丸く上がったきれいなヒップラインを作るヨガ 女性らしいボディに♡

自分の後ろ姿はなかなか見えませんが、どんなラインをしているか気になりませんか? とくに、日本人は平らなお尻の人が多いですが、外国人のようなキュッと上にあがったヒップラインにあこがれますよね。最近の流行りのボディスタイルは、全身が細く痩せているのではなくて、出るところは出ている女性らしいメリハリボディ。お尻は筋肉が多いので効果が出やすい場所です。しっかり動かして美尻を目指しましょう♡

お尻の筋トレと骨盤の傾きを整えてヒップアップ!


日本人のお尻はもともと筋肉や脂肪量が外国人に比べて多くないので、もともとお尻にボリュームのない人が多いです。なのでお尻の筋肉を鍛えることがとても重要! 
お尻周りの筋肉は体の中でも一番量が多い場所なので、筋肉を使って鍛えると女性でも割とすぐに効果を感じやすいです。
お尻が垂れてみえる原因はもう1つ。それは姿勢です。骨盤が後ろに傾いている(骨盤後傾)の姿勢のためにお尻が下がって見える人が多いんです。 骨盤を正しい位置に戻すことが必要なのです。
お尻を鍛えて、骨盤の位置を矯正することで丸く上がったお尻になりましょう♡

スローな動きでお尻の筋肉を意識して効かせよう


橋のポーズ


丸く上がったきれいなヒップラインを作るヨガ 女性らしいボディに♡の3枚目の画像

1.仰向けになり、両膝を立てます。足は腰幅です。
2.かかとはできるだけお尻に近づけておきます。
3.息を吐きながらお尻を床から持ち上げます。
4.首や肩は楽にしたまま、太ももが床と並行になるくらいまでお尻を高く持ち上げてキープ。
5.息を止めずに呼吸を続けます。
6.ゆっくりとお尻を床に下ろしてリラックス。
7.5~6回繰り返します。

後ろに傾いた骨盤を戻すにはインナーマッスルをストレッチ


丸く上がったきれいなヒップラインを作るヨガ 女性らしいボディに♡の2枚目の画像

1.仰向けになります。
2.右足を両手で抱えて、左足は真っすぐ伸ばします。
3.ゆっくりと右足のひざを胸に近づけるようにします。
4.浮いてくる左足はなるべく床に近づけるように意識します。
5.肩や首の力は抜いて、腕の力でひざを胸に近づけます。
6.30秒ほどキープします。
7.反対側も同じように行います。

伸ばしている足のインナーマッスルが伸びています。左右差がある人が多いと思いますが、どのように差があるのかなと観察しながら行うことでより伸ばしている筋肉に意識が向かい、ストレッチの効果が高まります。

骨盤を整えてお尻に効くランジのポーズ


このポーズでは、お尻を鍛えながら骨盤を整えるインナーマッスルを伸ばせます。
丸く上がったきれいなヒップラインを作るヨガ 女性らしいボディに♡の4枚目の画像

1.両手を床につけて、前屈ポジションからスタートします。
2.息を吐きながら左足を大きく後ろに引きます。
3.前足のひざは90度の直角にして、後ろ足はひざを伸ばします。
4.両手を腰にあてながら、吸う息で上体を起こします。
このポジションがランジのポーズです。ここからお尻に効かせる動きをしてみましょう。
5.後ろ足のひざを床につくスレスレまで下げていきます。
6.ゆっくりと上下させていきます。
7.反対側も繰り返して行います。

ポイント


前足のひざが足先より前に出ないようにしてください。(ひざに負担がかかるため)
上体が前に傾かないように、背筋が床から垂直のままを意識をして、腰をおろしていきます。

この動きは後ろ足のお尻に効果があり、後ろ足側のお腹(腸腰筋)のストレッチになる動きです。お腹のインナーマッスルが硬い場合には、後ろ足のひざを伸ばしきるのが難しいかもしれません。ひざに無理はせずに行って下さい。

丸く上がったきれいなヒップラインを作るヨガ 女性らしいボディに♡の1枚目の画像


お尻の筋肉を使って伸ばすを繰り返すことでキレイなヒップラインに♡


お尻は意識して動かしてないと普段の動作だけでは鍛えることができないですが、その分トレーニングをすると効果がでやすいです。一週間もすれば効果がみえてくるので、今まで筋トレをしてみたけど効果がイマイチだった方でも始めやすいです。ヒップアップすると姿勢もキレイになるので是非ためしてみてくださいね♡

(品川裕花理)
1

EDITOR

品川裕花理
ヨガインストラクター/一児の母。女子美術大学卒。大手IT会社勤務の後にヨガインストラクターに。心と身体を整える事が大好き。美は一日にしてならずがモットー

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきメイク・美容記事5選♡

新着記事