キュートからダークまでいろんな千葉雄大を堪能♡ 映画『音量を上げろタコ!』

主演を阿部サダヲさん、ヒロインを吉岡里帆さんが演じ、ドラマ『時効警察』シリーズなどで知られる三木聡さんが監督をつとめた、ハイテンション・ロック・コメディ、映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』が10月12日より公開♡

驚異の歌声を持つ世界的ロックスター・シン(阿部サダヲさん)と、声が小さ過ぎるストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆さん)という正反対の二人の出会いから繰り広げられる物語で、お二人を筆頭に個性的なキャラクターが多数登場します。

さらにそこへHYDE、いしわたり淳治、あいみょんらが手がけた主題歌をはじめとするさまざまなロックミュージックが織り交ぜられた、まさに“ハイテンション・ロック・コメディ”な作品となっています。


ローリエプレス編集部では、そんな個性的なキャラクターの一人、シンのレコード会社の担当・坂口役を務めた千葉雄大さんにインタビュー♡ ピザやナマズまみれ! になったり、裸での強烈シーンを演じたり、いろんな意味で振り切った千葉さんが堪能できる本作について語っていただきました♡

どうにでもしてくれという気持ちで挑んだ




「三木さんの作品ということもそうですし、音楽を軸にしてるというのも興味がありましたし、何よりこのハイテンションな感じは今まであまりご縁がなかったので、呼んでいただけてうれしかったです。もうどうにでもしてくれという気持ちでした(笑)」と、今作への出演が決まったときの想いを語る千葉さん。“どうにでもしてくれ”という言葉通り、振り切った演技を見せてくれています。

「多面性のあるキャラクターは演じていて面白かったです。そこに付属していろいろとオプションもあって。例えば、ピザまみれになったり、ナマズが降って来たり、下着姿になったり(笑)。監督からも“本当にこれ、大丈夫ですか?”とか、気にかけていただいたんですけど、僕としては何でも……何でもは難しいかも知れないですけど(笑)、いろんなことをやりたいって思う方なので、こういう機会をいただけてうれしかったです。それを観てくださった方が“コイツ、こんなこともやるんだ”って面白がってくれたらいいなって思います」

(C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

(C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会


――シンの事務所の社長役の田中哲司さんとの怪しげな雰囲気のシーンもありましたが。

「二人とも生まれたままに近い姿で現場をうろちょろしたりもしてました(笑)。逆にバスローブを羽織ると、急に変な男優感が出てきちゃって。照明とかもミステリアスな感じで、面白かったですね。最初は坂口がイヤイヤやるみたいな感じだったんですけど、段々これを受け入れたらどうだろう? って思ってきて、最終的にそっちの受け入れるパターンがOKになって。自分がやりたい感じでもやれて、結構楽しみながらできました!」

(C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

――坂口というキャラクターを演じる上で気をつけたことは?

「今回、現場に入る前にリハーサルの時間があって、そこで監督とお話したり、阿部さん、吉岡さんとも一緒にできたりしたので、その中でキャラクターに膨らみを持たせることができたのは良かったです。コロコロと手のひらを返すように変わる人なんですけど、そこは野心があってやっていることなので、個人的にはそれを軸にしていました。だから人としてブレているなっていう感じもなく、どれも全部思いっきりできたなって思います」

――千葉さんがイベントなどでコロコロと表情を変えてファンを翻弄する姿と少し重なるところも(笑)。

「あははは(笑)。少なからず自分にもそういう面はあるのかも知れないですね。あと、この仕事をしていて思うのは、型にハメられてしまうと息苦しくなるので、それをいい具合に壊して行きたいというはあったりします。そういう意味では、今回の作品はありがたかったです」
1
2
3
4

EDITOR

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡

新着記事