フェイスパウダーの使い方、合ってる? プチプラ・デパコス別におすすめ紹介♡

メイクの仕上げアイテムとして重宝するフェイスパウダー。一口でフェイスパウダーといっても、さまざまな種類があるのをご存じでしょうか? あなたの仕上げたい肌によって、フェイスパウダーの選び方が違ってくるんです!

今回は、そんなフェイスパウダーの魅力について注目していきます♡

フェイスパウダーを使うことで、どんなメリットがあるの?



まず、フェイスパウダーを使用することで得られるメリットとは一体なんでしょうか?

メイクをするときに、「フェイスパウダーを使用しない!」という方も少なくないと思います。しかし、一度フェイスパウダーの使い勝手のよさに気づいてしまったら、もうなかなか手放せない! という方も……! 

フェイスパウダーを使うことの利点についてフォーカスしてみました♡

フェイスパウダーを使うメリット1. 仕上がりがナチュラルになる


フェイスパウダーの一番の利点は、メイクの仕上がりをよりよくしてくれることです。サラサラの肌に仕上げたいという方には、フェイスパウダーがとってもおすすめです。

また「肌に負担をかけずに過ごしたい」そんな方にもおすすめ! フェイスパウダーは薄づきで厚塗り感が出ません。ファンデーションのように毛穴に入り込まず、肌をいたわりながら自然な美肌へと導きます♡

フェイスパウダーを使うメリット2. メイクが崩れにくくなる



フェイスパウダーを使う順番を知っていますか? ここで一度、お肌のメイクする順番をおさらいしていきましょう♡

お肌をきれいに仕上げるメイクの順番


(1)日焼け止め・化粧下地
洗顔をすませ、化粧水や乳液で肌をしっかり保湿したら、化粧下地を最初に塗ります。化粧下地を日焼け止めとして使うのもOK! より肌の仕上がりをよくしたい方は、日焼け止めの後に化粧下地を塗っていきましょう。

(2)ファンデーション・コンシーラー
下地が完成したら、ファンデーションで肌の色を統一していきます。お肌の気になるところには、コンシーラーを使いましょう! スポンジなどでぼかしながら、肌を仕上げます。

(3)チーク
肌の色を統一したら、チークで血色感をプラスします。



(4)フェイスパウダー
最後の仕上げに、フェイスパウダーをお顔全体にはたきます。このとき、チークを入れた部分をぼかすようなイメージで、パウダー入れるようにしましょう! チークの輪郭をぼかし、中心から滲み出るような感じにすると一気に旬顔に♡

フェイスパウダーは基本、ベースメイクの最後の仕上げとして使うことをおすすめします。最後の仕上げとしてフェイスパウダーを使うのと使わないのでは、仕上がりに大きな差が出ます。

また、ベースメイクやチークの持ちをよくしてくれる効果も……♡ メイクがよれやすい……なんてお悩みをお持ちの方は、ラストの仕上げアイテムとしてフェイスパウダーを取り入れてみてくださいね♪


フェイスパウダーの選び方


フェイスパウダーには、肌悩みに対応したものなどさまざまな種類のものがあります。ここでは、そんなパウダーの種類について解説していきます! あなたのなりたい肌に合わせて、お好みのパウダーをセレクトしてみてくださいね♡

フェイスパウダーの選び方1. ナチュラルに仕上げる「ルースパウダー」


「ナチュラルに仕上げたい」「お肌をやさしくいたわりたい」……そんな方には、ルースパウダーがおすすめです!


ルースパウダーとは、粉状のパウダーのこと。スポンジやブラシで仕上げるタイプです。

仕上がりはナチュラルで“メイクをしています感”があまりないのがメリット。さらに、お肌にもやさしいものが多いため、肌への負荷が少ないのも利点です♡


フェイスパウダーの選び方2. シミや毛穴をカバーする「プレストパウダー」

1
2
3
4
5
5

EDITOR

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきメイク・美容記事5選♡

新着記事