クレンジングは美肌作りへの第一歩♡ 肌悩み別クレンジング診断!

毎日のクレンジング、きちんとできていますか? 健やかな美肌作りのためにも、クレンジグはとっても重要です!

今回は、そんなクレンジングに注目していきます。あなたの肌悩みに合わせて、よりよいクレンジングをセレクトしていきましょう♡

クレンジングはどう選べばいいの?



クレンジングといっても、さまざまな洗顔料の種類があります。あなたはその特徴や性質をきちんと理解していますか? 

美肌をキープするためにも、洗顔料の特徴について理解を深めていきましょう♡

クレンジング選び1. クレンジングオイル


クレンジングオイルの主な成分はオイルでできています。洗浄力が高く、しつこいメイク汚れも一掃します。

しかし、その一方で肌に負担がかかっている……という意見も。というのも、クレンジングオイルには界面活性剤が含まれています。この界面活性剤が肌に大きな負担を与えているのです。



界面活性剤とは……?


交わることのない水と油の成分を溶け合うような状態を作り出す物質です。多くの石鹸や乳液などに含まれています。

この界面活性剤は非常に洗浄力が強く、肌に必要な油分まで落としてしまう可能性があることから、肌に悪いというイメージを持っている方が多い傾向にあります。

しかし、使い方を間違えなければ、クレンジングオイルは非常に優秀なのです。

クレンジング選び2. クレンジングミルク


クレンジングミルクは、乳白色をしたとろみのあるテクスチャーが特徴です。お肌にやさしく、保湿力の高いものが多いので、敏感肌の方でも安心して使用することができます。



またその一方で、クレンジングミルクはお肌への負担をほとんどかけないように作られているため、落としにくいとされる濃いメイクにはあまり向いていないかもしれません。
アイラインやマスカラ、リップなどの濃いメイクは、ポイントリムーバーなどを併用することをおすすめします。

クレンジング選び3. クレンジングジェル


クレンジングジェルは、ゲル状のテクスチャーです。肌なじみがよく、洗浄力が高いのが特徴。ジェル状のテクスチャーは、肌の上でクルクルしたとき肌への摩擦が少なくすみます。



そして、ジェルクレンジングは水性と油性の主に2種類あります。水性のクレンジングジェルは、肌にやさしく保湿力も高いですが、油性のジェルと比べると洗浄力が少し衰えます。その一方で、油性のクレンジングジェルは肌への負荷が少々かかりますが、洗浄力が高いのが特徴です。

クレンジング選び4. クレンジングクリーム


こってりとしたクリーム状のクレンジングは、とにかく保湿力が高く肌への負担もほとんどありません。また、柔らかいクリーム状なので取り扱いもしやすく、細部のメイク汚れまでしっかりと洗浄します。



しかしその保湿力の高さは、オイリー肌の方にとっては毛穴詰まりの原因になる可能性も……。ご自身の肌質をしっかり理解した上で、クレンジングクリームを使用しましょう!

クレンジング選び5. クレンジングローション


さらりとしたテクスチャーが特徴のクレンジングローションは、コットンを使いメイクを落とします。



コットンにローションを染み込ませ、拭き取るタイプのものがほとんど。あまりクレンジングに時間をかけられない! という方でも、短時間でオフすることができます。

また、仕上がりもさっぱりとなめらか。オイリー肌の方にもおすすめなクレンジング剤です。


お悩み別 おすすめのクレンジング


さまざまなクレンジングの種類があることがよくわかりました。
クレンジングのテクスチャーによって特徴もさまざま。よりよい美肌作りのためには、自分の肌に合ったクレンジングをセレクトすることが大切です!
1
2
3
4

EDITOR

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきメイク・美容記事5選♡

新着記事