絶対に乾燥させたくない! ベースメイクで気を付けるべきポイント教えます♡

そろそろ乾燥が気になりだす季節。すっぴんの状態で乾燥しているのも気になるけど、メイクしているときの乾燥はもっと気になる! 

かさかさ、パサパサの乾燥肌だと、ファンデーションをのせてもうまくのらず、ひどい時には時間がたつとファンデーションがひび割れしてしまうなんてこともありますよね。
そんなこれからの季節の永遠の課題と言っても過言ではないベースメイクの乾燥を防ぐためのポイントをご紹介します♡

スキンケアでの仕込みが乾燥を防ぐ!


メイク前のスキンケアが丁寧であれば丁寧であるほど時間がたっても乾燥を感じないというのは誰しも実感したことがあるはず。

肌が乾燥してしまう原因は、油分が不足して水分が蒸発してしまうから。なので、水分と油分をバランスよくメイク前に与えてあげることがベースメイクの乾燥を防ぐためにはとっても大切なのです。

スキンケアは丁寧に


絶対に乾燥させたくない! ベースメイクで気を付けるべきポイント教えます♡の3枚目の画像

これからの季節はちょっぴり手間に感じるかもしれませんが、化粧水をたっぷりしみこませたコットンによるコットンパックやフェイスパックなどでの水分補給と、クリームを多めにつけて丁寧な保湿を心がけましょう。

スキンケアの段階で、しっかり水分と油分を与えると、メイク崩れも防ぐことができますよ。

また、目元周辺は乾燥によって崩れやすいパーツなので、指を使って優しく丁寧になじませると崩れを防ぐことができます。

おすすめアイテム


・ミノン アミノモイスト ぷるぷるしっとり肌マスク
肌の潤いに欠かせないアミノ酸がたっぷり含まれたシートパック。これを使用した後の肌は、商品名の通りぷるぷるしっとりに!



・エトヴォス モイスチャライジングローション
肌に潤いを与えるだけでなく、その水分をキープしてくれる成分が配合された化粧水。
丁寧に何度もなじませると、潤いに満ちたもちもち肌に。乾燥によって肌が敏感に傾いてしまう方にもおすすめ!



・キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム
伸びが良くしっとりしたテクスチャーのクリーム。
重すぎないのにしっかり水分を閉じ込め、乾燥による肌トラブルにもアプローチ!



下地・ファンデは衣替えをして


下地とファンデーションは、春夏は皮脂や汗による崩れに強いものを。秋冬はとにかく保湿してくれるものをと、季節によってベースメイクアイテムを使い分けるのがおすすめ♡

お好みの仕上がりがさまざまあると思いますが、秋冬は必ず高保湿のものを選んでくださいね。

ファンデの塗り方のコツ


絶対に乾燥させたくない! ベースメイクで気を付けるべきポイント教えます♡の2枚目の画像

また、塗り方にもコツが! 乾燥によってファンデーションがひび割れしてしまう……なんてことを防ぐために、薄塗りを意識してスポンジで優しく、これでもかとたたきこみましょう。

おすすめアイテム


・ポール & ジョー モイスチャライジング ファンデーションプライマーS
うるおい美容成分を配合し、透明感にあふれ、みずみずしくなめらかな肌を演出する化粧下地です。
みずみずしい潤いを肌に与えてくれるので、ナチュラルなツヤ肌がお好みの方にもおすすめ!



・アディクション ザ スキンケア ファンデーション
10種のうるおい美容エッセンスがスキンケアをしてくれる、美容液仕立ての高保湿ファンデーション。
スキンケアの延長のような感覚で肌と一体化しつややかでなめらかな肌へと仕上がるので、乾燥しがちな秋冬にはぴったり!



パウダーは部分使いが◎


ベースメイクの最後に当たり前のように使うフェイスパウダーですが、本来の役割は「ファンデーションを密着させて余分な皮脂を吸着する」もの。
顔全体にしっかりパウダーをつけてしまうと皮脂を押さえてしまい、乾燥を引き起こしてしまうのです。

絶対に乾燥させたくない! ベースメイクで気を付けるべきポイント教えます♡の4枚目の画像

とはいえ、パウダーをつけないと皮脂がもともと多いパーツは崩れてしまうこともあるので、崩れやすい小鼻やTゾーンにはしっかりつけて、目の下の三角ゾーンや顎、額にはブラシに残ったものをほんの少しのせる程度の部分使いをしてみて。
1
2

この記事を書いたライター

剱持百香
美白命! 365日紫外線対策を欠かせない美容ライター。内面も外見も美しく輝くための美容を日々研究中

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡