SHINeeテミンにインタビュー 日本初ツアー&初フルアルバムはテミン色

日本でも何度もドーム公演を行うなど、大人気のボーイズグループSHINeeのメンバー、テミンが日本で初となるソロアルバム『TAEMIN』を11月28日にリリースします。

韓国では2014年から、日本では2016年からソロ活動を開始。17年7月には自身の夢でもあった初のソロステージを日本武道館で行い、現在も9月からスタートした自身初の全国18会場32公演に及ぶツアー『TAEMIN Japan 1st TOUR ~SIRIUS~』を開催。日本各地でテミン旋風を巻き起こしています。また自身の名前をタイトルにしたアルバム『TAEMIN』は、新曲もそのツアーでも披露されていて、先行配信されるとすぐに世界の各ランキングで初登場1位を獲得するなど、既に話題となっている作品です。


ローリエプレス編集部では、ツアーのため2ヶ月近く日本に滞在中というテミンにインタビュー! 今まさに行われているツアーでの出来事や、アルバム『TAEMIN』のこと、ソロアーティスト“テミン”としての想いなどをたっぷり語ってもらいました。またそろそろクリスマス!ということで、サンタクロースからもらいたいものも聞いちゃいました♡

僕にとっても大切な思い出となるツアー



デビューの際、日本でソロツアーをするのが目標と語っていたテミン。それが実現し、「こんなに早くファンの皆さんの前に立つことができて嬉しい」と喜びます。

「昨年、武道館のステージに立ちましたけど、今回はツアーじゃないですか。4年前にSHINeeとしてホールツアー(『SHINee WORLD 2014~I’m Your Boy~』)を回ったときのことと重なったりもして、僕にとっても大切な思い出となるツアーになっています」

――始まって1ヶ月以上が経ちましたが、最初の頃と今とでは変わって来ていることはありますか?

「初日のライブをモニタリングしたら、実際に緊張もしていたんですけど、自分で見ても緊張感が感じられて。僕がもっとエネルギーを出すためにはどうしたらいいんだろう?ってちょっと悩みました。それでお客さんを煽るようにしてみたんです。そしたら反応もよくなって、緊張もほぐれてきました。あとはダンサーの皆さんとの呼吸もよくなっているし、慣れてきたからそれぞれの曲に合わせた表情や、雰囲気を作れるようになっているし、ちょっとずつ変わってきていますね。MCも最初の頃は考えてきた言葉だけしか伝えられなかったんですけど、今はその瞬間にファンの皆さんに伝えたいと思った気持ちとかを気楽に話せるようになったし。最初よりは余裕が持てるようになっています」

提供写真

提供写真

――まだ足りないな、もっと頑張りたいなって思っていることはありますか?

「たくさんあり過ぎますね。日本語もまだまだうまくないから、もっと勉強しなきゃって思うし。頑張ってはいるんですけど、体力的に足りないって感じることもあるし。歌も踊りも全部含めて、もっと成長して、テミンらしい色を出さないといけないって思っています。誰かと比較することができないものというか。テミンと言えばこういうスタイルがあるっていうのをちゃんと見せたいです」

――ステージで印象に残っている出来事はありますか?

「アンコールのときに僕が“あと2曲しか残ってないです”って言うと、ファンの皆さんが“えーーー!”となってしまうんです。それでもう1曲、その場でファンの皆さんと一緒にアカペラで少しだけ歌うんですけど、それでもまだ“えーーー!”って言われることがあって。その反応は僕と一緒にもっといたいっていう気持ちの表れじゃないですか。なのでそのときの皆さんの姿がとても記憶に残っています」
1
2
3
4

EDITOR

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡

新着記事