吉沢亮×新木優子、幼馴染同士のラブストーリー 映画『あのコの、トリコ。』

芸能界での成功を夢見る幼馴染の3人の男女が、恋と夢に向かって邁進する姿を描いた、映画『あのコの、トリコ。』が公開中です。

主人公の頼を演じるのは、吉沢亮さん。地味で冴えない高校生の頼は、恋心を抱く新木優子さん演じる幼馴染の雫ために奮闘するうちに、自身の俳優としての才能を開花させます。
見るからにダメそうな頼が、カメラ前に立つと突然イケメンに変身するところは、イケメンな上に演技力も兼ね揃えた吉沢さんだからこそできる表現。

そんな吉沢さんのギャップ萌えはもちろん、杉野遥亮さん演じる頼とは全くタイプの違う王子様的イケメン・昴との雫を巡る恋愛バトルや、3人がそれぞれ俳優としての成功を目指して奮闘する姿など、見どころ満載の作品となっています。


ローリエプレス編集部では、主演の吉沢亮さんと、イケメン男子に奪い合われるという女子憧れ♡ のシュチュエーションを演じた新木優子さんにインタビュー。作品のお話から、“芸能界”という二人が今、活躍する場所を描いた内容だけに、演じたキャラクターとの共通点や高校時代の思い出などたくさん語っていただきました!

素の自分とも重なるキャラクター




ことし1月に公開された映画『悪と仮面のルール』でも共演し、今作が2度目の共演となる吉沢さんと新木さん。ただ前回は「一緒のシーンがほとんど無く、挨拶したぐらい」(新木さん)だったそうで、ある種、初対面のような気持ちだったとのこと。そんなお二人に初対面の印象や、演じた頼、雫との共通点をお聞きしました。

吉沢「第一印象はすごくお綺麗な方なので(笑)、静かな人なのかな? っていうのがあったんですけど、今回の本読みで再会したときに、明るい人なんだなっていうのがわかって。雫という役にぴったりだなと思いました」

新木「私も頼はわりと吉沢さんの素に近いキャラクターじゃないかなと思いました。あんまり外に出る方ではないとか、静かな印象があったので。ただ頼にはわりと天然っぽい一面もあって、そこは吉沢さんが頼になっているんだなって、演じているのを見て思っていました。それから、ちょっと顔が美し過ぎるところが(笑)」

吉沢「あははは(笑)。そればっかりはな~」

新木「そればっかりはしょうがないね(笑)」

(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会

(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会

(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会

(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会

――吉沢さんの顔が美し過ぎる以外は、わりと役柄と共通する部分があったと(笑)。それから、今回はお二人とも俳優を目指すという、ご自身も通ってきた道を演じられていますが、その部分での共通点はありましたか?

吉沢「頼は努力もしてはいるんですけど、天才なんです。もとから恵まれちゃってる。僕はそんな恵まれた才能はないし、この仕事を始めた頃はまだ学生だったので、どこかバイト感覚で頼ほど真剣にやってもいなかったから、共通点はないですね(苦笑)」

新木「私はわりと似ているところありました。私も最初は女優を目指していたんですけど、なかなか難しいなって感じているときに『non-no(ノンノ)』の専属モデルに選んでいただいて。そしたら、モデルという面から注目していただけて、女優への道が開けたので。原作の雫はグラビアのモデルをやりながら、女優さんへつながればいいなと思って一生懸命頑張っているので、そこは共感できました」

キラキラの頼を演じる方が難しかった


(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会

(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会

(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会

普段は地味で消極的な頼ですが、雫のためとなるとスイッチが入ってグッと男らしくなります。そして、俳優という仕事に対しては天才的な才能を発揮して、周囲からも認められる存在へと瞬く間に成長して行きます。そんな頼の変化を演じた吉沢さん、それを近くで見ていた新木さんはどんな風に感じていたのでしょうか。

吉沢「頼の変化については監督ともいろいろ話して、段階をつけてやって行きました。わかりやすいところではメガネをかけているときと、外したときの違いは意識してました。動きもメガネをかけているときは、手を胸の前辺りに置いて、キョロキョロして。でも意外と自分としてはそっちの方がやりやすくて、むしろキラキラの頼を演じるときの方が大変でした。頼って自分のことをカッコいいって思っているわけではないけど、何かキラキラしたものが出ているという人なので、どんな顔をしていればいいかわからないし、すごく難しかったです」
1
2
3

EDITOR

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡

新着記事