岩田剛典×杉咲花 感涙必至のラブストーリー『パーフェクトワールド』♡

EXILE/三代目J Soul Brothersのメンバーで俳優としても活躍する岩田剛典さんと、ことしドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』でのヒロイン役が話題となった杉咲花さんがW主演を務める映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』が10月5日より公開となります。

再会した初恋の人は車イスに乗っていた――大学生のときに遭った事故のせいで車イス生活を送りながらも、幼い頃からの一級建築士になるという夢を叶えた樹(いつき)。そんな樹に高校時代に恋心を抱き、再会して車イス生活となってからも恋してしまうつぐみ。困難を乗り越えながら愛を深めて行く二人を、岩田さん、杉咲さんが演じた感涙必至のラブストーリーとなっています。


ローリエプレス編集部では、今回が初共演ながら息の合った演技を見せた岩田さんと杉咲さんにインタビュー。映画を観ただけではわからない現場での裏話や、お二人のかわいい学生時代の恋愛エピソードなどを語ってもらいました♡

花ちゃんがつぐみでなかったら、自分も樹になれなかった




今作が初共演ということで、会う前はそれぞれ「正統派の清潔感のある女優さん」(岩田さん)「踊っていて、力強いイメージ」(杉咲さん)という印象を持っていたというお二人。

岩田「実際にお会いしてもイメージとのギャップはほとんどなかったです。最初の本読みのときは、すごくかわいらしい声をしてるなって思いました(笑)。現場に入ってからも、ご自身が持たれているやわらかい雰囲気だったり、品の良さが相まって、つぐみという役にすごくハマッていました。一方で真剣な表情になったときの凛とした強さみたいなのも伝わって来て、その振り幅は素晴らしいなって。花ちゃんがつぐみでなかったら、自分も樹になれなかった気がしてます」

杉咲「岩田さんはたくさん話かけてくださって、現場を盛り上げてくださったのでとても楽しかったです。怖い話をしたり、似顔絵を描き合ったりもしました(笑)。それから、あるとき日が暮れるのを待っている時間があったんですけど、そのときに岩田さんがそこにあったガチャガチャをやっていて。おでんの食品サンプルのだったんですけど、ある食材が欲しかったそうで、それをずっとやっているというお茶目な一面も垣間見れました(笑)。そんなところもありつつ、現場では細かなところまで気配りをされていた印象です」


(C)2018「パーフェクトワールド」製作委員会
(C)2018「パーフェクトワールド」製作委員会

(C)2018「パーフェクトワールド」製作委員会
(C)2018「パーフェクトワールド」製作委員会

――演じた役柄と、ご自身との共通点はありましたか?

岩田「樹の仕事に対して一生懸命に生きているところは共感できました。チャンスは一回きりで、逃したら次がないっていうセリフだったり、自分次第で自分のこの先が決まって行くって思っているようなところは、僕自身と近しいところがあるなって。だからそういうセリフはすんなり言えました。あとは、自分の中で優先順位が決まっているところとかも似ている気がします」

――杉咲さんから見て、岩田さんと樹が重なるところはありましたか?

杉咲「仕事に対してストイックなところは似ていると思っていました。本番になったときの集中力がホントにすごくて。観覧車でのシーンがあるのですが、すごく狭くて限られたスタッフさんしか入れない中で、いろんなカットを撮らなくてはいけなくて、ホントに何周したかわからないくらい乗り続けました。しかもそこはお話として重要なシーンでもあって。正直、私はちょっと集中力が途切れてしまいそうになって、どうしよう? と思っていたのですが、そんなときに岩田さんが、自分は撮られてないカットでも撮られているときとおなじ熱量で私と向き合ってくださって。あのときは本当に助けていただきました」

岩田「確かにあれはキツかったね。もうやりたくないよね?(笑)」

杉咲「(笑)」
1
2
3
4

EDITOR

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡

新着記事