本気で検証! ローソン限定インテグレート6アイテムだけでフルメイク♡

コンビニのLAWSON(ローソン)限定で販売されているINTEGRATE(インテグレート)のコスメを見たことはありますか? 一時期SNSでも話題になりましたよね。しかし、実際は使ったことがない人も多いのではないでしょうか?
そこで今回は実際に購入した6アイテムだけを使ってフルメイクが綺麗にできるか実証してみました♡
本当に優秀なの?ローソン限定インテグレートのミニコスメ6アイテム"だけ"を使ってフルメイク♡
本当に優秀なの?ローソン限定インテグレートのミニコスメ6アイテム"だけ"を使ってフルメイク♡


今回使ったコスメ♡ 1つ500円のミニコスメ


ローソンで500円でGetできるインテグレートのミニコスメ♡
ローソンで500円でGetできるインテグレートのミニコスメ♡

こちらがローソン限定で販売されている「ポーチインコスメ」シリーズです。定番サイズで販売されているものもあれば、オリジナルもあります。今回は最小限の量で仕上げようとしたため、ピックアップはしませんでしたが、同シリーズにはクレヨンタイプのチークもありますよ♡ 
「ポーチインコスメ」シリーズにはアイブロウに使えるアイテムが無かったので、同じくローソンのインテグレートコーナーにて販売されているアイブロウペンシルのみ買い足しました(ドラッグストアなどでも通常販売されているものです)。

ミネラルベースCC


ミネラルベースCC
ミネラルベースCC

ほんのりピンクがかっていて、少しトーンがアップするかなという印象の下地。カバー力が高いわけではありませんが、くすみを払拭してくれる効果があります。べたついたりすることもなく、密着度も高いと感じました。紫外線カット効果もあるので安心♪

クマがひどい人は重ねづけ!


(左)重ね塗りしてクマが薄くなった!(右)顔全体に塗っただけの状態
(左)重ね塗りしてクマが薄くなった!(右)顔全体に塗っただけの状態

クマに悩んでいる人は「コンシーラーを使わないなんて」と不安になってしまいますよね。
そんな方は、クマの部分だけ重ね付けしてみてください! カバー力の高いファンデーションやコンシーラーには負けてしまいますが、目元を明るく見せてくれるので、比較してみても重ね塗りした方が薄くなっているのがわかります♪

プロフィニッシュファンデーション


プロフィニッシュファンデーション(オークル10)
プロフィニッシュファンデーション(オークル10)

インテグレートのファンデの中でも人気No.1のパウダリータイプがミニサイズに♡
私は初めて使いましたが、軽い付け心地なのにアラはカバーしてくれるのでとっても優秀! 厚塗りっぽくならないのでメイク直しにもぴったりです。

プチクレヨンアイシャドー


プチクレヨンアイシャドー (上)GD1 (下)BR3
プチクレヨンアイシャドー (上)GD1 (下)BR3

こちらは2色セットになったクレヨンタイプのアイシャドー。「ブルー系」「パープル系」「ピンク系」などカラー展開も豊富ですが、今回は一番無難なブラウン系のセットを選びました。ラメ感のある肌馴染みの良いゴールドカラーと、締め色にぴったりな濃いダークブラウンの2色です。

2色で淡いグラデアイメイク


(左)GD1 のみの状態 (右)二重幅にBR3を足してぼかした仕上がり
(左)GD1 のみの状態 (右)二重幅にBR3を足してぼかした仕上がり

アイホール全体と下まぶた全体にゴールドを入れて、二重幅の範囲にダークブラウンをつけます。
濃いブラウンのカラーをそのまま塗っただけでは境目がかなりはっきり出てしまうので、直塗りした後に上から指でなぞるようにこすると、馴染んで自然な陰陽をつけることができます。密着度が高いものだと指でこすってもなかなか伸びませんが、こちらは伸びが良買ったので馴染ませも難しくない印象♪ 学校やオフィスメイクにも使いやすいアイシャドウになりました♡

500円でこのキラキラ感はすごい♡


500円とは思えないくらい綺麗に輝いてくれるアイシャドウ!
500円とは思えないくらい綺麗に輝いてくれるアイシャドウ!

ゴールドのカラーはラメがとっても綺麗なので特にお気に入りのアイテム! ギラギラせずに自然な輝き方が万人ウケ間違いなしです。涙袋のお直しアイテムとしても最適。

アイブローペンシルN


アイブローペンシルN
アイブローペンシルN

ミニサイズで販売がないので通常販売のアイブロウペンシルを買い足し! こちらも700円なのでとってもお手頃価格。今回は1つで3か所のパーツに使用しているのでミニサイズではありませんが買って損はありません。

1本でも綺麗に眉が描ける♪


アイブロウペンシルだけで眉メイク完成!
アイブロウペンシルだけで眉メイク完成!

ペンシルが硬すぎずちょうど良いので、自然でふんわりした眉を描くことができます。パウダーのパレットと比べるとノーズシャドウと合わせて描くことができないので、眉頭をはっきり描きすぎてマロ眉にならないよう注意してくださいね。
1
2

EDITOR

空山菜摘
ティーン誌での連載やブロガーとして活動の後、コスメコンシェルジュをはじめとする トータルビューティーの資格を多数取得。知識を活かしながら、等身大かつHAPPYになれるような情報発信をしていきます♡

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきメイク・美容記事5選♡

新着記事