”こどもっぽい”からはもう卒業♡ この冬、メイクを変えて大人化計画!

”こどもっぽい”からはもう卒業♡ この冬、メイクを変えて大人化計画!の2枚目の画像

イラストレーターのharuchartです♡ いつも実際の年齢より年下に見られたり、妹キャラになってしまったりする……という子に向けて、大人かわいくなるポイントをご紹介します! メイクを変えるだけで印象も変化するのでぜひ試してみてね♡

大人かわいくなる! まずはメイクをちょっと変えてみよう!


”こどもっぽい”からはもう卒業♡ この冬、メイクを変えて大人化計画!の1枚目の画像

基本のポイント


幼い印象から卒業したいという方全体に共通する基本的なポイントは、カラーがかわいいものなら形などをシンプルやクールなものに変えてみたり、逆にカラーが地味なものはかわいい形を選んでみたりすることです。これはメイク&コーデにも共通します。こうすることで自然に全体に落ちつきと甘さのバランスを簡単にとることができます♡

大人かわいいメイクのやり方


”こどもっぽい”からはもう卒業♡ この冬、メイクを変えて大人化計画!の3枚目の画像

1.アイメイク


アイメイクは一目見て、自然なことが大前提。同色系をなじませながら使います。
画像のような、肌よりほんの少しくらいベージュ系のカラー上まぶたの目頭側に大きくいれることで自然なタレ目で甘い印象をつくることができます。
目頭のハイライトカラーはラメの入りすぎてない明るい色をのせるのがわざとらしくなくて◎。
まつげには全力を注いで、上に長く繊細でダマのない綺麗なまつげを目指しましょう♪



2.アイブロウ


アイブロウは眉山は残しつつもアーチ型で大人優しげな印象に!
最近のトレンドでは髪色よりも明るくすることが多いですが、ここでは髪色と同じ色合いにするのがおすすめです。
”こどもっぽい”からはもう卒業♡ この冬、メイクを変えて大人化計画!の4枚目の画像


3.チーク


チークは大人っぽく見えるように、位置は黒目より外側にいれて、ただ、クールすぎる印象ではなくかわいさも出したいので丸い形にしましょう! 目に近すぎたり下すぎるのはどちらも子供っぽく見えるのでNGです。





4.リップ


リップは自分の肌の色と一番相性のいい色の中でも存在感がありすぎないナチュラルな色を選びましょう。
慣れてきたらリップで遊ぶのがおすすめですが、はじめは控えめな色にすると失敗しませんよ! ベージュピンクや、ナチュラルカラーは彼ウケも抜群のはずです♡



今回は大人かわいくなれるメイクのポイントをご紹介しました!
ぜひ参考にしてみてください♪
(haruchart)
1

EDITOR

haruchart
ピンク、かわいいを中心に女の子が好きなものを描くイラストレーター♡ 雑誌、YouTube、アイドルグッズなどさまざまな場面でイラストを描いています♡

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきメイク・美容記事5選♡

新着記事