北村匠海さんのバスケと恋に向き合う姿にきゅん♡ 映画『春待つ僕ら』

土屋太鳳さん、北村匠海さんら人気の若手俳優が出演し、バスケットボールを通して育む友情や恋を描いた、映画『春待つ僕ら』が12月14日より公開となります。

土屋さん演じる内気で友達も上手く作れない女子高生の美月は、北村さん、磯村勇斗さん、杉野遥亮さん、稲葉友さんらが演じるバスケ部の4人組みと出会ったことで、周囲の世界が変わって行きます。さらにそこへ小関裕太さん演じる幼馴染も加わって、恋模様も動き出します! 男子メンバーのリアルで熱いバスケシーンに、きゅんきゅんしちゃう恋愛シーンなど、見どころ満載の作品です♡


ローリエプレス編集部では、バスケに対してはストイックながら、やや天然でかわいい一面もある永久(とわ)を演じた北村匠海さんにインタビュー。自身も3年間打ち込んできたバスケを題材とした作品にどのように挑んだのかを語っていただきました。また7年ぶりの共演となる土屋さんへの想いや、裸の付き合いもしたという男子メンバーとのエピソードなども教えてもらいましたよ♡

単純な恋愛映画じゃない 本気のバスケシーンにも注目!




まずは「映画の中でやるバスケをちゃんと本物にする」ということから今作に入ったという北村さん。12歳から15歳までの3年間バスケをやっていた北村さんを始め、バスケ部員の磯村さん、杉野さん、稲葉さんは経験者。それだけにバスケシーンは臨場感があって、コートから発せられる熱までもスクリーンから感じられるような気がします。

「僕らはただバスケをがむしゃらにやって、それを上手くカメラマンさんが切り取ってくださって、監督が上手く見せてくださいました。今回は僕らがリアルなバスケをやれば、それがいいものになるって思っていて。流れる汗だったり、体育館に立ち込めるむさくるしさだったり、そういうものを実際に僕らが体感することで、観ている方にも伝わるんじゃないかと。それこそ汗を足したり、わざと険しい表情をすることもできたんですけど、そうではなくて、僕らがちゃんと汗をかいて、本当に苦しくなることが大事だったのかなって思います。『春待つ僕ら』は大人気の漫画が原作ですけど、そういうファンタジー感があるものから映画が始まっているからこそ、生々しいものも切り取って入れたかったんです。誰もが憧れるようなキラキラした部分とは別に、男臭いリアルなエッセンスを入れることが、この映画を単なる恋愛映画にさせないためにも大事だったと思います」

――小関さん演じる亜哉と永久がバスケでやり合うシーンも、お二人の息づかいや、土の上を靴がすべる音など、すごくリアルでした。

「でも小関くんは今回がバスケは初めてで。僕らはすぐに勘を取り戻す部分もあったんですけど、小関くんの立場だったら、一番プレッシャーを感じてたと思います。ホント、頑張ってました。でも逆にゼロから初めているからフォームがすごくキレイだったりもするんですよ。僕らの方が変な癖がついちゃったりしてて。そこの修正は、実は超大変でした(苦笑)」

(C)あなしん/講談社 (C)2018 映画『春待つ僕ら』製作委員会

(C)あなしん/講談社 (C)2018 映画『春待つ僕ら』製作委員会

演じた永久のキャラクターに関しては「僕が普段生きてる日常のテンション感とわりとおなじ波長だったんで、テンションやトーンは想像がついた」のだそう。

「永久はすごく恵まれてますよね。バスケが好きで、それに真っ直ぐに向き合っていたら大切な仲間ができて。その上、気づいたら美月っていうまた大切な存在もできていて。類は友を呼ぶじゃないですけど、好きなものに真っ直ぐに生きていると、こんなに素敵な人たちが集まってくるんだなって。だからキャラクターとしてはわりと複雑ではなかったです。永久の核となる部分って、中に潜んでいるって感じじゃなくて、ちゃんと外側に出ているから。単純ですけど、バスケと仲間を大切に思う気持ちが、永久の核だったと思います」
1
2
3
4

この記事を書いたライター

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡