仲良し対談♡ 中条あやみ×佐野勇斗が語る恋。映画『3D彼女 リアルガール』

学校一の超絶美少女とオタク男子との格差恋愛を描いた純愛コメディ、映画『3D彼女 リアルガール』が9月14日より公開となります。

共通点は皆無と思われた二人が徐々に距離を縮め、いつしかお互いにとってかけがえのない存在へと変化していく様子を、中条あやみさん、佐野勇斗さんの二人が息の合った演技で見せてくれます。爆笑必至の場面が次々と繰り広げられる前半から、涙を流すことなく観ることが困難な感動の後半まで、観る人の感情を揺さぶりまくりの作品です。


ローリエプレス編集部では、美少女・五十嵐色葉役の中条あやみさんと、オタク男子・つっつんこと筒井光役の佐野勇斗さんにインタビュー。お互いをあだ名で呼び合うほど仲良くなったという二人だからこそできる掛け合いで、作品の魅力や、それぞれの恋愛観などを語ってもらいました♡

役と性格が似ていて、演技というより普段の延長で作品を作っていたような感覚




今作で初共演を果たした中条さんと佐野さん。今では“やっぴー(佐野さん)”“ポーちゃん(中条さん)”とお互いをあだ名で呼び合うほど仲良くなりましたが、共演すると聞いたときは共に仲良くなれないと思っていたそう。でも、佐野さんのある“秘策”で、急速に距離が縮まったのだとか。

中条「これまで一度も会ったこともなくて、本読みのときに初めて会ったんですけど、そしたらいきなり……(笑)」

佐野「パッと言ってよ(笑)。パッと言ってくれないと恥ずかしいじゃん!」

中条「わかった(笑)。いきなり英語で大声で話しかけてきて。私が人見知りで、みんなとすぐに打ち解けられるかわからないって言っていたのを監督から聞いていたみたいで。それで恋人役っていうこともあって距離を縮めないとって思って言ってくれたらしいんですけど……ドン引きしたというか(笑)」

佐野「あははは(笑)」

中条「でもその瞬間、この人は合うなって思いました」

佐野「ホントに?(笑)」

中条「ホント、ホント! 大胆というか、雑というか、私もこのノリだなって(笑)。自分と似ている感じがして、これならやって行けそうって安心しました」

佐野「共演が中条さんって聞いたときは、キレイだし、モデルさんもやっているし、それで人見知りっていうし、“もう絶対に仲良くなれない、終わった~”って思ったんですよ。だから僕としては嫌われてもいいやっていう覚悟で言いました(笑)」

中条「でも、ホントの一言目ですよ」

佐野「部屋に入ってきてすぐだったよね。確かにあれはヤバイ奴だよね(笑)。自分でもよくやったなって思う。賭けですよね。仲良くなれるか、めっちゃ嫌われるか。でも僕もそのことがあってから、仲良くなれそうだなって思いました」


(C)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社

(C)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社

佐野さんの作戦が成功したこともあって、スムーズに現場に入れたというお二人。演じた色葉、つっつんが普段の自分と近かったこともあって、演じやすいキャラクターだったと言います。

中条「お互いに役と性格が似ていて、演技というより普段の延長で作品を作っていたような感覚が強いです。佐野くんはつっつんを演じているとき、すごく生き生きとしていて。監督に自ら面白い動きを提案したり、頼もしいなって思っていました。その反面、後半のシリアスなシーンでは躓くこともあって。そのときは私が“いいよ、それで”って声をかけたりもしました」

佐野「(中条さんは)姉さんって感じでしたね。そのときの自分はヘタレでした(笑)。でも全体を通してはすごく演じやすかったです。他の作品だとここの感じはわからないから無理して自分を作らないとっていうこともあるんですけど、今回はそれが限りなく少なかったです」


“佐野くんってアーティストだよね、大丈夫なの?”って




前半は二人の恋愛模様が面白おかしく表現されていて、声を上げて笑ってしまうシーンが満載ですが、後半になると一気に切なさが増して、涙が止まらなくなります。緩急のあるストーリーを演じた二人が、それぞれ印象に残っている場面について話してくれました。

中条「二人が再会するシーンは物語としても重要なシーンだったんですけど、(佐野さんが)もうリハーサルの時から号泣していて(笑)。設定では泣くシーンではなかったので、監督からも“泣くな”って言われてるんだけど」

佐野「本当はそこでは耐えて、あとから泣いてしまうっていう設定だったんですけど、もうポーちゃんが泣かしに来るんですよ。めっちゃいい表情をするから、これは無理って、泣いてしまいました(苦笑)」

中条「そこで泣いてしまうのは、色葉としては何でだろう?ってなるところではあるんですけど、それでも泣いてしまっているのが逆にグッと来て。すごく好きなシーンですね」

佐野「僕もそのシーンが一番好きなんですけど、他に挙げるとしたら、色葉がプールでヤキモチを焼いてるシーン。めっちゃかわいいな~って。青春っていう感じがします」


(C)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社

(C)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社

――観ていて笑いが止まらなかったのですが、現場でつい笑ってしまったというシーンはありますか?

中条「(佐野さんの)顔が……(笑)。鼻を膨らませて真剣に怒鳴って来たり。あと、色葉から告白されて、混乱して教室を飛び出してしまうときの動きとか。あそこはみんなでモニターを見ながら笑ってました。“佐野くんってアーティストだよね、大丈夫なの?”って」

佐野「そんなこと言われてたんだ(笑)。僕が笑ってしまったのは、(清水)尋也くん演じるミツヤの顔がパンパンに腫れちゃったシーン。勝手に動きまくるから(笑)」

中条「あそこは全部(清水さんの)アドリブなんですよ。ただでさえ顔が面白いのに、どんどんアドリブを入れて来るから」

佐野「僕はカメラ位置的に顔が映らないから多少笑っていても大丈夫だったんですけど、ポーちゃんは僕の顔を見ているシーンだから、僕のせいで笑ってしまって」

中条「5回以上やりました。で、私が怒られるから笑わないで!って」

佐野「僕がポーちゃんから怒られました(笑)」


自分にない一面を持っている人に惹かれるのはわかる




全く接点がないと思われていた二人が恋に落ちるという展開の今作。中条さん、佐野さんがもしこの設定になったとしたら?

佐野「僕は自分にない一面を持っている人に惹かれるのでわかりますね。例えば、すごく優柔不断ってわけでもないですけど、自分が迷ってるときに“こっちの方がいいじゃん!”って言ってくれる人とか」

中条「私も自分が不器用なので器用な人に惹かれたり。あと男っぽいので、逆に女性的なセンスがある人が気になったりします。(佐野に向かって)自分より背が高い人は?」

佐野「えっ! 俺より高いってなったら180cm超えとかだよ。俺、日本人の平均と比べたら高いよ。じゃあ、逆に自分より低い人は?」

中条「大丈夫。例えば外国の方とかは?」

佐野「あっ、外国の方はいいよね(笑)」

中条「それはいいんかい!(笑)」


(C)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社

(C)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社

――では、相手に対して秘密を持つことはどうですか?

中条「みんな何かしら秘密ってあると思います。自分がされて嫌な秘密はダメだけど、過去の失敗とかを恥ずかしいから黙っているとか」

――色葉がつっつんに言い出せなかった秘密のようなものは?

佐野「それはイヤじゃないですか? 言って欲しい。でも自分が色葉の立場だったら言えるかな? 言えないっていうのもわかるかも。言ったら相手も傷つけてしまうかもって思ったら」

中条「でも一人で耐えるのも寂しいな。難しいな~」

佐野「僕はあんまり隠し事はしたくないので……やっぱり言うかな」

中条「でもそのことを考えながら過ごすのもイヤじゃない? 相手も気を使うし、本当の感情じゃなくなるかも知れないし。出会ったものは出会ったし、好きになっちゃったものは好きになっちゃったから、そういう運命として受け入れちゃうかも」

佐野「やっぱり難しいね」


人付き合いのポイントは、知らない人でもその人を大好きだってイメージすること




今作ではハロウィンパーティーのシーンがひとつの見どころとなっています。そこでお二人のハロウィンの思い出を聞いちゃいました♡

佐野「ちょうど世の中的にハロウィンが流行り始めた頃に高校生だったんですけど、正直、一年に二回あるお菓子を配るイベントの内の一つぐらいの感覚で(苦笑)。もう一個はバレンタインです。だからコスプレとかもしたことがなくて、今回の映画で初めてやらせてもらいました。ただコスプレすると誰かわからなくなるじゃないですか。ありがたいことに最近は渋谷とかを歩いていると気づいていただけることが多くなったので、今年はなにかやってみてもいいかなって思います(笑)」

中条「高校生の頃、私服でもいい学校だったので、ハロウィンの日は仮装して学校に来ている人もいました。私も血のりをつけて授業を受けたりしてました(笑)。赤ずきんちゃんをやったことはあります。校内を歩いていてすれ違った人から“トリック・オア・トリート”って言われたらお菓子をあげたりしました」


――やってみたい仮装はありますか?

中条「セーラームーンとか。あとはゾンビとかもやってみたい」

佐野「バズ・ライトイヤー! で、ポーちゃんにウッディをやってもらいます」

中条「なんでウッディ? やるなら女の子がいい」

佐野「お願い! 一回でいいから(笑)」


(C)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社

(C)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社

とにかくインタビュー中に楽しいやり取りをしてくださるお二人。「テレビの収録があるとドSになる(笑)」(佐野さん)、「意外に太っ腹。(今作のプロモーションで)フランスに行ったとき、お母さんに高いカバンを買ってあげてた」(中条さん)と、お互いの知られざる一面も教えてくれました。そんな二人にこのように初対面の人とでも仲良くなれる秘訣を聞きました。

中条「私は人見知りしがちで、周りからもわりとツンツンしてるとか、クールそうって言われることが多いです。でも作品に入るときとかはすぐに仲良くならないといけないこともあるので、そんなときはまずは全然知らない人でもその人を大好きだってイメージします。その人のことを好きだったら話せるじゃないですか。最初はつい“この人、どんな人なんだろう?”とかいろいろ考えてしまうんですけど、それは考えずに、私はあなたのことが好きだから、私はこういう人ですってさらけ出すことが大事なんじゃないかなって思います」

佐野「すごいなそれ。でも確かにそうだね。相手を好きだって思うのは大事だと思う。あと僕がやるのはあだ名で呼ぶ。初対面の人を名前で呼ぶって恥ずかしかったりするじゃないですか。“あやみ”とは呼びにくいし、かと言って“中条さん”だと距離があるし。だから最初から“ポーちゃん”って呼んでました。あだ名がない人には名付けますし、自分もあだ名で呼ばれると嬉しいです」


(C)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社

――佐野さんはどんなあだ名をつけられるんですか?

佐野「現場でポーちゃんは“やっぴー”って呼んでたよね」

中条「広瀬すずちゃんから佐野くんのことを“どっぴー”って呼んでるって聞いていて。それで私も最初はどっぴーって呼んでたんですけど、私なりのあだ名に変えようっておもって“ハヤト”の“ヤ”をとってやっぴーにしました。なんか(佐野さんに)ハッピー感もあるし(笑)」


今作を振り返り、「素敵な共演者の皆さんに会えたことが宝物になった」(中条さん)、「つっつんから、恐れずに一歩踏み出す勇気をもらいました」(佐野さん)と言うお二人。恋愛だけでなく、友情の大切さや、それぞれのキャラクターたちの成長を描く、思いっきり笑えて、感動できる映画『3D彼女 リアルガール』は9月14日より全国ロードショーです。

読者のみなさまにプレゼント♡


今回ローリエプレスから中条あやみさん、佐野勇斗さんのサイン入りチェキを抽選で1名の方にプレゼント♡

応募方法


1. 下記よりローリエプレスのアプリをDL

ダウンロードはこちら♡


2. レビューを投稿! (Apple StoreもしくはGoogle Playにて)

3. 公式Twitterをフォロー&該当ツイートをRTするだけ♡





上記条件を満たしてくれた方の中からプレゼントします!

※鍵付きアカウントに関しては応募状況の確認ができないため、無効とさせていただきますことを予めご了承ください
※抽選の基準などに関するお問い合わせには一切お答えできかねます
※当選者にはローリエプレス編集部からDMにてご連絡を差し上げます。応募期間終了後もアカウントのフォローをお願いたします
※応募期間:2018年9月13日~2018年9月20日正午まで

みなさまのご応募、お待ちしております♡

作品紹介


(C)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社

『3D彼女 リアルガール』
9月14日(金)より全国ロードショー
出演:中条あやみ、佐野勇斗、清水尋也、恒松祐里、上白石萌歌、ゆうたろう、三浦貴大 / 神田沙也加(声の出演)、濱田マリ、竹内 力

ストーリー


2次元を愛する超絶オタクの高校3年生つっつんこと筒井光(佐野勇斗)は、コミュ障で恋愛経験ゼロの非リア充男子。そんなつっつんは、ある日、ひょんなことから不良、男グセが悪い、女ウケが悪い、いいのは顔だけで性格は最悪……と噂される超絶美少女・五十嵐色葉(中条あやみ)の危機を救い、それがきっかけで色葉から「あたしとつきあって」と告白される。恋愛経験のないつっつんは、それを新手のいじめと疑いながらも交際をスタートさせるが…。
(瀧本幸恵/カメラマン:石井小太郎)

応募期間は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございます!
(2018年9月21日現在)

この記事を書いたライター

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡