振り回されすぎは要注意! 専門家が教える占いとの上手な付き合い方




CASE 5


NG「なんでも信じて落ち込む」
OK「すんなり入ってこないものは信じなくてOK」

学校でこの先生の言うことは聞きたくないけれど、この先生の言うことは聞く気になれる、なんてことはありませんでしたか?

占い師との相性も同じことが言えます。話や文章がすんなり入ってこない人は、あなたと合わないサインかも。自分をさらけ出せて話をどんどん聞きたくなる人を見つけたら、その時は結果を参考にしてみて。たとえ嬉しくない結果だったとしても、相性のいい人のアドバイスは素直に聞く気持ちになれちゃうもの。占いのすべてを信じる必要はありません。

だけどこれだけは注意して!
占いの結果に納得できず、望む結果が出るまで何度も占い直す占いジプシーは、もはやただの依存症なので絶対にNG! 自分が素直に受け入れられる感覚を一番に信じて♡



そもそも「運命」ってなんだろう?




「運命」という言葉があります。「運」は周りの人や環境などの流れゆくもの、「命」は生まれ持ったもので変えようがない部分、だとわたしは思っています。

運命ってたぶん、人生の中で自力ではどうしようもないこともある、ってことを教えてくれています。おまけに自分にとっての良し悪しは関係ない。だから良いときもあれば悪いときもある。

でも、そんなものには負けずに自分で変えられるものを自分なりにカスタマイズしていくことが「運命を切り開く」ことなんじゃないでしょうか。だからこそ、いい流れが来たときには身を任せてすっと乗ってみて♡

そして望まない流れのときにはどうか落ち込みすぎたり、もがきすぎて無駄に苦しまないで、静かにやり過ごすことも身につけてみてね。
毎日を自分らしくきらきらすごせるような宝物と、占いの中で出会えますように……♡

(星名 美宙)
1
2

この記事を書いたライター

星名 美宙
タロティスト。恋愛タロット占いを専門とし、悩める女の子たちがいつも前向きにかわいく過ごせる占いがしたいとネット鑑定を中心に活動中♡

関連記事

今、あなたにオススメ