振り回されすぎは要注意! 専門家が教える占いとの上手な付き合い方

年末も近づくと雑誌などでよく目にするのが占い記事。「来年の運勢はどうなの?」「わたしの恋の行方は?」なんて気になってついついチェックしたくなるのが乙女心♡ 初詣のおみくじもその一種ですよね!



あなたは占いと上手に付き合えていますか? 気持ちを振り回されたり、何気なく過ぎていくただの情報にしておくのはもったいない!

今回は占いを専門とするわたしが、ローリエプレス読者の皆様に、占いとの賢い付き合い方をお伝えしちゃいます♡

CASE 1


NG「信じすぎてなにも行動しない」
OK「いい結果は【当てにいく】」

「彼と両想いになれる」だなんて、恋愛中の女の子なら思わず飛び上がりたくなるような結果♡ じゃあ、その結果を信じて努力を投げ出し、家から一歩も出ずに暴飲暴食ばかりしていたら? 当たるわけがありません! 

占いの結果はあくまで「このままいけばこうなる可能性が高いですよ」という流れを示してくれています。それを受けてどう自分の運命を動かしていくのかは、あなた次第なのです。人生は何のきっかけもなしに勝手に良くなんて、なってくれません。

いい結果が出たときこそ、その流れを味方に。そしてあなたの意志と行動力を武器に「当てに行く」ことが最大の運の良さであり強さなのです♡



CASE 2


NG「どうせわたしは運が悪いから、と決めつける」
OK「自分の悪い癖を知って同じ失敗を繰り返さない」

人生の中で、どうしようもないことや理不尽なことっていっぱいあります。でも、周りの環境からは逃げ出せても自分の思考からはどこまでも逃げられないのです。

自分がそうだと思いこんだら、不思議とそういうふうに進んでいくもの。自分の癖やパターンみたいなものってやっぱり誰にでもあるのです。でも、それを知っている人こそ強い!

望まない占いの結果が出たときは「やっぱりわたしっていつもそう。運が悪いから……」という決めつけにするのではなく「このパターン知ってる! もうこういう男とは関わらない!」など、同じ流れが来たら同じ失敗をしないように心の準備を! 考え方や行動の癖を正すチャンスにしてみて♡



CASE 3


NG「依存する、判断をすべて占い任せにする」
OK「自分の頭で考えるきっかけにする」

占いも友達への相談も、相手の言うことを聞いてその通りにするのは楽なようで、いつも誰かの意見に振り回されているから心は疲れたまま。解決するどころか、自分の意志も考えもずっと迷子。だからまた誰かに相談せずにはいられなくなる。

それは自分の頭というフィルターを通さないことが原因。本音の自分はどうしたいかをまず自分で考えてから、他の意見や占い結果と向き合ってみて。その中で背中を押してくれるような新たな道を見つけられたらラッキー♡

簡単に人の運転する車に乗ってはだめ。自分で運転してこそ、新しい道は自分のものになるのです♡



CASE 4


NG「わたしの性格はそんなんじゃないと思い込む」
OK「自分の知らない意外な一面に気づく」

あなたは自分のすべてを知っていますか? 「わたしってこうだから」と思う自分と他人から見たあなたへの感想が意外なほど違ってびっくりした、なんて経験がある人も多いはず。人って、色んな顔を持っています。ひとくちで「こういう人だから」と語れる人なんて、きっと誰一人いない。

「そうかなあ?」って思いたくなるような占いの結果と出会ったとき。もちろんすべて信じる必要はないけれど、ときには自分の意外な一面を探ってみるきっかけにしてみたら、案外おもしろそうでしょ♡

自分の目の前に置いて一生見ることのできない自分の後ろ姿や横顔がいつも人を惹きつけていたとしたら、その魅力を自覚している人はどのくらいいるでしょうか?
1
2

EDITOR

星名 美宙
タロティスト。恋愛タロット占いを専門とし、悩める女の子たちがいつも前向きにかわいく過ごせる占いがしたいとネット鑑定を中心に活動中♡

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事