ドSでお茶目な平野紫耀にキュン♡ 映画『ういらぶ。』インタビュー

今、最も勢いのあるアイドルグループ、King & Princeのメンバーで、ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』などで俳優としても注目を集める平野紫耀さん主演の映画『ういらぶ。』が11月9日より公開となりました。

イケメンでクールな高校生・凛(平野紫耀さん)は、幼なじみの優羽(桜井日奈子さん)のことが大好きなのに、好き過ぎてドSな態度を取ってしまうこじらせ男子。そんな凛のせいで優羽は自分はダメダメだと思い込んでしまい、凛が好きなのに、自分では釣り合わないと思っています。想い合いながらもお互いに好きとは言えない二人を、おなじ幼なじみの暦(玉城ティナさん)、蛍太(磯村勇斗さん)は心配。するとそこへ、優羽と凛にそれぞれ興味を持つ和真(伊藤健太郎さん)・実花(桜田ひよりさん)兄妹が現れ、凛と優羽の関係に変化が起こります。

(C)2018『ういらぶ。』製作委員会 (C)星森ゆきも/小学館

ローリエプレス編集部では、こじらせ男子・凛をキュートにカッコ良く演じた平野紫耀さんにインタビュー♡ 自分とは真逆という凛を演じた苦労や、共演者の皆さんとのエピソード、さらに平野さん自身の幼なじみとの恋バナなど!たっぷりと語ってもらいました。

いろんな方々にアドバイスをいただいて、僕なりの凛を


(C)2018『ういらぶ。』製作委員会 (C)星森ゆきも/小学館

(C)2018『ういらぶ。』製作委員会 (C)星森ゆきも/小学館

自分の気持ちを素直に表現できなくて、つい大好きな優羽にドSの態度を取ってしまう凛とは、性格が真逆という平野さん。「僕、めっちゃ素直なんですよ。良くも悪くも思ってることを素直に言っちゃう。嘘がなかなかつけない性格なんです」と話します。それゆえに、役作りにも苦労があったそう。

「好き過ぎるが故にこんな風になっちゃうってどうしてなんだろう? どういう気持ちなんだろう?って、僕なりに考えましたし、原作を参考にしたり、監督とも相談しながらやって行きました。原作ファンの方たちが好きな凛を演じたいと思いつつ、あんまり引っ張られ過ぎてもとも思って、現場では共演の皆さんとのやり取りを重視しながら、いろんな方々にアドバイスをいただいて、僕なりの凛をやってみました」

――演じていて大変だなと感じることはありましたか?

「大変かどうかと言うと全部大変だった気がするんですけど(苦笑)、やっぱりドSからキャピキャピに戻るところですかね。好きな人に対してひどい言葉を言うので、それを観てくださる方が不快に思わないように、裏でのかわいい部分をちゃんと見せなきゃっていうのがずっとあったので。どうしたらかわいいって思ってくれるのかを考えていて、それは大変でした」

――幼なじみという関係性を演じるのはどうでしたか?

「僕にも幼なじみという存在が何人かいるので、そこでのやり取りを思い出したりしながらやりました。幼なじみだからこそ見せられる顔があったり、幼なじみだからこそ言えない気持ちがあったり。僕自身は言えない気持ちとかってあんまり感じたことはなかったんですけど、この『ういらぶ。』を通して思い出してみて、確かに幼なじみの女の子に告白するのはすごく勇気がいるな、とか」

――平野さん自身にそういった経験が?

「あります。学生時代、幼なじみに告白したことがあって。めっちゃ恥ずかしかったですね。幼なじみって友達とはまた違う、友達より高い壁があるんですよ。僕の素を知っているから、良いところも悪いところも知った上で受け入れてもらえるかどうかっていう。しかもその告白のときに盛大に噛みまして。好きでちゅ、みたいな(笑)。でも噛んだって思われたくないから、敢えて言い直さなかったです。相手もたぶん気づいてはいたと思うんですけど(笑)、僕はもう告白することでそれどころじゃなかったので。昔を思い出しましたね」

(C)2018『ういらぶ。』製作委員会 (C)星森ゆきも/小学館

(C)2018『ういらぶ。』製作委員会 (C)星森ゆきも/小学館

優羽に対してはドSな凛ですが、本心を明かしている蛍太の前や、一人でいるときには、優羽のかわいさに身悶えたりと、とてもキュートな一面を見せます。そんな凛のギャップも今作の見どころです。
1
2
3
4

EDITOR

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡

新着記事