置き画のおしゃれレベルがアップする♡ 背景パターン&撮影アイテム特集!

お気に入りのコスメや雑貨を買ったら、写真に撮ってSNSでお披露目したいですよね♡
おしゃれなインスグラマーさんみたく、#置き画を撮りたいけど「何を使ったらいいかわからない」という人や「いつも同じような雰囲気になってしまう」とお悩みの方もいるのでは……?


今回は、置き画がマンネリ化しない”おすすめ背景の作り方”と”活用アイテム”をご紹介します♡

置き画は”背景”がだいじ♡


#置き画を撮るなら背景が大切!
背景を変えるだけで、写真の雰囲気がガラリと変わります。家にあるものや、かんたんに手に入るものでできますよ♡

1.ベッドシーツ


置き画に困ったらベッドシーツに頼ってみて♡ シーツのクシャっとなった感じがかわいい!
応用として、ベッドシーツをはがして白地で撮ればナチュラルテイストな写真を撮影できます!




2.お皿を使う


お菓子やスイーツを撮るときは、お気に入りのお皿に乗せて撮影しましょ♡ お皿のデザインが置き画を飾ってくれます♪
”おやつタイム”を切り取った写真が撮れるので「おいしそう♡」とコメントをもらえるかも!




シンプルなお皿ならキャンパスのように、文字加工アプリで飾ると思い通りの仕上がりに……!



3.洋服の上に乗せる


お気に入りのお洋服は、生地感や柄もお気に入りのはず♡ お洋服を敷いた上で撮影すれば、あっという間にかわいい背景になっちゃうんです!



4.おしゃれなテーブルで撮る


おしゃれなテーブルを見つけたら、そこはたちまち撮影スポットに♡
カフェ中にちょっとお借りしてぱしゃりと撮影すれば、“今日のお買い物アイテム”を紹介できるかも♡



5.画用紙を使う


100円ショップでも手に入る画用紙なら、シンプルなカラー背景に♡


複数色の角が見えるように配置すれば、まるで幾何学的でない背景模様を作ることができちゃいます!



6.リメイクシート


おうちでいつでもおしゃれな撮影がしたい人は、DIYアイテムのリメイクシートがおすすめ!
実際に家具をリメイクしてもいいし、カッティングボードに貼り付けて背景紙を作っても◎


筆者はニトリで購入したリメイクシートを活用! お値段も手頃なので、ぜひお店をのぞいてみて♡


こちらもニトリで購入したタイルのリメイクシート。実際に貼らなくてもOK! 撮りたいアイテムがシートサイズに収まれば、カメラに映る範囲だけ背景があればいいんです◎
まるでおしゃれなお風呂で撮影したような1枚に仕上がりました♡

さらにおしゃれになる、アイテムがだいじ♡


背景づくりに慣れたら、脇役のアイテムも活用してみましょう!
被写体アイテムを引き立たせる役割なので、”派手すぎず、おしゃれなもの”がポイントです♡

1.雑誌の切り抜きを使う


だいすきな雑誌の世界観を写真に取り込んでみて♡ 筆者のおすすめは各ブランドが無料配布しているフリーカタログ。
読み終えたあと、捨ててしまうのはもったいない! 大好きなブランドだからこそ、写真に収めて残しましょう♡


モデルさんがうつっている素材なので、肖像権をやぶらないようモラルに注意して、SNSで楽しむ範囲で活用しましょう。

2.英字新聞を使う


おしゃれな英字新聞は、洋書を取り扱っている書店などで販売していることがあります。
包装紙に利用している雑貨屋さんで買い物をしたら、ゴミに捨てずに保管して置くのも◎。



3.ブランド包装を使う


大好きなブランドコスメを紹介する時に欠かせない、包装リボンや外箱、紙バッグも保管して置きたいところ♡
捨てるなんてもったいない!





4.お花を使う


おしゃれでかつ、華やかさをプラスしてくれるお花。生花なら鮮やかに彩りをプラスしてくれます。


お花を飾り終えた後、ドライフラワーにしてさらに活用すればノスタルジックな1枚に……♡
1
2

EDITOR

mimi somi
甘く儚く夢見る少女にスタイリング˙˚ゆめかわいい˙˚をテーマに、イメージアーティストとして活動中

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡

新着記事