乾燥・毛穴・ニキビ…肌悩みや自分の肌質に合ったスキンケアの見つけ方♡

季節が変わると、スキンケアアイテムを変える人も多いのでは? しかし、肌悩みがある人にとっては「肌に合うのかどうか心配」。また、購入してからも「本当に効果が出ているのかどうか分からない」なんてこともありますよね……。

これであなたも自分でコスメを見極める力が高まるはず!!
これであなたも自分でコスメを見極める力が高まるはず!!

そこで今回は、自分に合ったスキンケアアイテムを見つけて行くために必要なことをご紹介します♡

自分に合った基礎化粧品を見つける前に……


みなさんはスキンケアに関する知識やコスメの効果などの情報はどこから取り入れていますか? SNSやまとめサイトもたくさん増えて、美容系サイトなどで知識を蓄えているという人も多いのではないでしょうか?

私がここでお話するのは、情報収集する際の心構えについてです。「そんなの当然でしょ!」と感じる方もいるかもしれませんが、意外と周りから話を聞いていてネット情報を信じすぎている学生さんも多いと知りました。

もちろんネットでも参考になる・ためになる情報もたくさんあるので、これからは「知った情報を参考にしながら、自分でしっかり見極めるぞ!」という意識でコスメ選びをしていって欲しいです♡

情報は正しく選んで取り入れて!


情報は正しく選んで取り入れて! 参考程度にしよう!
情報は正しく選んで取り入れて! 参考程度にしよう!

「有名人のおすすめ商品を買ったのに肌が荒れた」なんて声もあるそうですが、肌質や根本の原因がそれぞれ違うのだから当たり前です。また、情報発信者の中には、ネットで調べた情報をそのまま自分流に発信しているという場合もあるため、結局は情報源がどこか分からないような内容を信じきっているという恐れもあります。

皮膚科の薬でさえあまり効果がないということもあるので、「この人が言ってるから治る(良くなる)」と、情報やアドバイス頼りになるのは辞めましょう!

想像している以上に、体やお肌は複雑で千差万別。人によって感じ方や効果も違うということをベースに、参考程度で取り入れてくださいね!

失敗の少ない選び方


1. 「大好きな〇〇ちゃんが使ってる美容液××が気になる!」
2. 口コミチェック→自分と同じ“乾燥肌”で悩んでいる人にも効果があったようだから、××を試してみようかな
3. ××の販売サイトを検索し、効果や使い方をチェック→良さそう!
4. ××の詳しいレポをSNSや雑誌などで見つかる限り調べる
5. ××を実際に触ってみる(肌診断できる場合はカウンセリングしてもらう・サンプルをもらえるとより◎)
6. 購入

生活環境や使用方法によっても変わる!


生まれ持った肌質の違いで合う合わないが違う場合も多いですし、「乾燥しやすい」「紫外線が強い」などの地域の差や、「寝不足」「ストレスが溜まっている」などの生活環境によってもコスメとの相性が変わってきます。

また、使用する量やタイミング、別のツール(コットンやスチーマーなど)も併用しているかどうかで、効果の感じ方が変わることもあります。

生活環境や使用方法によっても変わる!
生活環境や使用方法によっても変わる!

もちろん、もともとの肌質がキーポイントではありますが、こういった別の要因に目を向けることによって、自分に合った基礎化粧品に出会えるかもしれません! アドバイスを求める際もこういったポイントをプラスで伝えると良いかも♪

広告や店頭のPOPも同様です


人の声ももちろんですが、お店のPOPや商品サイトのPR内容も同様です。薬事法という、広告にまつわる厳しいルールもあるので、もちろん過剰な宣伝や嘘を表示することはできません。

「ニキビ」という紹介ワードがあっても、「殺菌効果で改善するものなのか」「オイルコントロールして改善するものなのか」で、意味合いがかなり変わってきます。“ニキビができたからこれ!”と飛びつくのではなく、しっかり“どういう作用でどういう効果があるのか”を知ってから購入しましょう!

基礎化粧品の種類を知っておこう!


基礎化粧品の種類を知っておこう!
基礎化粧品の種類を知っておこう!

まずは、よく見かける王道の基礎化粧品の種類をおさらいしておきましょう!

最近ではたくさんのブランドから新感覚コスメが販売されているので、特殊な使い方をするものや下記の中に含まれないジャンルの商品もあるかもしれません。販売元の使用方法に従って、正しく使ってくださいね♪

※今回はクレンジング・洗顔料は省いています

基礎化粧品1. 導入液(ブースター)


導入化粧品を使うことで、後から使う化粧水や美容液、乳液などの浸透力を高めます。また、美容液効果とブースター効果が合わさった「導入美容液」もありますよ♪ 液状・オイル状・泡状などさまざまなタイプがあるので、お好みの使用感コスメをチェックしてね!

基礎化粧品2. 化粧水(ローション・トナー)


肌の水分補給がメインの化粧水。肌を保湿したり整えてくれる他にも、中にはオイルコントロールしてくれるものもあります。

基礎化粧品3. 乳液(エマルジョン)


水分の蒸発を防いだり、肌を柔らかくする効果があります。配合されている成分によっては保湿力が高いものもあります。

基礎化粧品4. 美容オイル


肌の表面にある皮脂は水分蒸発を防ぐ役割をしているのですが、美容オイルはその皮脂の働きを助けてくれ、乾燥を防ぐ効果があります。また、肌を柔らかくする効果もあります。

保湿効果が高いとブームも起こりましたが、名前の通り油なので水分補給はできません。「オイルを塗ったから保湿はバッチリ!」と誤解しないように気をつけてくださいね。

基礎化粧品5. 美容液


さまざまな美容成分が凝縮されたアイテム。「乾燥を防ぎたい」「肌荒れを防ぎたい」「美白効果が欲しい」など、肌悩みに合わせて特化したものを選ぶのがベストです!

基礎化粧品6. アイクリーム(部分アイテム)


こちらもぼぼ美容液に近いですが、耳にすることが多いと思うのでご紹介!
名前の通り目元専用の美容液です。シワやたるみなどに特化したものもあれば、クマ(血行)に特化したものもあります。

基礎化粧品7. クリーム


乳液同様、水分の蒸発を防いだり、肌を保護する役割があります。サラっとしたものから濃度の高いこってりしたものまで、使用感はさまざま。特に乾燥する人・時期は、通常のスキンケア(化粧水・乳液)にプラスして使うことが多いです。

新アイテム投入時は実験だと思って!


基礎化粧品を買うときって、「乾燥が気になるから、保湿ラインのセットに変えよう!」「ニキビが気になるから、薬用セットを買ってみた」という感じで、一式ガラッと変えるケースも多い気がします。

これが普段のスキンケアアイテムだとすると…(左から順番に)化粧水・乳液・クリーム・美容液
これが普段のスキンケアアイテムだとすると…
(左から順番に)化粧水・乳液・クリーム・美容液

しかし、肌荒れを起こすことがほとんどない人なら問題ありませんが、その変え方をしてしまうと「本当に自分に合っているコスメがどれなのか」気付くのは難しいんです。

特に、バラバラのブランドの商品を一気に投入すると、どこのブランドの化粧品と相性が良いかすら気付くことが難しくなってしまいます。

いろんなアイテムを一気に変えると、どれが合っているのか分からない!
いろんなアイテムを一気に変えると、どれが合っているのか分からない!


アイテムは1つずつ変えていこう


理科や科学の実験をする際は、1つの条件だけを変えて比較していましたよね……。一気に化粧品を変えた方がハッピーな気持ちも高まりますし、1つずつ変えて様子をみるのは時間がかかります。
しかし、特に肌荒れを起こしやすい人・しっかり合うかどうか見極めたい人は、1つずつアイテムを変えて2~3日様子を見ることで、若干の変化を感じることができると思います。

※しばらく使用して変わらないと感じる場合でもトラブルが起きない場合は、一旦肌に合っていると判断してOK!

美容液だけを新しいものに変えて効果を観察!
美容液だけを新しいものに変えて効果を観察!

1つのアイテムに対して「良い効果を感じる」「特に問題なく使用できる」場合は、次のアイテムを変えてみるという流れで、コスメ1つ1つを自分で見極めて行きましょう!

美容液が肌に合うとわかったので、次は化粧水だけ変えてみる
美容液が肌に合うとわかったので、次は化粧水だけ変えてみる

めんどくさいと感じるかもしれませんが、こうして実験することによって、「〇〇に特化したタイプは合う(合わない)んだ」「ここのブランドの商品は肌に合うことが多い」と気付くことができるので、自分でも知らないうちにだんだんコスメ選びが上手くなっていくんです♡

化粧水・乳液のセットだけを変える


この方法を行なっている人は多いのではないでしょうか? 同じラインのアイテムは相性の良さも考えて製造されているので、ライン使いした方が良い場合ももちろん多いです! メインで必ず使う化粧水・乳液はセットで変えてみるのも◎。

化粧水・乳液のセットだけを変えてみる!
化粧水・乳液のセットだけを変えてみる!


化粧水&乳液しか使ってない場合は?


そもそも、化粧水と乳液しか使っていない! という方は、一気にセットで買い変えることがほとんどだと思います。

その場合は、まずライン使いしてみて、良いと感じたらそのまま使い続ける、あまり効果を感じない・もしくは良いと思わない場合は、片方だけ元のアイテムに戻してみる、という方法がおすすめです!

また、美容液やクリームなどを追加する場合は、一気に投入せずにこちらも1つ1つ増やして試していきましょう。

ネットの情報信用しすぎてない? 自分の肌に合ったスキンケアアイテムを見つける方法♡
ネットの情報信用しすぎてない? 自分の肌に合ったスキンケアアイテムを見つける方法♡

今回は登場していませんが、「洗顔」や「クレンジング」も同様です。私自身も過去に肌荒れで悩んできましたが、基礎化粧品の情報を吟味しながら自分で見極められるようになって、安定するようになりました! 自分に合ったコスメ選びができるようになり、少しでも美肌作りの力になればうれしいです♪
(空山菜摘)

この記事を書いたライター

空山菜摘
ティーン誌での連載やブロガーとして活動の後、コスメコンシェルジュをはじめとする トータルビューティーの資格を多数取得。知識を活かしながら、等身大かつHAPPYになれるような情報発信をしていきます♡

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡