怖かわゴーストメイクのやり方 一手間でみんなと差がつくハロウィンに♡


イラストレーターのharuchartです♡
今回は、ハロウィンに使えるゴーストメイクの方法をご紹介します。

怖くてかわいいゴーストメイクにチャレンジしよう!



毎年のハロウィンでもゴーストメイクは人気のひとつですが、みんながやってるゴーストメイクをさらに丁寧に深みを出す&一手間加えるだけで、みんなと差がつくゴーストメイクができちゃいます♡
この画像のような洋館メイドさんなどの雰囲気にもピッタリでおすすめです!



ポイント



重要なポイントは前回のゾンビメイクと基本はほぼ同じで、色と形を左右非対称にすることと突然濃い色をのせないことはホラー系のメイクには最重要です。それに加えて、今回のゴーストメイクはゴーストだからといって真っ白や真っ青など思い込みすぎないことも大切なポイントです!

ゾンビメイク記事をチェック

怖かわゴーストメイクのやり方:ベース編



ベースはラベンダー下地などで白さを意識しつつも、塗りたくったように不自然な真っ白にはしないことが大事。自然でありながら不健康そうな白さをつくっておきましょう。

怖かわゴーストメイクのやり方:アイメイク編



(1)目の下に、濃すぎない暗い赤・ピンクを塗ります
(2)1で塗った色をポンポンとまだらに伸ばします
(3) 上まぶたにも同じ色を下まぶたより薄めにのせます
(4)黒っぽい色を上から重ねます。この時、赤をのせた全面ではなく、下のほうの赤は残した状態でまだらにのせていきます
(5)さらに4でのせた黒よりも目に近いところに黒をのせて奥行きと不健康さを出していきます
(6)黒のアイラインで細くラインをかきます。下目尻にもサッサッと線をかくと更に深みが出ます
(7)黒のマスカラを上下に塗ります。下まつ毛にガッツリ塗ると、ゴシックな雰囲気が増します
(8)上まつげの根元にだけ明るいマスカラを塗って完成! マスカラは眉マスカラでもOK






怖かわゴーストメイクのやり方:リップ編



(1)あらかじめ濃すぎず明るすぎないコーラルをフチをぼかして塗っておきます
(2)黒系を唇の内側からグラデになるようにのせます。黒はアイシャドウなどでもOK
(3)黒系を唇全体に、コーラルピンクの部分も残しながらまだらに塗っていきます
(4)最後にもう一度上から唇の内側からグラデを濃くして完成




怖かわゴーストメイクの仕上げのコツは?



(1)目や口に使った色をまんべんなく、シェーディングやノーズシャドーとして顔全体にのせていくことで統一感を出します
(2)青紫系を使って毛細血管を描いていきます。かなり細い筆で濃すぎない薄い色を使って細ーくかきます。水彩などで使う極細筆や、色があればアイライナーなどでもOKです
(3)最後に2でかいた血管のアイメイクに被っている部分などに赤系のコスメで血管をなぞって完成です





怖かわいい仮装で、みんなを一歩リードするハロウィンを楽しみましょう♡
(haruchart)
1

EDITOR

haruchart
ピンク、かわいいを中心に女の子が好きなものを描くイラストレーター♡ 雑誌、YouTube、アイドルグッズなどさまざまな場面でイラストを描いています♡

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきメイク・美容記事5選♡

新着記事