くびれがある美ボディの作り方♡ メリハリボディを一週間で手に入れるコツ

くびれがある女性は魅力的ですよね♡ くびれがあるメリハリボディは、女性の憧れでもあります。

そんな理想的な体型を、実は簡単に手に入れられる方法があるんです! 今回は、理想的な「くびれ」の作り方についてレクチャーしていきます♡


理想のくびれ、ウエストサイズとはどのくらい?



「理想のくびれ」といっても、どのくらいが理想なのかわからないもの。実は理想とされるくびれの計算式があるのをご存じですか?

その計算式はこちら!
ウエスト÷ヒップ=0.7

自分のウエストのサイズをヒップサイズで割った答えが0.7に近いほど、理想のプロポーションである! とされています。

ちなみに、マリリンモンローもこの0.7の数字をキープしていたというウワサもあるくらい。実際に自分の数字を理解することから、くびれ作りのスタートです!


くびれがなくなってしまう主な原因は?



「生まれつきくびれがない」……そんな風に思っている方! 実は普段の生活習慣が大きく影響を及ぼしているかもしれません。くびれのあるないは、普段の生活の仕方で左右されてしまうのです。

ここで、くびれがなくなってしまう原因について調べて見ました。当てはまる項目がある方は要注意ですよ!


くびれがなくなってしまう主な原因1. 姿勢が悪い


デスクワークや長時間のスマホ作業で、姿勢が悪くなっていませんか? だんだんと猫背になっているのではないでしょうか。実はこの姿勢の悪さが、くびれをなくす原因になっているのです。

姿勢が悪いと腹筋を使わなくなります。するとお腹、お尻、背中の筋肉が衰え始めてしまうのです。この状態が続くと、結果ぽっこりお腹につながります。

「なんだか最近、お腹が出てきてしまった」……そんな風に感じることはありませんか? 実はそれ、あなたの姿勢の悪さかもしれません。


くびれがなくなってしまう主な原因2. 運動不足



運動不足もくびれをなくす大きな原因です! 運動をしないということは、筋力を使わないということ。つまり、体全体の筋肉が衰え始めてしまうのです。

筋肉全体がゆるみ、もちろんお腹まわりの筋肉も同時に使わなくなるのでくびれを消してしまう大きな原因に……。


くびれがなくなってしまう主な原因3. 骨格の問題


しかし、中には骨盤の形でくびれができにくいという方もいます。

あなたの骨盤はどんな形をしていますか? もし、生まれつきくびれができにくい! という方は、体作りのプロであるパーソナルトレーナーに相談をしてみることをおすすめしますよ♡

骨盤が台形タイプの人は、くびれができやすい



骨盤が下に向かって広がる形をしている台形タイプの方は、くびれができやすいとされています。

台形型の骨盤は、股関節部分が大きく飛び出している形をしています。お風呂に入る前、自分の股関節をチェックしてみてください!


骨盤が四角形タイプの人は、くびれができにくい


骨盤の形が四角形になっている方は、生まれつきくびれができにくいとされています。

骨盤から股関節にかけてすべて同じ幅になっている、飛び出しているところがないという方は、四角形タイプです。


くびれを作るために鍛えたい部分とは?



では、実際にくびれを作るためには、体のどの部分を鍛えればいいのでしょうか? 

腹筋を鍛えましょう! と一概にいってもお腹にはさまざまな筋肉あります。お腹のどの部分を鍛えるかによって結果が違ってくるので、筋肉構造を正しく理解し効率よくくびれ作りをしましょう!

くびれを作る上で鍛えておきたい筋肉は、大きく分けて3つあります。

くびれを作る筋肉1. 外腹斜筋



外腹斜筋とは、あばら骨から足の付け根、骨盤の下あたりまでの筋肉です。お腹のくびれを作る重要な部分になってきます。
1
2
3
4
5
5

EDITOR

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきメイク・美容記事5選♡

新着記事