志尊淳に直撃♡ 旬の若手俳優多数出演の映画『走れ!T校バスケット部』

主演の志尊淳さんを筆頭に旬の若手俳優が多数出演し、弱小バスケ部が全国大会を目指すまでの日々を描いた青春映画『走れ!T校バスケット部』が11月3日より公開となります。

バスケの名門高校で一年生ながらレギュラーで活躍していた陽一(志尊淳さん)は、いじめが原因で通称“T校”と呼ばれる高校へと転校。バスケは辞めて勉強に打ち込む日々を送っていました。しかし、そんな陽一を弱小バスケ部のマネージャー・浩子(早見あかりさん)らが熱心に勧誘。陽一は押さえつけていたバスケへの想いが再燃し、キャプテンの俊介(佐野勇斗さん)ら、新たな仲間とともに全国大会を目指します。


ローリエプレス編集部では、バスケ未経験ながらバスケの名選手・陽一を演じた主演の志尊淳さんのインタビューを公開♡ 今作への思い入れから、志尊さん自身の学生時代の思い出などたくさんお話してもらいました!

スポーツを扱った青春群像劇に憧れ



ご自身も学生時代にスポーツに打ち込んでいた経験もあり、「スポーツを扱った青春群像劇に憧れがあった」という志尊さん。バスケットボールは未経験ながら、「バスケがめちゃくちゃ上手い役というのはプレッシャーでしたけど、もともとスポーツが好きなので、抵抗はなかったです」と話します。

「バスケの練習は現場に入る約3ヶ月前から始めてはいたんですけど、他のスケジュールもあったので、大体週に1回、10日に1回くらいのペースでやって、クランクインが近づくに連れて頻度が増えました。僕の場合は、ずっと野球をやっていたこともあって足腰と肩が強いので、ロングパスを重点的に練習したり、スピードを鍛えるために走り込みをしたりもしました。ただバスケはやっぱりチームプレイなので、個々の技術を上げることはもちろんなんですけど、僕はみんなとのコミュニケーションだったり、全体の動きを通してよく見えたらいいなって気持ちでやっていました」


――共演者の方々とのコミュニケーションはどのように取っていたのですか?

「この作品をやって僕が一番感じたことでもあるんですけど、バスケをすること自体がコミュニケーションになるんです。パスの出し方だったり、コート内での動き方だったり、失敗したときの悔しがり方だったり、チームとしてそういうものをお互いに見ながらプレイして行くと、自然とコミュニケーションがとれました。おなじキツイ練習を乗り越えることで感じるものもあって、練習が終わると自然とみんなで“このあと、ご飯行く?”という感じでした。」

――志尊さんはみんなが大変なときなどは、率先して引っ張って行くタイプですか?

「それぞれがプロの役者として現場に来ているので、そこに干渉するようなことはなかったですけど、チーム感を出すためには僕が先導しなきゃっていう気持ちはあったので、なるべく練習中は声を出すようになどの心掛けはしていました。本当は、どちらかと言えばそういうことをするのは苦手ではあるんですけど。自分一人良くなればいいっていうわけではなくて、チームとしての成長を大切にしたいという思いでやらせて頂きました」

葛藤や負の気持ちもしっかりと表現する


(C)2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会

(C)2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会

今作はシリーズ累計120万部を超える人気小説の映画化。バスケを中心とした仲間との青春物語ではありますが、主人公の陽一はいじめに遭ったり、それによって一度は夢を諦めたりと、学生時代に誰もが経験するような悩みや葛藤も抱えていて、そのリアルさも人気の一つです。

「シリーズものの作品を2時間の映画というものにするために、原作よりもコンパクトになってはいるんですけど、その中でも僕が大事にしたかったのが、葛藤であったり、負の気持ちもしっかりと表現するということでした。やっぱり高校生くらいの方で陽一とおなじような悩みを抱えてる方もいると思うんです。だからきれいごととして済ませたくないという気持ちは強かったです。監督とも相談しながら、感情を表すところであったり、逆にチームメイトに隠している気持ちだったりは、繊細に演じるようにしました」
1
2
3
4

この記事を書いたライター

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡