ドSでお茶目な平野紫耀にキュン♡ 映画『ういらぶ。』インタビュー

今、最も勢いのあるアイドルグループ、King & Princeのメンバーで、ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』などで俳優としても注目を集める平野紫耀さん主演の映画『ういらぶ。』が11月9日より公開となりました。

イケメンでクールな高校生・凛(平野紫耀さん)は、幼なじみの優羽(桜井日奈子さん)のことが大好きなのに、好き過ぎてドSな態度を取ってしまうこじらせ男子。そんな凛のせいで優羽は自分はダメダメだと思い込んでしまい、凛が好きなのに、自分では釣り合わないと思っています。想い合いながらもお互いに好きとは言えない二人を、おなじ幼なじみの暦(玉城ティナさん)、蛍太(磯村勇斗さん)は心配。するとそこへ、優羽と凛にそれぞれ興味を持つ和真(伊藤健太郎さん)・実花(桜田ひよりさん)兄妹が現れ、凛と優羽の関係に変化が起こります。

(C)2018『ういらぶ。』製作委員会 (C)星森ゆきも/小学館

ローリエプレス編集部では、こじらせ男子・凛をキュートにカッコ良く演じた平野紫耀さんにインタビュー♡ 自分とは真逆という凛を演じた苦労や、共演者の皆さんとのエピソード、さらに平野さん自身の幼なじみとの恋バナなど!たっぷりと語ってもらいました。

いろんな方々にアドバイスをいただいて、僕なりの凛を


(C)2018『ういらぶ。』製作委員会 (C)星森ゆきも/小学館

(C)2018『ういらぶ。』製作委員会 (C)星森ゆきも/小学館

自分の気持ちを素直に表現できなくて、つい大好きな優羽にドSの態度を取ってしまう凛とは、性格が真逆という平野さん。「僕、めっちゃ素直なんですよ。良くも悪くも思ってることを素直に言っちゃう。嘘がなかなかつけない性格なんです」と話します。それゆえに、役作りにも苦労があったそう。

「好き過ぎるが故にこんな風になっちゃうってどうしてなんだろう? どういう気持ちなんだろう?って、僕なりに考えましたし、原作を参考にしたり、監督とも相談しながらやって行きました。原作ファンの方たちが好きな凛を演じたいと思いつつ、あんまり引っ張られ過ぎてもとも思って、現場では共演の皆さんとのやり取りを重視しながら、いろんな方々にアドバイスをいただいて、僕なりの凛をやってみました」

――演じていて大変だなと感じることはありましたか?

「大変かどうかと言うと全部大変だった気がするんですけど(苦笑)、やっぱりドSからキャピキャピに戻るところですかね。好きな人に対してひどい言葉を言うので、それを観てくださる方が不快に思わないように、裏でのかわいい部分をちゃんと見せなきゃっていうのがずっとあったので。どうしたらかわいいって思ってくれるのかを考えていて、それは大変でした」

――幼なじみという関係性を演じるのはどうでしたか?

「僕にも幼なじみという存在が何人かいるので、そこでのやり取りを思い出したりしながらやりました。幼なじみだからこそ見せられる顔があったり、幼なじみだからこそ言えない気持ちがあったり。僕自身は言えない気持ちとかってあんまり感じたことはなかったんですけど、この『ういらぶ。』を通して思い出してみて、確かに幼なじみの女の子に告白するのはすごく勇気がいるな、とか」

――平野さん自身にそういった経験が?

「あります。学生時代、幼なじみに告白したことがあって。めっちゃ恥ずかしかったですね。幼なじみって友達とはまた違う、友達より高い壁があるんですよ。僕の素を知っているから、良いところも悪いところも知った上で受け入れてもらえるかどうかっていう。しかもその告白のときに盛大に噛みまして。好きでちゅ、みたいな(笑)。でも噛んだって思われたくないから、敢えて言い直さなかったです。相手もたぶん気づいてはいたと思うんですけど(笑)、僕はもう告白することでそれどころじゃなかったので。昔を思い出しましたね」

(C)2018『ういらぶ。』製作委員会 (C)星森ゆきも/小学館

(C)2018『ういらぶ。』製作委員会 (C)星森ゆきも/小学館

優羽に対してはドSな凛ですが、本心を明かしている蛍太の前や、一人でいるときには、優羽のかわいさに身悶えたりと、とてもキュートな一面を見せます。そんな凛のギャップも今作の見どころです。

――ドSな凛のシーンでは、優羽にシャツのボタンをはめさせたり、ベッドに押し倒したり、ドキドキの場面もありましたね。

「ベッドに押し倒すところは、“来いよ”って言って、“付き合ってたらやるだろう、普通”って。今考えるとすごいセリフですよね(笑)。凛は照れもあって、そういう気持ちを隠すために堂々としているんですけど、あとから見たらえらい恥ずかしいですね。まず僕は女性に“来いよ”なんて言えないですから。凛は男らしいなって。それでベッドに押し倒して……かなり男前のことをおっしゃるので尊敬します(笑)。僕も完成した映画を観て、自分でもドキドキしました」

――逆にコミカルなシーンでは、かなり振り切ってましたね。

「最初の方はこれを見る人がいるって思うと、ちょっと恥じらいがあったりしてなかなか振り切れなかったんですけど、2、3回やってみたら楽しくなって来ちゃって。本番も合わせたら10パターン以上やることもあって、途中からは楽しんでました。最初の部屋で悶絶してるシーンも何回もやって、毎回、美術さんが部屋を直すのに困るくらい暴れました(笑)。監督からカットが掛かるまで、アドリブですっと一人でしゃべっていて。僕の中で監督が笑ってくれたらOKみたいなラインがあって、どんどんいろんなパターンをやってみて、監督が笑ったら勝ちっていう。実際に使われているのがその笑ってくれたものかどうかは、やりすぎてもうわからないんですけど」

――凛は優羽を自分がやりたかったデートに連れ出したりもしますが、平野さんの理想のデートプランはありますか?

「二人で歩ければどこでもいいです。もうその辺の道でいいです(笑)。ただ、もし贅沢を言わせてもらえるなら、遊園地だったり、自然のあるところだったり、あと海外に行くのが夢ですね。僕、小学校4年生のときからずっとアイスランドに行ってみたいって思っているので、その初めてを彼女と行けたらいいですね。間欠泉を見たいです。あと、温泉が好きなので、アイスランドにある世界一大きい露天風呂に入りたいです。そこの泥を体に塗るといいらしいので、それもやってみたいです」

ポジティブで、一緒にいて楽しい子が好き


(C)2018『ういらぶ。』製作委員会 (C)星森ゆきも/小学館

(C)2018『ういらぶ。』製作委員会 (C)星森ゆきも/小学館

(C)2018『ういらぶ。』製作委員会 (C)星森ゆきも/小学館

凛と優羽の二人の関係がメインですが、二人の幼なじみである暦、蛍太、二人にとって恋のライバルとなる和真、実花と、6人それぞれの想いが交錯することで、物語がさらに面白くなって行きます。それに性格が6人6様で、どのキャラクターにもそれぞれに愛しいポイントがあるから、全員に共感できちゃうかも♡

――平野さん自身と凛とは正反対とおっしゃっていましたが、3人の男子の中で、強いて言えば誰に一番近ですか?

「蛍太ですかね。僕もよくカップルを見守ってしまうんです。キューピット的な立場になりたがる(笑)。僕の友達はわりと積極的じゃない人が多かったので、僕が無理やり意識するようにしたりとか。授業中に視線を送るようにって指示したりしてました。ただ素直な性格というところだと、和真みたいな部分もあるから、蛍太と和真の間くらいですかね」

――恋の仕方も和真に近い?

「僕の性格からするとそうかも知れないんですけど、僕は人見知りなので、打ち解けるまでには時間がかかると思いますね。それに振られるのは怖いので、相手も僕のことが好きって確信できないと行けないかも知れないです」

――女の子3人の中では、どの子が一番自分と合いそうだなって思いますか?

「実花ですかね。僕はポジティブで、一緒にいて楽しい子が好きなので。実花が凛に言うように、好き好きって言われたいです(笑)」

――そうすると優羽みたいな子だと困ってしまいますね。

「でもそんな優羽が勇気を出して好きって伝えてくれるのもかわいいなって。僕なら凛とは違って、病ませて自分しか見ないようにするんじゃなくて、ポジティブにして好きって言わせたいって思います」

(C)2018『ういらぶ。』製作委員会 (C)星森ゆきも/小学館

(C)2018『ういらぶ。』製作委員会 (C)星森ゆきも/小学館

(C)2018『ういらぶ。』製作委員会 (C)星森ゆきも/小学館

そんな素敵なキャラクターを演じた皆さんとは「気付けばすっごい仲良くなって」いたそうで、「今でも磯村くんや健太郎からご飯に行こうっていう連絡が来ます」と、撮影後も交流が続いているのだそう。

「磯村くんは年齢がちょっとお兄さんで、僕が人見知りってこともあって、幼なじみの役って大丈夫かな?って最初は思っていたんですけど、会ったら一番に仲良くなりました。プライベートのことだったり、いろんな話をして、すごい盛り上がってました。あと、磯村くんはしょうもないダジャレを言うんですけど、そのときのシラケ具合が逆に面白くて(笑)。もう面白い人っていう印象しかないです。健太郎も面白いです。真顔で面白いことを言ったり、自分のペースで笑わせて来ます。だから男同士でいるときはほぼほぼふざけてましたね。玉城さんは、ホントに暦だなって感じで。冷静でサバサバしてるところとか、そっくりですね。桜井さんは会う前はクールなイメージがあって、正直、仲良くなれそうもないなって思っていたんですよ。でもいざしゃべってみたら、すごく笑う方で。僕も桜井さんも猫を飼っているんですけど、猫を語っていたらひなちゃん止まらなくなってました(笑)。今回主演ではあったんですけど、正直、リーダーシップは全く取ってないです(苦笑)。引っ張って行くみたいなのが得意じゃなくて。なので皆さんに協力してもらいながら一つのものを作るっていう感じでした。強いてやったことと言えば、こまめに差し入れを入れること。でも撮影場所が山奥だったので何もなくて、スーパーで買った駄菓子とかだったんですけどね」

お芝居はめちゃくちゃ楽しい


(C)2018『ういらぶ。』製作委員会 (C)星森ゆきも/小学館

(C)2018『ういらぶ。』製作委員会 (C)星森ゆきも/小学館

(C)2018『ういらぶ。』製作委員会 (C)星森ゆきも/小学館

ことしの5月にKing & PrinceとしてCDデビューし、デビューシングル初週売上としては2010年代の最高を記録するなど、今、最も勢いのあるアイドルグループのメンバーとして活躍する平野さん。それと並行して、ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』でヒロインの相手役となる大企業の御曹司・神楽木晴を演じて、俳優としても評価を上げ、さらにはその素直なキャラクターが注目され、バラエティ番組にも引っ張りだこと大忙し。

――デビューから約半年が経ちましたね。

「まだ一週間くらいしか経ってない気がします。デビュー日にドラマの撮影をしていて、そこでサプライズでお祝いをしてもらったんですけど、その次の日から記憶がないです(笑)。僕、先のスケジュールを知りたくなくて、毎日、“明日のお仕事はなんですか?”って聞いて、これですって言われて“わかりました、おやすみなさい”って言って、寝て、次の日にそれをやったら、また次の日の予定を聞くっていう感じなんです。先がわかってしまうと、全部決められているような気持ちになってイヤになっちゃうんですよ。なので、そうやって一日一日を過ごしていたら、半年経ってました」

――アーティスト、俳優と、両方でご活躍されていますが、俳優業はどうですか?

「お芝居はめちゃくちゃ楽しいです。その期間だけでも自分とは全然違う人生を送れるのはとても貴重で、素敵な経験だと思います。それに僕は同世代の方と共演させていただくことが多いので、とても刺激になります。ジャニーズの人が誰もいないところに行ってやっているのも、やっと成人を迎えて、社会に出たような感覚もあって。誰も頼れる人がいないところで、ちゃんとやらなきゃって思っている自分と向き合えるのも嬉しいですね。いつもだとつい自分の苦手なことは、メンバーに振ったりして逃げてしまうので。あとは、俳優が本業の方たちの中に入って、皆さんに迷惑をかけずに、協力してできる楽しさもあります。そこで得たものをグループに持ち帰ってとかはまだ考えられないんですけど、僕が他のメンバーの個人の仕事を見て刺激を受けるので、僕もいずれそうなれたらいいなっていう気持ちはあります」

――来年の目標などはありますか?

「ざっくりですけど、グループで海外に行きたいなって思います。アメリカとかに行って、いろいろ勉強したり、向こうでちょっと何かできたらいいなって思ってます」

(C)2018『ういらぶ。』製作委員会 (C)星森ゆきも/小学館

かっこいいところも、コミカルなところも、かわいいところも、いろんな平野さんが堪能できる、映画『ういらぶ。』11月9日(金)より全国ロードショーです♡

作品紹介


(C)2018『ういらぶ。』製作委員会 (C)星森ゆきも/小学館

映画『ういらぶ。』
全国ロードショー中
出演:平野紫耀(King & Prince)、桜井日奈子/玉城ティナ、磯村勇斗、桜田ひより/伊藤健太郎

ストーリー


同じマンションに住み、同じ高校に通う幼なじみの凛(平野紫耀)、優羽(桜井日奈子)、暦(玉城ティナ)、蛍太(磯村勇斗)の4人は、誰もが振り返る美男美女で、学校でも憧れの的。実は凛は優羽を、優羽も凛を想っているが、凛は優羽のことが好き過ぎてドSな態度を取ってしまい、優羽はそんな凛のせいで超ネガティブ思考になってしまっている。お互いに想い合いながらも、好きと伝えられないままになっている二人を、暦と蛍太は心配する。そんな中、優羽が部屋の改装のため一時的に引っ越すことに。すると、その隣人となった和真(伊藤健太郎)が、優羽に興味を持ち始める。さらに、和真の妹・実花(桜田ひより)は凛に猛烈アタックを仕掛けて来る。自分の気持ちを真っ直ぐに伝えてくる和真・実花の存在によって、このまま変わらないと思われていた凛と優羽の関係が思わぬ方向に動き出し……。

(瀧本幸恵)

この記事を書いたライター

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡