フェイスパウダーの使い方、合ってる? プチプラ・デパコス別におすすめ紹介♡

プレストパウダーのプレストとは、「押し固めた」という意味です。コンパクトの中にファンデーションのように押し固められたタイプにものなので、持ち運びにも便利!


ルースパウダーとの違いは、プレストパウダーの方がカバー力が高いです。そのため、シミや毛穴をしっかりとカバーしたい方にはおすすめです!

しかし、プレストパウダーはムラになりやすいのが欠点。スポンジを使い、丁寧に肌になじませましょう!


フェイスパウダーの選び方3. ツヤ肌を手に入れる「パール入りパウダー」


お肌にツヤ感を出したい方は、パールが配合されたパウダーがおすすめ! 頬骨の一番高いところにブラシなどでぽんぽんとパウダーをはたくだけで、自然なツヤ肌ができあがります♡


しかし、注意して欲しいのが、パール入りのパウダーはお顔全体に塗ってしまうと、のっぺり感が出てしまうこと。ハイライトとして、上手に取り入れることをおすすめします♡


フェイスパウダーの選び方4. よりなめらかな肌へ「反射効果のあるパウダー」


お顔全体をトーンアップし、シワやくすみを飛ばしたい! そんなお悩みの方には、光の反射を利用したパウダーがおすすめ。パウダーの中にパールやラメを調合し、お顔全体をトーンアップしてくれます♡


一塗りでお肌全体に透明感をもたらし、なおかつツヤ肌へと導く優れものです! くすみのない自然でなめらかなお肌を手に入れられるはず♡


色別! フェイスパウダーで得られる印象効果


フェイスパウダーにも、下地同様にさまざまなカラーバリエーションがあります。あなたの肌質やなりたい肌に合わせて、よりよいカラーを選びましょう!

どの色のパウダーを使うかで、メイクの仕上がり方が全く違ってきますよ♡

フェイスパウダー色別効果1. 「透明」肌をサラサラにする


「下地のカラーやファンデーションのカラーを邪魔したくない」「あくまでもパウダーはお肌をサラサラにするために使用したい」……そんな方には、透明のフェイスパウダーがおすすめです!

色みが全く入っていないパウダーなので、下地やファンデーションのカラーを邪魔をせずに仕上げてくれます。


また、透明パウダーを仕上げとして使用するだけで、メイクのキープ力もアップ♡ シーンを選ばず使用できるので、1つあれば重宝するはず!


フェイスパウダー色別効果2. 「オークル」健康的な肌色に仕上げる


日本人の一番メジャーなカラーはオークルです。いわゆる肌色のパウダーは、肌なじみがよく肌本来のカラーをそのままにきれいに仕上げてくれます。


多くの人の肌に合うよう作られているので、どのカラーを選べばいいか分からない初心者さんにもおすすめのカラーです!


フェイスパウダー色別効果3.「ピンク」自然な白肌へ


「美白に仕上げたい!」「オルチャンメイクを目指している」……そんな方には、ピンク色のパウダーがおすすめです♡ 血色感あるピンクのパウダーは、白浮きせずナチュラルな美白へと導きます。


しかし、ここで注意点が1つ。首の色とお顔の色がまったく違ってしまう可能性があります。

鏡で首とお顔を見比べて、首の色と全く違ってしまった! という場合は、首にもパウダーをはたいてあげることをおすすめしますよ♡


フェイスパウダー色別効果4.「パープル」くすみを飛ばす


メイクをしてから時間が経つとお顔がくすんでしまう……そんなお悩みを持っている方もいらっしゃると思います。そんなときのおすすめなのが、パープルのパウダーなんです♡


お顔全体のくすみを一掃し、明るく透明感のあるお肌へと導きます。白浮きが気になる……という方には、ブラシでパウダーをくるくるするとナチュラルな仕上がりになりますよ!
1
2
3
4
5
5

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡