覚




今作で初共演を果たした中条さんと佐野さん。今では“やっぴー(佐野さん)”“ポーちゃん(中条さん)”とお互いをあだ名で呼び合うほど仲良くなりましたが、共演すると聞いたときは共に仲良くなれないと思っていたそう。でも、佐野さんのある“秘策”で、急速に距離が縮まったのだとか。

中条「これまで一度も会ったこともなくて、本読みのときに初めて会ったんですけど、そしたらいきなり……(笑)」

佐野「パッと言ってよ(笑)。パッと言ってくれないと恥ずかしいじゃん!」

中条「わかった(笑)。いきなり英語で大声で話しかけてきて。私が人見知りで、みんなとすぐに打ち解けられるかわからないって言っていたのを監督から聞いていたみたいで。それで恋人役っていうこともあって距離を縮めないとって思って言ってくれたらしいんですけど……ドン引きしたというか(笑)」

佐野「あははは(笑)」

中条「でもその瞬間、この人は合うなって思いました」

佐野「ホントに?(笑)」

中条「ホント、ホント! 大胆というか、雑というか、私もこのノリだなって(笑)。自分と似ている感じがして、これならやって行けそうって安心しました」

佐野「共演が中条さんって聞いたときは、キレイだし、モデルさんもやっているし、それで人見知りっていうし、“もう絶対に仲良くなれない、終わった~”って思ったんですよ。だから僕としては嫌われてもいいやっていう覚悟で言いました(笑)」

中条「でも、ホントの一言目ですよ」

佐野「部屋に入ってきてすぐだったよね。確かにあれはヤバイ奴だよね(笑)。自分でもよくやったなって思う。賭けですよね。仲良くなれるか、めっちゃ嫌われるか。でも僕もそのことがあってから、仲良くなれそうだなって思いました」


(C)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社

(C)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社

佐野さんの作戦が成功したこともあって、スムーズに現場に入れたというお二人。演じた色葉、つっつんが普段の自分と近かったこともあって、演じやすいキャラクターだったと言います。

中条「お互いに役と性格が似ていて、演技というより普段の延長で作品を作っていたような感覚が強いです。佐野くんはつっつんを演じているとき、すごく生き生きとしていて。監督に自ら面白い動きを提案したり、頼もしいなって思っていました。その反面、後半のシリアスなシーンでは躓くこともあって。そのときは私が“いいよ、それで”って声をかけたりもしました」

佐野「(中条さんは)姉さんって感じでしたね。そのときの自分はヘタレでした(笑)。でも全体を通してはすごく演じやすかったです。他の作品だとここの感じはわからないから無理して自分を作らないとっていうこともあるんですけど、今回はそれが限りなく少なかったです」


“佐野くんってアーティストだよね、大丈夫なの?”って

1
2
3
4

EDITOR

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡

新着記事